フォト
無料ブログはココログ

« チャットで1時間 | トップページ | 入院の付き添いとフラッシュバック »

2010年3月24日 (水)

お別れの挨拶とお片づけ

昨日はブログをお休みしました。

実は昨日1日でいろんなことがたくさん起こって、半パニック状態になっていました。

状態だけでも、ここに書き込もうと思ってPCに向かったのだけど、苛立ちと凹みとにしかならなくて、しかも支離滅裂。もう少し整理してから、書いた方がいいなという思いから更新は諦めました。

これからどうしていくかにも、鬱にどう向き合っていくのかにも、介護にどう接していくのかにも、復職をどうもっていくかにも、関わることなので、今日だけで書ききれないと思います。

今日は、その中のひとつ、職場のことを触れますね。

昨日、血液検査の結果を聞きに行った病院の待合室で、携帯電話のバイブに気が付きました。発信元は職場の上司でした。

実はボクの今所属している部署は、ボクが働いていた場所から今年の1月に引っ越しがあり、そのために去年、何日か訪れて、机やロッカーの整理をして、段ボール2つにまとめたんですね。

でも、ボクの所属は、さらにこの4月、元の職場から独立して、別の建物に移ることになっているんです。それで、4月の復職はまだありえないから、その段ボールをそのまま新しい職場に運んでもらうことになっていました。

ところが、今回の引っ越し業者が1月の引っ越し業者と違うので段ボールの詰め替えをしなければいけないことになったんですね。で、まるごと詰め替えるなら頼んでしまってもかまわなかったかも知れないんだけど、今回の段ボールの方が小さいので、入れ替えを自分でやって、入りきらないものは持って帰ってこないといけないわけです。

このブログを立ち上げた経緯は、職場のボクに対する投書でしたよね。実はボクはその投稿者がどうしても内部の人にしか思えないので、その人たちの目に触れるようなことが怖くてしかたなくなっているんですね。対人恐怖症的な。別に今までどおり休み中も仲良くしている人たちとは怖くなく話せるんですが、職場の人たちに会うことが怖いんです。

でも、4月1日には異動があり、何人かの人が職場を去ります。上司も変わる可能性充分にあります。なので、3月中に「これまでに復帰できずにごめんなさい、お世話になりました、ありがとうございました」と挨拶をしに行くつもりでした。それが辛くて辛くて今でも嫌なんですが、ここは行っておいた方がいいと自分で判断したわけです。

例年であれば、4月1日の1週間前、つまり3月23日や24日に異動の発表があります。それで、明日木曜日の25日に目安を立てていました。

そうしたら、新しい職場の決まりごとがまだ議会を通っていなくて、発表が早くて明日の夕方、ひょっとしたらそれも無理かも、と、昨日の電話で上司から言われました。

挨拶と段ボール整理を一緒にやってこようと思っているので、とりあえず、明日夕方、異動の発表があったかどうか電話確認し、発表されていたら金曜日に、まだだったら来週の月曜か火曜に行くことに今のところしておきました。水曜日は引っ越しでみんなバタバタしているのでボクなどに構ってられないと思うので。

この前の土曜日曜と、繁華街を少し歩いてみて、その時は何ともなかったけど、帰り道や帰って来てから、やっぱり誰かに見られているんじゃないかという不安感に駆られました。

鬱病で休職中の職員が繁華街でご飯を食べてていいのか、映画を見に行っていていいのか、いくらボクが日常を取り戻したくて好きなことから挑戦していても、怠けて休んで遊んでいるようにしか見てもらえないんだろうか...その思いは今でも強くあります。

でも、片づけに行くこと、挨拶に行くこと、これはボクのリハビリのための努力と、同僚に対する誠意と感謝の表現です。頑張らなくてはいけません。

なんとか、乗り切ってみせたいです。

ただ、ここに不安な要素がまたいくつか出てきましたので、明日以降、またここで報告します。

« チャットで1時間 | トップページ | 入院の付き添いとフラッシュバック »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/33920693

この記事へのトラックバック一覧です: お別れの挨拶とお片づけ:

« チャットで1時間 | トップページ | 入院の付き添いとフラッシュバック »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31