フォト
無料ブログはココログ

« 3か月休職延伸の診断書 | トップページ | 何も考えない至福の時間 »

2010年3月11日 (木)

名ばかりの職場面接

行ってきましたよ、職場! 昨日の診断書を持って。

朝から、気が乗らない中、早めに家を出て、マックでコーヒー飲んで一服しながら、何をどこまで話すか考えながら。

職場に、約束の時間、午後1時半ちょうどに着いて、課長に電話。ボクの、内部に投書した同僚がいる気がして職場に顔を出すのが怖いという不安に、課長が配慮してくれるということだったので、1階のロビーまで出てきてもらいました。

「今日の面接はどうしますか、あなた次第だけど」と言われて、「出来たら所属に顔は出したくないです」と言ったら、「では、今日は面接はなしにして、診断書だけ預かりましょう」と言ってもらえました。ボクとしては、やめちゃわなくても、会議室かどこかでこっそり会って面接なら構わなかったのだけれど。ちょっと拍子抜けでした。というか緊張しすぎてました。

で、今日は、病気で数カ月休んでいた係長が戻っていたので、係長に挨拶をしました。課長はすでに席に戻っていたので、そのままロビーの椅子で、係長とこれまでの経緯を話してきました。摂食障害のこと、夜中の異常行動のこと、それで食に関して神経質になっていること、病原性大腸菌のこと、弱い菌に負けないために体力や免疫力をつけないといけないこと、投書があったこと、それで人間不信になっていること、復職のためのリハビリ出勤について期間を長くしたいこと、そのために手続きがどうなるのか、そもそもそれが可能なのか。

でも、いちばん伝えたかったのは、7月に復職するということを視野に入れていることはまだ変わりなく、今のひとの目が気になるのは一時的なことだと思うということ。もちろん、これがいつまで続くのかはわからないし、7月で完全復帰になる自信は体力的にも精神的にもまだないと。

昨日の心理士の先生と主治医の意見も含めて話し、もしかすると、7月復帰は見送って、10月になるかもしれない。その案も悪くない。でも、いつまで待ってもきりがないし、うまく復職できても波はあるだろうし、いい加減ある程度のところで働き始めたいという気持ちは強いです。その辺のニュアンスはうまく伝えられたと思います。課長は、たぶんボクの今の状態を実際よりも重く受け止めているだろうから、自信はないけど復職意欲はあることを係長から伝えてもらうように話しました。

考えてみたら、面接3月をこれで終わりにすると、次回4月の面接は違う上司である可能性が高い。なので、うまく今の不安を回復出来たら、異動内示の出る月末1週間前以後にもう一度職場に行って、これからの方針と新しい上司への申し送りの要望を伝えることにしました。調子によるけど。

それと、もうひとつ。もし、7月復職にならずに10月になったとしても、リハビリは7月から開始したいということ。手続きの都合でリハビリ出勤が許可してもらえなかったとしても、ボクはリハビリ計画の予定通りに職場まで通ってみるなど、自力でリハビリをします、と言ってきました。

つまり、半分勢いですが、7月には何らかの形で社会復帰を果たすつもりで動くことを、宣言したわけです。もう覚悟はしました。

どうなるか、わかりません。でも、嫌がらせ的な周囲の悪意に惑わされず、負けずに乗り切ってみせます。っていっても振り回されてるけどね。今回の投書も、何とかこれまでの自分に較べれば冷静に対処したと思う。この辺で下がりどまっているのは進歩したんだと思ってます。何より悪いことしたつもりはありませんから。ちょっと表現が失敗したなって思ってます。それと、立場的な節度は踏まえた方がよかったかなというのが本音です。

とにかく、決めたのでやってみます。無理はしません。また凹むようなことがあったら叱咤してくださいね。

« 3か月休職延伸の診断書 | トップページ | 何も考えない至福の時間 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
緊張しすぎるのもあとでどっと来る事があるのでそれは大丈夫でした?
私もそろそろ仕事はしたいので探してはいますが
前職をやめた理由がコレなので、必ず面接で聞かれますが、
もしかして隠した方がいいのかなぁ;;;といつも悩みます。
まあその辞めた職場は鬱に関しては理解のあるトコだったんで、
非常に残念だったんですけどね。

私は来週通院なんですけど、長い間お世話になった先生が退職されるんです。
まあ、大学病院なんで今までに何度も主治医変更って事はあったんですけど、
今回の先生は本当に「いい先生」だったので
次の先生になる人に対する不安が一杯です…。
まあ、精神科の先生でいきなりきつい人が配属とは思わないですけど、
人間関係ばかりはどんな状況でもその時にならないと解らないものですものね…。

お互いに頑張っちゃいけないんですけど常に前を向いていたいですね。(笑)

お疲れ様でした。

人と会って話すだけでもストレスになるのに、職場となればいっそうストレスですね。
7月までは3ヶ月以上ありますから体調をできるだけ整えてスタートしてみてもいいかもしれませんね。
スタートしてみればなんとかなっちゃうこともありますから。
わたしも見切り発車でしたが一年経ちました。
これからもどう転がるかはわかりませんが、ぼちぼちやってみるつもりです。
やり直しは何度でもきくと自分に言い聞かせています。

penかなたさん、ばんは♪
コメントありがとうございます。

ボクは、去年ブログが荒れた時に、ゲイをカミングアウトして、そのとき同時に職場でもゲイだと告白しました。敢えて鬱病とゲイという火の中に飛び込むようなハードルの上げ方をしたのですが、それでも、楽になったという気持ちもあり、時期なんだったな、って思ってます。それで去っていく友だちは本当の友だちじゃないと自分に言い聞かせました。
なんだか辛いことばかりです。でも、復職しますよ。お願いできるなら応援してください。

penうみみんさん、ばんは♪
コメントありがとうございます。

こんな状態で無理をして7月に復職できるかどうか分かりませんが、また自分でハードルを上げてしまいました。
もし、手続き上無理な時は、7月から復職したつもりで、職場まで通勤して、お茶でも飲んで帰ってくるという形で気持だけでも復職するつもりです。
本当は2回失敗したから、今度はやり直しがきくとか思ってなくて、なんとしてでも1年は続けるつもりでいます。でも、ダメなときは潔くまた休むかもしれません。そこまでは自分を追い込んでいません。ぼちぼちですけど。リハビリ出勤もして緩やかに働く時間を増やしていくつもりでいます。
何度かへこたれそうになると思いますが、その時は話を聞いてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/33729784

この記事へのトラックバック一覧です: 名ばかりの職場面接:

« 3か月休職延伸の診断書 | トップページ | 何も考えない至福の時間 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31