フォト
無料ブログはココログ

« 復職への心づもり | トップページ | 1日勇み足の母の日 »

2010年5月 7日 (金)

共鳴パターン初体験

今日は、朝から普通に起きて、少し蒲団に逆戻りして、少し寝たかもしれないけど、割とちゃんとしていたように思います。

今日、午後からいつも参加しているお話会の龍昇さんにカウセリングを受けて来ました。

本当は、訊きたいことがあって、カウセリングという形を取って行ったんだけれど、結果的には、自分の病気への向かい方や将来の目標などについて考える機会になりました。

なかなかうまく表現できないんだけれど、ボクが相談したくて抱えている悩みは、なんとなく自分の中では解決していて、別のところにある問題を掘り起こして、その悩みを考える、というような作業をしたように思います。

メンタルクリニックでのカウンセリングは自分での気づきの作業で、心理士はそれに対する導きをしてくれるわけで、ボクにとってはそれもとても必要な作業なんだけれど、龍昇さんのカウンセリングではもっと実践的なことをしました。というか、やっぱり自分で答えを導き出しているんだけれど、過程が違うというか、方法が違うというか、うまく言えないけど。

とりあえずのボクの問題点や環境ややりたいことを洗い出したうえで、共鳴パターンという作業をしました。具体的にはボクの尊敬する人3人を挙げて、それぞれの人が自分をどう見ているかとか、どういう態度を取るかとか、どういうアドバイスをくれるかを、自分で演じてみて、自分に返すというような感じです。う~ん、うまく言えない(汗)。

ボクは部分的に尊敬する人はたくさんいるのだけれど、人間そのものを尊敬できる人がなかなかすぐには出てこなくて、ボクがいつも励まされている歌を作っているアーティストと龍昇さんを挙げました。他に思いつく人がいなかったので、将来の自分を3人目に挙げて(将来の自分を尊敬しているという意味ではないですが)、その3人が自分とどんな関係でいるかとか、自分にどんな言葉をかけてくれるかとか、想像して演じてみたわけです。

ボクは、自分のしていることや決断が、本当は揺らいでないのに、自信がなくて不安で、正しい選択をしていることを肯定してほしかったというか、確認したかったのだと思います。

3人を演じてみて、冷静にこの人だったらこう言ってくれるだろうな、ということが自然に口から言葉になって零れてきました。それはまさしく、自分を言いきかせているような感じでもあり、戒めているような感じでもあり、慰めているような感じでもありました。

わかったことは、たぶんいつもボクはさほど間違っていなくて、もっと自信を持てばいいんだろうということ。狭くなってる視野を遠く先まで広げられたような気がするし、そういう見方をすると、大した悩みではないように思えてくることや、今までの経験で苦しかったことが後になってみれば大したことなくて乗り越えた自信に繋がっているように思うのでそのままの姿勢で生きてゆけばいいのかな、というこを感じたりもしました。

今まで乗り越えてきたことは、その時は辛かったことばかり。そこには一生懸命になりすぎていた自分の姿が今は見えるし、それをそう簡単に直せはしないけれど、もっと気を楽に持っていいんだと思えたりしました。

龍昇さんになって自分に言葉をかけるのはさすがに本人の前で照れがあったけど、龍昇さんだったらこう言ってくれるだろうなということを素直に言葉にしてみました。たぶん、龍昇さんはあんな陳腐なこと言わないかもしれないけど。

面白かったのは、15年とか20年後の自分を演じて、自分に言葉を投げかけた場面。ボクはバーの店主になって、つまみ類を並べてカウンターだけの小さな店で会話を楽しんでいるオヤジになっていました。そこにはもう介護も終わり、職場も定年まで勤め上げて、好きな趣味を楽しんでいる理想の自分を想像してみたんです。そんな自分が理想だということも気づいてなかったです。音楽か文筆を楽しむ老後は想像していたけれど、なぜか今日想像した理想の将来の自分はそんなオヤジで、生き生きとしていました。

3人のパワーをうまく統合して、自分に持ち帰り、自信を持ち、楽になるという作業。それが、ボクの感じた共鳴パターンで、それが正しいのかどうかもわからないけど、しかも、うまく統合できているのかどうかもわからないけど。気持ちは楽になりました。というか、楽しかったです。なんか想像膨らませ過ぎて、少し疲れた感じもあるけれど、なんだか、今はあまり不安がないです。

龍昇さん、この感じ方は正解だったんですかね?

不安になったら、この3人にまたボクの中に登場してもらって、不安を払拭して、自信に変えて、無事社会復帰を果たしたいと思います。

う~ん、なんか表現が消化不良... でも、素敵な体験でした。

« 復職への心づもり | トップページ | 1日勇み足の母の日 »

鬱病」カテゴリの記事

コメント

豆腐さん

こんばんは☆
素敵な感想ありがとうございます♪

共鳴パターン
おもしろかったですねー
NLPのワークはおもしろいんですよね(^^)。
そこが僕は好きですね
あと気分が良くなる

豆腐さんの中にすでに答えがありますよ
というか誰の中にも答えがあるんですが
いろいろあるから見えなかったり
わからなくなっちゃうんですよね
でも、だいじょうぶ!
必ずあるから

自分からでてきたものだから
OK だいじょうぶ
豆腐さんの中に自信も安心もちゃんとあります☆

(尊敬する人に僕がでてきたときは戸惑いました
 けどねcoldsweats01

pen龍昇さん、ばんは♪
コメントありがとうございます。

ボクはもう、時間をかければちゃんと安定した答えを導き出せる時期に来ているのかな、と感じました。
2度失敗した復職も、なんか今度はうまくいけそうな気がしています。ってまた、120%出しちゃうかもしれないけれど。
また迷ったら、軌道修正に伺わせてください。
楽しい、そして素晴らしい体験をありがとうございました。
いや、本当に心から尊敬していますよ。龍昇さんみたいになりたいです。

こんにちわぁ~。
今日はめちゃくちゃいい天気です。
風邪もやっと治ってなんとかし仕事にも行けるようになってきて今日は仕事もお休みだったのでお洗濯やお布団干しで大忙しでした。
でちょこっと暇な時間がやってきたので覗きの来ました。
職場復帰いろいろ大変なことがあるかと思うけど
自信を持ってくださいねぇ~。

pen風華さん、ばんは♪
コメントありがとう。

ついに来てくれたんですね、嬉しいです。
いろんなことがあって、こぎつけた復職なので、うまくやりたいです。でも、気張りすぎたらだめだし、焦りもだめだし、気楽に行くつもりではいるけど、また頑張っちゃうかな。まあ、また休職にならない程度のがんばりならオッケーですね。
自信は正直まだないけど、龍昇さんにケアしてもらいながら、あと相方の助けも借りて乗り切るつもりです。
訪問、ありがとね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/34575091

この記事へのトラックバック一覧です: 共鳴パターン初体験:

« 復職への心づもり | トップページ | 1日勇み足の母の日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31