フォト
無料ブログはココログ

« プリンタ到着♪ | トップページ | 休む方が疲れちゃう »

2010年7月 3日 (土)

回復を考える

今日、水曜日のお弁当の画像と、おとといの映画紹介を再編集したので、よかったら覗いてみてください。

このところのボクは実はかなり冒険をしています。それが絶対大丈夫な自信があるにもかかわらず、やり過ぎとみんなに思われないために秘かに起こしている行動だったりします。なので、成功や失敗の結果が出た時にここで報告しようと秘密裏に実行しています。

ボクが本当は何が大丈夫で何が無理か、何がやり過ぎかはちゃんとわかっていて、それに見合った行動をしていると思っています。でも、その自信や裏付けがうまく表現できないがために、心配をしてくれる方に不安を与えないために抑えなければいけない内容以上に抑えていることもわかっていたりします。身体的にも精神的にも自分のためだけの健康の取り戻しを考えるならば、多分、もっともっと行動することでしょう。でも、ボクには復職を2度失敗しているという実績があるので、みんなが心配する気持ちもとてもよくわかっていたりします。そうなんですね、周りのために必要以上に抑えているってわけなんですね。自分はまだできる、でも、周りはやり過ぎだと心配してくれる、ありがたいことなんだけれど、なんだか不条理なジレンマに苛まれれたりしている、それを整理して、もっと自由に回復したい、そのために今日は龍昇さんのカウンセリングを受けてきました。ちょっと無茶な行動かもしれない、と少し不安もないと言えば嘘になってしまうので、ここは土日を何もせずゆっくりしようと決めていたので、大丈夫なのにわざわざ龍昇さんに会いに行ったのは、多分、「大丈夫だからそのまま頑張りなさい」か「ちょっと無理だからやめておきなさい」かを誰かに言ってほしかったんだと思います。

今日のカウンセリングで、龍昇さんは、そのどちらかを言ってくれたのではなく、「自分が楽になること」を教えてくれました。確かにボクは、このところ、日々充実感を味わったり、感謝の気持ちを持つことができるようになっていて、これだけでも今までのボクでは考えられなかった進歩なんだけど、和んだり安らいだりはしてなかったと思います。それを気付かせてくれることで、楽にコントロールができる気分になるということを教えてもらいました。多分、健常者でも家族でも同僚でもうつの方でも友だちでも医療機関でもなく、自由な立場でしかも同じようなうつの経験や同じような急激なうつの回復をしているという方は龍昇さん以外にいません。何か、違った目線でボクを整理してくれる人が欲しかったんだと思います。「毎日、その日良く頑張ったと自分を褒めてあげる」「週に1回自分にがんばったご褒美をあげる」ただそれだけのことを教えてもらっただけなのに、信じられないくらいボクは楽になり、余裕を持ちながら我慢をしたり抑えたり頑張ったりができる、これは素晴らしいことでした。会っていた時より、今の方がさらにそれを強く感じます。今日出かけて行ったのは正解で、ちゃんとできている自分を、さらに楽になれるように整理するために、ときどき龍昇さんに手伝ってもらう、これは必要不可欠ではないけれど、自分自身がとても豊かになれることなんだろうと感じました。なので、何か違和感を感じたら、また聞いてもらおうと思います。月1回ぐらいがいちばんいいペースかな。

つねづね、ボクがカウンセリングを受けたいと言うたびに、ワークは必要ないけれど、カウンセリングで話は聞きますよと言ってくれていた龍昇さんでした。でも、今日は、そうアドバイスを受けた上で、無理なしわ寄せがきているかもしれないのにボクが鈍くて痛みを感じない部分を確認できるかもしれないフォーカシングをやるか、自分へのご褒美のあげ方の手伝いをするかで、最後の30分、どちらがいいかを聞かれました。ボクはどちらも今のボクに欠けている部分だと感じましたが、へたくそなやり方でもよければ自分でもフォーカシングのまねごとは出来るので、多分ボクがいちばん下手な「自分へのご褒美のあげ方」を手伝ってもらうことにしました。何だと思います? ただ、雰囲気のいいカフェに行ってコーヒーを飲みケーキを食べる、ただそれだけのことなんです。一緒に、カフェに行ってもらいました(少し言及しておいた方がいいかな。ボクの休息にいちばんいい方法としてカフェに行くという案が出たわけで、こういうプライベートに近い交流の仕方はイレギュラーだということを言い添えておいた方がいいかなと思います)。ボクは土日は休まなければいけない義務感に苛まれていたんですね。休むことよりもっと楽になれる時間を作ること、こんな簡単なことがボクは苦手。自分をいじめることや追い込むことは得意。ただそれだけのこと。それがいかに重要で今のボクに必要か。なんだか、自分を褒めてやると、褒められた方の自分が泣きそうになる、わかるかなぁ、この感じ。

龍昇さんに甘え過ぎてはいけない、依存し過ぎてはいけない、もう自分でコントロールできるのだから...そんな気持ちがずっとありました。でも、回復することや自分を取り戻すことのお手伝いをしてもらうんだとすれば、それは簡単にお願いできるような気がします。

うまく表現できていないかもしれませんが、多分ボクの“個”はすごく普通じゃない特別なもので、それを生かすこともできれば追い込むこともできる。そして、大化けするかもしれないし、くすぶって終わってしまうかもしれない。自意識過剰かもしれないけれど、自分しかできないことが必ずある気がしています。それを生かすために秘かに少しずつスキルを上げながら、普通の日常もこなしていく、そうやっていこうかな、と、今、なんとなく考えています。

今日は「鬱病」でも「日常」でもなく、「健康」というカテゴリーにしてみました。ちょっとだけ今日は真面目に真剣な想いを書いてみましたよ。

心配かけている方、応援してださっている方、すべての方々に、大きな感謝をしたいです。ありがとう。

ボクは大丈夫ですよhappy01

« プリンタ到着♪ | トップページ | 休む方が疲れちゃう »

健康」カテゴリの記事

コメント

自分を褒めること。
素敵なことだと思います。
毎日、充実した一日で、嬉しいです。
どんどん、よくなって、夢を叶えて、私の先生になってほしいです。
感謝の心、私も見失っていました。
気づかせてくれて、ありがとう。

pen志保ちゃん、ばんは♪
コメントありがとうございます。

何をおっしゃいまして。ボクも毎日志保ちゃんに感謝だよ。
志保ちゃんも今の感じならすぐに夢が持てるよ、きっと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/35624522

この記事へのトラックバック一覧です: 回復を考える:

« プリンタ到着♪ | トップページ | 休む方が疲れちゃう »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31