フォト
無料ブログはココログ

« 父との関係 | トップページ | ピスタチオケーキ♪ »

2010年11月19日 (金)

コンタクトレンズ購入で学び

昨日は相方と外食をして帰ってきて、ボクの中には龍昇さんとのセッションの余韻があったので、独りの方がよかったかな、と少し感じていました。でも、独りでいたらずっと「ごめんね」と言いながら泣き続けていたでしょうね。相方に(今日は帰って!)という気持ちは全くありませんでした。でも、夜、蒲団に入って目を閉じたら、また涙はすう~っと流れてきました。また「ごめんね」を言ってました。かなり遅くまで眠れませんでした。今日は午前中、無理をせずに仕事を休むことにしました。休むべきだと思いました。あんまり罪の意識はなくて、でも、午後は出勤したんです。さほど頑張ってでもなく。

相方いたので、昨日と同じですが、朝食作りましたよ。

Breakfast20101119_400

昨日とは、レタスがキャベツに変わったくらいです。ヨーグルトのソースがブルーベリーからストロベリーに変わりましたけど(笑)。

今日は完全にお弁当作る気がなくて、でも、明日採血なので、とろろ昆布のお蕎麦を職場近くのおそばやさんで食べました。

夕食はボクの大好きな練りものです。

Oden_20101119_400

おでん♪ これだけにしておきます。検査が終わったら何か体によくないものを食べようかな♪

今日は午後だけの仕事がとても充実していました。なんと、システムに入らずにずっとパソコンをいじってました。嫌で嫌で仕方がないのには変わりないんだけど、今日は夢中で(こんな文書あったら便利だよなぁ~)って思う入力フォームみたいなのを一心不乱に作っていました。エクセルで、セルにプルダウンリストを挿入したり、計算式を入力したり、保護をシートにかけたり。便利な文書がたくさんできて、時間が経つのも忘れて仕事出来て、ご満悦です。同僚が、そんなこと得意ならあれもやってこれもやってと頼まれてしまって、久しぶりに仕事場で必要とされました。

そして、今日は相方が帰ったみたいだったので、明日からお休みだし、給料も出たし、目をつけていた本を何冊かと、コブクロのシングルを買ってきました。ささやかな贅沢でしょ? で、駅前でコンタクトレンズのクーポンのついたチラシを配っていたので、ボーナスまでに無くなってしまうコンタクトレンズの在庫の補填に行ってきました。ボーナスごとに半年分買いためておくんですが、今月中使えるクーポンで何とか来月のボーナスでの支払いでいいようにうまく交渉してきました。

で、思ったこと。バランスが大事だな、ということ。これをコンタクトレンズ購入から学びました(笑)。

ここ数ヶ月、復職をしてから、近くのものが見えにくくなってきました。これまでにも何度かあったんだけど、裸眼では近くのものも見えにくくないのでどうやらまだ老眼ではないようです。ボクは右の眼が0.02の近視で、左の眼がモノが縦にはっきり2重に見える0.5くらいの乱視です。極端な見え方の違いがあるんですね。不同視ってやつです。もう少し酷くなると斜視です。いわゆる「ロンドン・パリ」ってやつです。ひょっとして差別用語かな? 右の眼がパリを見ていて左の眼がロンドンを見ている状態を言います。つまり、目玉の向きが右と左で離れている人のことを言うんですよね。寄り目の反対です。ボクはありがたいことにパッと見はあんまりそういう風には人からは見えないです。でも実際は裸眼だと遠くのものは乱視の左目で、近くのものは近視の右目で見てしまうんですよ。それで、中学の時に眼医者で訓練をして、なるべく意識して両眼でモノを見ることができるようになりました。今でも、PC見続けてると時々片眼が遊びに行きます。眼鏡をかけると右のレンズが極端に分厚く、モノの大きさが右と左で違って見えるので、階段が歪曲してみえてこけたりします。なので、ボクは眼鏡は危なくて、眼に直接着けるコンタクトレンズだと屈折が少ないので、医者からコンタクトレンズを勧められて、30年付け続けています。この右と左の極端な差が、自分の「特殊を個性だと思おうとしていること」と「社会生活を営むために普通になろうとしていること」の相反していることの同居に似ている気がしてきました。視力検査をしながらそんなこと考えるって変ですか?(笑) そして、今回の近くが見えにくくなった現象がなぜ関わって来るのかというと、遠くのものをよく見えるように調節をしすぎると、近くのものが見えなくなるってことがわかったんですね。なるべく両眼を使って見るために、普通の人なら1,0~1.2で矯正を調節するところを、ボクの場合は医者の指導で1.2~1.5で合わせなければならなかった。ところが今回少し度を落としてみたら、近くの文字もちゃんと苦なく見えたんですね。遠くのものばかり見ていると、足元の石に気付かずに転んでしまう。足元ばかり見ていると、周りが見えない。それが、矯正の世界で起こったわけです。このことは人生でもそう。楽しい未来だけ見つめすぎていると、足元を救われる。地固めばかりしているとちっとも前に進めない。そして前を向きすぎていてもいけない、「強みだけを磨く方が負の克服にいらない労力を使うよりもいい」というところには少しだけ違和感を憶えるわけです。今回、ボクが「自分の弱みを知っておきたい」と思ったのも、「弱みを克服したい」わけではなくて、「弱みを知っておくとダメージコントロールが楽にできるようになる」ってことでした。この自分の想いをコンタクトレンズ購入で再認識するとは思いませんでした。

う~ん、半日休んじゃったけど、学び多き1日、収穫多き1日でした。

さあ、月曜日お休みをいただいたので明日から4連休です。これは、ずっとしていなかった曲の創作活動に充てるために計画的に決めたもの。とはいえ、明日は採血があり、結果も病院に訊きに行くし、夜は毎週末のご褒美で居酒屋に行くから、始動はあさってからかな。実質3日間ですね。もしかすると、のめり込み過ぎて、ブログの更新に穴が開く可能性があります。なので、告知しておきますね。息抜きに更新するかもわかりません。祭日明けに何かいい曲が形になっていたら嬉しいです。即刻、ブログで報告しますので、楽しみにしていてください。昔でない、今のボクを早く曲という形にしたいと思っています。専念させてね。

ではでは。

« 父との関係 | トップページ | ピスタチオケーキ♪ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/37743093

この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトレンズ購入で学び:

« 父との関係 | トップページ | ピスタチオケーキ♪ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31