フォト
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

第83回アカデミー賞予想

週末はゆっくりしないと体がもちませんね。今日は、予定が入りあまりゆっくりできませんでしたが、夜になってお菓子も作り、それなりに充実はしました。今日は早く休みたいと思います。

さあ、明日はアメリカのアカデミー賞の発表があります。またボクの余分な作業につきあってくださいね。予想です。

第83回アカデミー賞

【作品賞】

◎「英国王のスピーチ」 ○「ソーシャル・ネットワーク」 ▲「ザ・ファイター」  他の作品賞ノミネート…「ブラック・スワン」「インセプション」「キッズ・オールライト」「127時間」「トイ・ストーリー3」「トゥルー・グリット」「ウィンターズ・ボーン」

【長編アニメーション作品賞】

◎「トイ・ストーリー3」 ○「ヒックとドラゴン」 ▲「イリュージョネスト」

【監督賞】

◎デイビッド・フィンチャー「ソーシャル・ネットワーク」 ○トム・フーパー「英国王のスピーチ」 ▲デヴィッド・O・ラッセル「ザ・ファイター」  他の監督賞ノミネート…ダーレン・アロノフスキー「ブラック・スワン」 ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン「トゥルー・グリット」

【オリジナル脚本賞】

◎「英国王のスピーチ」 ○「キッズ・オーライト」 ▲「ザ・ファイター」  他のオリジナル脚本賞ノミネート「アナザー・イヤー」「インセプション」

【脚色賞】

◎「ソーシャル・ネットワーク」 ○「127時間」 ▲「トゥルー・グリット」  他の脚色賞ノミネート…「トイ・ストリー2」「ウィンター図・ボーン」

【主演男優賞】

◎コリン・ファース「英国王のスピーチ」 ○ジェシー・アイゼンバーグ「ソーシャル・ネットワーク」 ▲ハビエル・バルデム「ビューティフル」  他の主演男優賞ノミネート…ジェフ・ブリッジス「トゥルー・グリット」 ジェームズ・フランコ「127時間」

【主演女優賞】

◎アネット・べにング「キッズ・オールライト」 ○ナタリー・ポートマン「ブラック・スワン」 ▲ミシェル・ウィリアムズ「ブルーバレンタイン」  他の主演女優賞ノミネート…二コール・キッドマン「ラビット・ホール」 ジェニファー・ローレンス「ウィンターズ・ボーン」

【助演男優賞】

◎クリスチャン・ベール「ザ・ファイター」 ○マーク・ラファロ「キッズ・オールライト」 ▲ジェフリー・ラッシュ「英国王のスピーチ」  他の助演男優賞ノミネート…ジョン・ホークス「ウィンターズ・ボーン」 ジェレミー・ラナー「ザ・タウン」

【助演女優賞】

◎メリッサ・レオ「ザ・ファイター」 ○ヘレナ・ボナム・カーター「英国王のスピーチ」 ▲エイミー・アダムス「ザ・ファイター」  他の助演女優賞ノミネート…ヘイリー・スタンフェルド「トゥルー・グリット」 ジャッキー・ウィーヴァー「アニマル・キンダム」

【外国語映画賞】

◎「In A Better World」(デンマーク) ○「ビューティフル」(メキシコ) ▲「Incendies」(カナダ)  他の外国映画賞ノミネート…「Dogtooth」(ギリシャ) 「Hors La Loi」(アルジェリア)

今回は、「ソーシャル・ネットワーク」と「英国王のスピーチ」の一騎打ちです。オーソドックスなアカデミー会員の作品選びだと「英国王のスピーチ」。時代の流れと勢いからいくと「ソーシャル・ネットワーク」です。イギリス作品ということも考えると「ソーシャル・ネットワーク」の可能性が大かな。そんなわけで、監督賞と作品賞で分けて考えてみました。演技陣はほぼ決まっている気がしますが、主演女優はホントは多分ナタリー・ポートマンが獲ると思うけれど、希望を込めてそろそろあげたいアネット・べニングにしました。今回の冒険はそのくらいです。

では、明日の発表を楽しみに。

2011年2月25日 (金)

交通機関は面白い♪

昨日、思いきった書きかたをして、むっちゃすっきりしました。もやもや感が一切なくなって、ゆうべはぐっすり眠ることができました。

先日、マナカを購入するかどうかですごく悩んでしまって、名古屋の市バス・地下鉄がタダの福祉乗車券を持っているボクは、マナカがなんのメリットもないことがわかり、名鉄や名古屋市交通局に訊きに行って、久しぶりに「怒り」を感じました。「怒り」の感情はこんな感じだったというのを何ヶ月かぶりに味わいました。障害者手帳を更新して、初めての後悔でした(笑)。

まあ、いきさつをここで説明しても意味がないので、福祉乗車券を持って恩恵を受けると言うことは、時に面倒くさいことがあっても仕方ないのだという方向に考えが落ち着き、今は何とも思っていません。今は「怒り」の感情を思い出させてくれて感謝しているくらいです。

先日、相方とバスを待っているときに、目の前の乗客が行き先の違うバスに乗ってしまって、降りないままバスが発車してしまった時、相方とあの女性はあのあとどうしたんだろうとずっと気になっていました。「それ、行き先違うよ」と教えてあげるべきだったかずっと考えていました。もちろんどうなったかはわからずじまいです。

その数日後、地下鉄でも同じようなことがありました。友だちと3人で地下鉄に乗っていた時、明らかにその電車では辿りつけない駅に向かって走っている電車の中で、「この電車に乗っていては絶対帰れない」とわかっている男のコと、「私を信じてください、絶対辿りつけますから」と信じて話している女のコの会話をボクらは聞きながら、ボクら3人ともが「教えてあげた方がいいかなぁ」という想いで顔を見合わせていました。女のコはなぜか見ず知らずのボクの背中をたたき、「この電車、○○駅に着きますよねっ!」て話しかけてきたので、路線図を指さして「これ見るとわかると思うけど、着かないと思うよ~」と教えてあげましたが、2人とも笑ったまま降りる気配も見せず、そのまま乗って行きました。すぐ次の駅でボクは降りたけど、友だち曰く、「何のためらいも問題もなく乗って帰って行ったよ」と今日教えてもらって、バスや地下鉄は面白いことがいっぱい起こるなぁ、と思いました。そのあと、何故あの女のコはボクを選んで声をかけて来たのだろうか、とかいろんなことを思いながら、人間観察をしていました。「豆腐さんが話しやすそうな雰囲気持っているんだよ」とお友だちに言われて、「それは嬉しいことだ」と思うようにしました。

明らかに間違えている見ず知らずの人に、どのタイミングでそれを教えてあげたらいいのか、教えてあげなくていいのか、いろんなことを感じることができました。人間って観察すると面白いですね。そして、それにいろんなお節介なことを思う自分も面白い。

今日も気分よくぐっすり眠れそうなので、睡眠欲を貪りたいと思っています。

今日は気の抜けた楽な内容で(笑)。おやすみなさい。

2011年2月24日 (木)

マイノリティのパイオニア♪

今日はちょっと重大なことを書きます。

21日月曜日、ボクの中に大きな変化がありました。突然ボクの中で「マイノリティのパイオニアになりたい」という想いが出てきました。

このごろ、たくさんの勉強をしてきて、普通の方への普通のコーチングとか学びながら、やっぱりボクは少しみんなと違うな、って違和感を時々持つことに気づいていました。どっかでなにか違うものを感じるんですよね。この違和感がどこから来るものかよく考えていました。答えは見えていません。ただ、ボクはやっぱり、普通ではなくて、マイノリティなんだな、ってことだけは再認識できていたように思います。

土曜日、仲のいい人たちと飲んでいて、その時に、ボクの生き方は苦しくてしんどいんじゃないかということをたくさん言ってもらいました。その時は「そうだよなぁ、苦しい生き方をしているよなぁ」って心から思ったんです。だけど、鬱から持ち上がる前までは、もっともっと普通に我慢をして来ていたので、我慢をすることが体に染みついていて、今の妥協とか譲歩みたいな感じは、我慢にすらなっていないような気がしているんです。人から見て苦しそうな生き方かもしれないけれど、ボクの中では今までよりずっとずっと楽なんですよね。一般的で普通な社会通念を持っている人たちが生きていきやすい社会の中で、やっぱり表面上は「隠す」ということをしていった方が楽な人たちは、いつもいつも苦しんでいるように思うんですよね。ボクはなんとなく、その「普通」ってヤツの幅をもっと広げてあげたいと思い始めたわけです。少しでも、マイノリティな人たちの歩く道を広くしてあげたい。社会を変えることは大変かもしれないけれど、バラエティ番組などでこれだけオネエやニューハーフがブームな中、案外それは簡単に出来るかもしれないと思うんです。そして、その先駆者にボクがなれないかな、と思うわけです。おごりですかね、過信ですか? でも、ボクがマイノリティな人たちに少しでも癒しを与えたい、それが病気で迷惑をかけて来た人たちへの恩返し代わりの社会貢献として、ボクができる最大の役割りではないでしょうか。お店を出す夢のもっと向こうに、その想いがあるのじゃないかと思い始めています。

もし、ボクがコーチングを学んで、誰かを導くことができるとしたら、ボクしかわかってあげられない苦しみを包み込んで「いいんだよ」と言ってあげたい感じなんです。ボクしか出来ないコーチの方法があるんじゃないかと。そしてボクはこういう違和感や社会とずれる感覚を解放してはいけないんじゃないかとも思うんです。この痛みや生きづらさを持ち続けていないとそこにはたどり着けないんじゃないかってね。でも、どっかもがきながらも、こんなにいきいきと生きてゆけるし、もっとフレキシブルでいいんだとたくさんの人に伝えたいです。10%~20%くらいのマイノリティさ加減が、ボクにはちょうどいいかもしれません。

もちろん、まだまだボクは出来た人間でないからもっともっと勉強が必要だし、進化もしていきたいし、変わっていかなければいけないとは思います。だけど、究極の目標を見つけた気がするんです。

いい加減な気持ちで書きたくなかったんで3日間この想いを温めました。

今日、ここまで読んでくれた方々、ありがとう。もしよかったら、感想聞かせてください。お叱りでもいいです。

あー、すっきりした。今日はよく寝よう。

2011年2月22日 (火)

第34回日本アカデミー賞結果

やっぱり毎日書こうと決めてから、やっぱり時間が足りないや、と今日思っています。

なので、ちゃちゃっと短めで(笑)。

時間がないので、毎日お弁当が焼きうどんか焼きそばかパスタかチャーハンになっています。なので、画像を載せるほどでもないんで、なしですが、めちゃくちゃ野菜てんこ盛りで作っています。野菜炒めに炭水化物が少し入っている感じ。サボりながら健康には気をつけています。

ゆっくり適切な言葉で考えを整理したいこの頃です。行動がなかなか起こせない感じで。

まあ、とりあえず、先日の日本アカデミー賞の結果だけ、復習しておきましょうかね。

第34回日本アカデミー賞

【最優秀作品賞】 ○「告白」

【最優秀アニメーション作品賞】 ◎「借りぐらしのアリエッティ」

【最優秀監督賞】 ◎中島哲也「告白」

【最優秀脚本賞】 ○中島哲也「告白」

【最優秀主演男優賞】 ◎妻夫木聡「悪人」

【最優秀主演女優賞】 ◎深津絵里「悪人」

【最優秀助演男優賞】 ◎柄本明「悪人」

【最優秀助演女優賞】 樹木希林「悪人」

【最優秀外国作品賞】 ▲「アバター」

樹木希林のノーマークを除けば結構いい成績でしたね。ちなみにボクが本命と予想したのが◎、対抗と予想したのが○、大穴と予想したのが▲です。

何でこんなことをやっているのかというと、映画に精通していますよというアピールでもあります。でも、多分真意は違っていて、それは、自分の映画の評価と、日本映画界の評価の比較をしながら、それを予想することで、自分が社会をどれだけ普通に客観視出来ているのか、自分の本当の評価とそれがどれくらいずれていて、そこをちゃんとわかっているかを、こういうところで確認しているんですよね。とても馬鹿なことをやっているようにみんなには映るのかな。

多分、ボクの特殊な部分は自分がいちばん差別していて勝手に被害者意識を持っているのかもしれません。特殊な感覚で、一般社会に存在すること、そのためにこういう咀嚼が必要な気がしているんですよね。

まあ、今回かなり予想が当たったので、自分は社会の感覚や評価に馴染んでいるのかな、なんて思ったりしています。

このおかしな作業を、アメリカのアカデミー賞でも、やってみるので、またみなさん、付き合ってくださいね。って、スルーしてくれてもいいですが(笑)。

2011年2月20日 (日)

咀嚼とか葛藤とか、我慢とか

このところ、忙しさもあり、自分のネット依存度を知るいい機会かもしれないとも思い、かなりブログを書くのを抑えていました。敢えてPCをいじらない日も。ブログを書く目的、公表する目的、考えてみると、表面ものすごい我慢をしているわけでないけれども、やっぱり大切な作業のような気がしています。っていうか、このまま書かないでいることもどっかで我慢となって爆発しそうな気がしています。

ブログの鍵(パスワードの入力が必要なこと)やミクシィの仲良しにしか公開しないことも、外していきたい感じはどうしても否めません。ボクのネガティブを心配している人たちに大丈夫だと言っても、きっとボクの鬱に入っていく感じは不幸だったんでしょうね、まだまだ心配をさせているようです。いつもいつも2月に転換を求めているようで、ブログ閉じたり、再開したり、鍵をかけたり、荒らされたり、みんな2月だった気がします。なので、今月は敢えてブログの鍵を外したり、ミクシィで仲良しさんだけでなくみんなに公開するのはしないです。ただ、店を持とうとしたり、本当に社会貢献をしていこうとするなら、ブログやホームページでの宣伝はいまどき必須だし、そろそろ発信していく時期だとは思っています。

そんなわけで、本業の仕事繁忙期に無理はしないけれど、抑え込みすぎもしない、心の整理に必要な程度のブログアップはしていこうかなと思い直しています。

前を向きながら、無理もせず、我慢もしない、そんなペースを保ちたいなと思うわけです。

この間、スクールの授業や講座の受講、ワークショップへの参加や勉強会、そして心の持ちようの変化、たくさんのことが整理できていないです。もやもやしたまま感覚だけの咀嚼は難しいですね。そもそも、ずっと言葉にすることで整理してきたのだから。

今日も、ナルちゃんのナチュカフェに参加して、たくさんの想いや気付きを話してきました。我慢のような、消化不良のような、不安定な感じ。やりたいことへの情熱と、うまく出来ている感じの強い人との関わり。今のところうまくいっている社会性やコミュニケーションと、独り黙々と積み重ねていきたい気持ちの処理や、文章・音楽や料理などの創作。みんなの中に居場所でいたい感じと、独りでしか咀嚼できないこと、独りでしか打ち込めないこと。何だか難しいですね。

でもね、今の自分は、自分で点数をつけると100点満点な気がするんです。その感じもみんなに伝えたいとか思っちゃうんですよね。

ボクの友だちは、ボクに何を共感し、楽しく感じてくれているのだろう。そんなことを考えながら、どっしりと安定した自分を探っていきたい、そんな感じです。

というわけで、いろいろ今のボクは面白い感じなので、またこまめに覗いてみてください。無理っぽかったら、時々アップをお休みします。

あ、アカデミー賞の結果のこと、またアップします。

2011年2月16日 (水)

第34回日本アカデミー賞予想

ブログを書いてないので、アクセス数がどんどん減っています。あはは。

ボクはアクセス数のためにブログを書いているわけでないので構わないんだけど、本来の目的は、気持ちの整理や記録すること、そしてそれを公表することにあるから、ちょっと消化不良です。でも、3月末まで本業が忙しいので、今は好きな仕事じゃなくても日常をないがしろにしてでもそこそこやっている感じです。なので、ブログも毎日は書かないでいます。そんな感じ、伝わったらいいな、と思います。

で、書けるときに、山ほどある書きたいことの中から何と何を書くか決めて書いているんだけど、本当は今日は週の半ばなので自重したい感じです。なぜ書いているかというと、金曜日の「日本アカデミー賞」の発表まで、今日しか書けるときがなさそうだからです。これを読んでくださっている方にはほとんど興味ないことかもしれませんが、ボクは何だか毎年日米のアカデミー賞を予想し続けて来ているんですよね。多分何十年と。去年の今頃から劇場ではほとんど観ていないくせに、大胆にも、下馬評と他の映画賞の実績と話題性と勘だけで今年も予想をしようとしているわけです。いつも同時に日米の予想をしてブログアップしていますが、今日はとりあえず差し迫っている「日本アカデミー賞」の方を予想してみます。興味のない方はすっとばしてくださいね。ちなみに◎がボクの予想する本命、○が対抗、▲が大穴です。ノーマークはボクの中での予想外ということになります。

第34回日本アカデミー賞

【最優秀作品賞】

◎「悪人」 ○「告白」 ▲「十三人の刺客」  他の優秀作品賞…「おとうと」「孤高のメス」

【最優秀アニメーション作品賞】

◎「借りぐらしのアリエッティ」 ○「カラフル」 ▲「名探偵コナン/天空の難破船<ロスト・シップ>」  他の優秀アニメーション作品賞…「映画ドラえもん/のび太の人魚大海戦」「ワンピースフィルム/ストロングワールド」

【最優秀監督賞】

◎中島哲也「告白」 ○三池崇史「十三人の刺客」 ▲李相日「悪人」  他の優秀監督賞…成島出「孤高のメス」 山田洋次「おとうと」

【最優秀脚本賞】

◎吉田修一・李相日「悪人」 ○中島哲也「告白」 ▲天願大介「十三人の刺客」  他の優秀作品賞…加藤正人「孤高のメス」 山田洋次・平松恵美子「おとうと」

【最優秀主演男優賞】

◎妻夫木聡「悪人」 ○豊川悦史「必死剣鳥刺し」 ▲堤真一「孤高のメス」  他の優秀主演男優賞…笑福亭鶴瓶「おとうと」 役所広司「十三人の刺客」

【最優秀主演女優賞】

◎深津絵里「悪人」 ○寺島しのぶ「キャタピラー」 ▲松たか子「告白」  他の優秀主演女優賞…薬師丸ひろ子「今度は愛妻家」 吉永小百合「おとうと」

【最優秀助演男優賞】

◎柄本明「悪人」 ○石橋蓮司「今度は愛妻家」 ▲吉川晃司「必死剣鳥刺し」  他の優秀助演男優賞…岡田将生「悪人」 岡田将生「告白」

【最優秀助演女優賞】

◎満島ひかり「悪人」 ○木村佳乃「告白」 ▲夏川結衣「孤高のメス」  他の優秀助演女優賞…蒼井優「おとうと」 樹木希林「悪人」

【最優秀外国作品賞】

◎「インビクタス/負けざる者たち」 ○「ハートロッカー」 ▲「アバター」  他の優秀外国作品賞「インセプション」「トイ・ストーリー3」

ってな感じで。日本アカデミー賞の場合、作品賞受賞作が俳優部門も技術部門も総なめにする風潮が強いので、ひとつ当たらないとみんな当たらないことも。今回は「悪人」「告白」が有力だと思うけれど、日本アカデミー賞はノスタルジーをそそるドラマや壮大なスペクタクルや時代劇が強いので「十三人の刺客」の可能性もあり、常連の山田洋次組「おとうと」になってしまう可能性も。ちょっと「悪人」や「告白」はアクが強いので。主演男優・主演女優は外した俳優さんがキャリアのある人たちなので、獲る可能性もあって、全然わかんないっす。個人的には下馬評からすると「悪人」か「告白」が受賞するのが妥当だと思っている。監督賞は日本人に獲らせたい風潮が強いみたいなので敢えて李相日監督は少し下げさせてもらった。前に崔洋一監督が受賞してないことからもその辺が伺える。主演女優賞はベルリン映画祭で主演女優賞を獲得した寺島しのぶと、モントリオール映画祭で主演女優賞を受賞した深津絵里との一騎打ちと見た。寺島しのぶの方に分がありそうに思うけれど、まだ主演女優賞の受賞経験がない深津絵里にあげたくて願望も込めて本命に。同様に主演男優賞は、妻夫木聡にあげたくて本命にした。豊川悦史の方が分があるかも。堤真一・役所広司も評判は良く、笑福亭鶴瓶は昨年「ディア・ドクター」で本命視されていて受賞を逃しているから、誰が取ってもおかしくない。ここは、受賞歴のある堤真一・役所広司にはちょっと休んでもらって、なかなか受賞できない妻夫木聡か豊川悦史にあげたいですね。助演も少し不安だけど、男優は多分柄本明、女優は満島ひかり・木村佳乃のどちらかだと思う。あと、外国語作品賞は「ハートロッカー」が順当な感じだけど、興業を重視すると「アバター」、クリント・イーストウッドの異様なまでの日本人の評価の高さからすると「インビクタス」もありうるということで、今回は敢えて冒険で「インビクタス」にしてみた。

ずいぶん、講釈垂れてみました。たまには娯楽を楽しませてくださいね、って感じで。暇があって、気が向いた方方は、金曜日、予想が当たるか外れるか、楽しみに見てやってください。

2011年2月13日 (日)

ガトーショコラ♪

水曜木曜あたりは、連休が待ち遠しくて仕方なかったです。そのくらい頑張ってしまっていたようです。仕事しているときは無理しているつもりはないけれど、きっとやり過ぎているんだと思います。

3連休は、ぐったり休みました。金曜はスクールでコーチングの仕上げがあり、実際に30分のセッションをしてみました。この感想は想うところがたくさんあるので、また改めてブログにしますね。

昨日もぜんぜん調子上がらず、ずっと横になっていました。夕方から少し動きたくなってきたので、バレンタインデイ前の最後のチョコレート菓子を作って居酒屋に行こうという気になりました。

400

取り分けるとこんな感じになります。

400_2

濃厚でオトナの味。とてもおいしく出来ました。

↓詳しいレシピは「豆腐のCooking Life」で。

http://ameblo.jp/torff/entry-10800135775.html

なんだか、仕事を先週頑張ったご褒美を自分であげたくて、居酒屋では大好物のホタテを食べたりしました。和風ムニエル風になったホタテバターで、いつも自分で塩コショーとバターのみでソテーするものとは違ってめちゃうまかった。束の間の幸せを味わいました。

400_3

今日も1日外出せず。もしかしたら、花粉に反応し始めたかも知れません。

もう明日からまた仕事です。3月末までもつかな。

2011年2月10日 (木)

仕事でくたくた

随分とブログ更新ご無沙汰になっています。

無理に頑張っているんじゃないんですが、ついつい仕事やり過ぎてしまいます。今は、ほぼ鳴りっぱなしの電話を取っているだけで、多分、自分の実力通りの仕事をしているだけなんですが、当番のローテーションにはまだ加わっていないので、ただただ鳴り続ける電話を取って説明したり指導したりしているだけ。ただ、これが結構パワーと根気が要るんですよね。だいたい仕事後ぐったりしています。なんとか毎日出勤したいので、お弁当を作るのをサボったり、夕食作りをサボったり、お風呂をやめてみたりしながら、なるべく出来るだけの睡眠を取り、かなりの勢いで朝起きて仕事行っています。

なので、ブログに時間を割くのは控えるようにしているんですよね。先月長い時間かかって治した風邪を、また昨日から今日にかけてひきそうになって、少しの鼻水とときどきのくしゃみを体験しながら、今日は何とか、悪化させずに済ませられました。

そんなわけで、整理したい想いはいろいろありますが、そこはさておいて気持ちと体力のコントロールを危ういながら整えています。

今週は本当にゆっくりしたくて早く休みが来ないかなと、毎日こらえながら過ごしました。明日からの3連休、コーチングスクエアの授業と、土曜夜の居酒屋は行きますが、あとは、じっくり休息するつもりでいます。あまり気を抜きすぎずにね。

はたして、これを3月末まで続けられるのかは、疑問です。正直、大きな自信はないです。瞬間壊れたり爆発したりしそうな感じはあります。

で、ブログ更新は、どのくらい頻度が減るかわかりませんが、よかったら、毎日覗いてほしいです。

みんなの応援が欲しいです。よろしく見守ってください。お願いします。

あ、そうそう、バレンタイン近いので、先日更新した料理ブログの「トリュフ4種」をレシピを載せて編集し直し、再更新しました。

↓よかったら覗いてみてください。

http://ameblo.jp/torff/

2011年2月 6日 (日)

豆腐チョコレート♪

そろそろ仕事での頑張りが、つらくなってきたのかわかりませんが、仕事に行ってしまうとある程度のことはやってしまいます。昨日、メンタルクリニックで、そのあたりのことを話してきましたが、仕事が忙しい時期だから疲れるのか、まだよくなりきっていないから疲れるのか、わからないまま、出来ているのでこのままのペースでやってみることにしました。みんな忙しいのに自分の緩いぺースを護ることの方がイライラするので、忙しい時間の流れに乗って行っていいんじゃないかと思う感じです。ムリだと思ったら自分でコントロールするので、みんな見守ってくださいね。

今日は、そんな中、母に会いに施設に行ってきました。母の衰えていくところにイライラもせず、母の話をしっかり傾聴出来て、行ってきてよかったと思っています。疲れを取る方が先かとも思いましたが、行って良かったと思います。

ここ数日ブログをお休みしました。コーチングのスクールの受講もあり、勉強会もあり、月法要もあり、メンタルクリニックもあったので、あとの時間はなるべく睡眠を取った方がいいかな、と思った結果、ブログをお休みしようと思ったわけです。

その間、授業や勉強会で、強烈に気持ちが動く感じがありました。今の自分の生きていく姿勢、これはこのままでいいような気がしてきました。勉強会での感じた想いもそのうち言葉にして綴りたいと思いますが、長いものになりそうなんで、またの機会にします。

前回の日記で、新しいフライパンで作った初めての料理をブログアップすると約束しましたが、フレンチトーストが一度に2枚焼けるとか、焼きそばが軽く2人前作れるとか、そんな体験しかしていないので、画像に載せるほどではないので割愛しますね(笑)。

で、今日、どうしても書いておきたかったことは、昨日、ある女性から戴いた「豆腐チョコレート」です。

400

どうですか? とても感動しました。その方は、「いつもお菓子をどうもありがとう」と言ってくださいました。ボクは冗談っぽく「これは愛の告白だと受け取っていいんですか?」と訊いたら、「え、まあ、半分そうです」と言ってくださいました。まあ、その方はボクに対する恋愛感情は皆無だと思うし、ボクがゲイであることも知ってらっしゃる方なので、多分、このチョコレートをどこかで偶然見かけたときに、ボクにこの時期にプレゼントしたいと思ってくださったんだと勝手に思っています。もしかしたら、バレンタインの意識も何もないかもしれませんが。でも、今のボクに、こういうプレゼントをしてくださるって、めっちゃセンスいいですよね。ボクは女性から直接手渡しでバレンタインデイ近くにチョコレートをもらったのは何年振りかです。この照れくさい感じはすごく懐かしく感じました。お菓子はボクが作って持って行くものだと勝手に決めつけていた自分に気がつきました。お菓子をもらう方の喜びを忘れていたんですよね。このめっちゃ嬉しい感じ、大事にしたいと思いました。そんで、それと同時に、いろんなところにボクの作って持って行くお菓子が、持って行った時に同じような感触を持ってもらえるようになるといいな、と感じました。そして、もし、もうすでにみんなが同じような感触を持ってくれているとしたら、それはこの上なく嬉しいな、とも。

チョコレートをもらうということ、そして、それが、「豆腐チョコレート」であるということ。素晴らしい瞬間でした。

400_2

中身はこんなかんじで。

400_3

大切に愛情を丁寧に味わって食べました。ありがとう。ホント嬉しかったんですよね。この出来事、そして、授業や勉強会で学んだ感じ、これを大切に育てていけば、ボクの夢は簡単に叶うような気がしてきました。もっともっと前進しますね。

2011年2月 2日 (水)

フライパン♪

今日も自分の許容範囲以上に仕事頑張ってしまいました。いかん、いかん(汗)。でも、充実感はあります。残念ながら、今日はクレーム電話のうち、1件は市民の方を怒らせてしまったけれど。まあ、最善を尽くしたので、よしとします(笑)。

今日は相方が雪国から交通機関の停止を乗り越えて無事帰還したので、仕事帰り名古屋駅で食事をすることにしました。で、JR高島屋に寄ったんだけど、そこで、ずっとずっと念願だったフライパンを手に入れました。いままで、2人前以上の料理もなんとか小さなフライパンで頑張っていました。おっきなフライパンがずっと欲しかったんです。今日、高島屋の催し物会場でティファールのフライパンを40%オフで売ってたんですよね。安くてすぐダメになるフライパンではダメだし、かといって何万もかけて買う気はなくて。いくらお金かけて、手入れもきちんとしても。数年でどうしてもだめにしてしまうんで、ティファールはボクのちょうどいい感じでした。レミパンや松居一代のはちょっと高価過ぎて買う気はなかったんですよね。それでも、ティファールはなかなか買う気になれなくて。今日は28cmのティファールのフライパンをなんと3,480円で買えたんですよ。今のボクには身の丈に合ったぎりぎりの贅沢品だと思いませんか。このお値打ちさ加減は、今のボクが手にしてもいい贅沢ですよね。違うかなぁ。

400

これで、2人前以上のパスタがらくらく調理できますよね。めっちゃ嬉しいです。

このフライパンで最初に作った料理を、このブログで書きますね。

さ、この喜びを抱えて、気持ちよく寝ようかな。

2011年2月 1日 (火)

つい、発散してしまいました(汗)

今日もいっぱい仕事をしてしまいました。好きな仕事じゃないのにね。今日は苦情処理も何件かして、怒らせずに納得してもらったので、少し満足しました。でも、少し疲れちゃったかな。お弁当を作ったのに箸は忘れるし、職場着いたらネクタイしてないのに気づくし...。今日はノータイで仕事させてもらいました。

久々に今週は金曜日のスクールまで何もないこともあり、帰りのバスで気づいたらいつも自転車で行く居酒屋の前のバス停で降りてしまいました。で、ほんのちょっとだけビールで発散しちゃいました。おかげで元気が出て、ちゃんとお弁当の下ごしらえもしたし、この後お風呂も入りますよ。

こんな日もないと、ね。このバランスが、なんとか元気にやれているコツかもしれません。自分を取り戻させてくれる居酒屋に感謝ですね。

さ、明日も頑張って働こう。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31