フォト
無料ブログはココログ

« ガトーショコラ♪ | トップページ | 咀嚼とか葛藤とか、我慢とか »

2011年2月16日 (水)

第34回日本アカデミー賞予想

ブログを書いてないので、アクセス数がどんどん減っています。あはは。

ボクはアクセス数のためにブログを書いているわけでないので構わないんだけど、本来の目的は、気持ちの整理や記録すること、そしてそれを公表することにあるから、ちょっと消化不良です。でも、3月末まで本業が忙しいので、今は好きな仕事じゃなくても日常をないがしろにしてでもそこそこやっている感じです。なので、ブログも毎日は書かないでいます。そんな感じ、伝わったらいいな、と思います。

で、書けるときに、山ほどある書きたいことの中から何と何を書くか決めて書いているんだけど、本当は今日は週の半ばなので自重したい感じです。なぜ書いているかというと、金曜日の「日本アカデミー賞」の発表まで、今日しか書けるときがなさそうだからです。これを読んでくださっている方にはほとんど興味ないことかもしれませんが、ボクは何だか毎年日米のアカデミー賞を予想し続けて来ているんですよね。多分何十年と。去年の今頃から劇場ではほとんど観ていないくせに、大胆にも、下馬評と他の映画賞の実績と話題性と勘だけで今年も予想をしようとしているわけです。いつも同時に日米の予想をしてブログアップしていますが、今日はとりあえず差し迫っている「日本アカデミー賞」の方を予想してみます。興味のない方はすっとばしてくださいね。ちなみに◎がボクの予想する本命、○が対抗、▲が大穴です。ノーマークはボクの中での予想外ということになります。

第34回日本アカデミー賞

【最優秀作品賞】

◎「悪人」 ○「告白」 ▲「十三人の刺客」  他の優秀作品賞…「おとうと」「孤高のメス」

【最優秀アニメーション作品賞】

◎「借りぐらしのアリエッティ」 ○「カラフル」 ▲「名探偵コナン/天空の難破船<ロスト・シップ>」  他の優秀アニメーション作品賞…「映画ドラえもん/のび太の人魚大海戦」「ワンピースフィルム/ストロングワールド」

【最優秀監督賞】

◎中島哲也「告白」 ○三池崇史「十三人の刺客」 ▲李相日「悪人」  他の優秀監督賞…成島出「孤高のメス」 山田洋次「おとうと」

【最優秀脚本賞】

◎吉田修一・李相日「悪人」 ○中島哲也「告白」 ▲天願大介「十三人の刺客」  他の優秀作品賞…加藤正人「孤高のメス」 山田洋次・平松恵美子「おとうと」

【最優秀主演男優賞】

◎妻夫木聡「悪人」 ○豊川悦史「必死剣鳥刺し」 ▲堤真一「孤高のメス」  他の優秀主演男優賞…笑福亭鶴瓶「おとうと」 役所広司「十三人の刺客」

【最優秀主演女優賞】

◎深津絵里「悪人」 ○寺島しのぶ「キャタピラー」 ▲松たか子「告白」  他の優秀主演女優賞…薬師丸ひろ子「今度は愛妻家」 吉永小百合「おとうと」

【最優秀助演男優賞】

◎柄本明「悪人」 ○石橋蓮司「今度は愛妻家」 ▲吉川晃司「必死剣鳥刺し」  他の優秀助演男優賞…岡田将生「悪人」 岡田将生「告白」

【最優秀助演女優賞】

◎満島ひかり「悪人」 ○木村佳乃「告白」 ▲夏川結衣「孤高のメス」  他の優秀助演女優賞…蒼井優「おとうと」 樹木希林「悪人」

【最優秀外国作品賞】

◎「インビクタス/負けざる者たち」 ○「ハートロッカー」 ▲「アバター」  他の優秀外国作品賞「インセプション」「トイ・ストーリー3」

ってな感じで。日本アカデミー賞の場合、作品賞受賞作が俳優部門も技術部門も総なめにする風潮が強いので、ひとつ当たらないとみんな当たらないことも。今回は「悪人」「告白」が有力だと思うけれど、日本アカデミー賞はノスタルジーをそそるドラマや壮大なスペクタクルや時代劇が強いので「十三人の刺客」の可能性もあり、常連の山田洋次組「おとうと」になってしまう可能性も。ちょっと「悪人」や「告白」はアクが強いので。主演男優・主演女優は外した俳優さんがキャリアのある人たちなので、獲る可能性もあって、全然わかんないっす。個人的には下馬評からすると「悪人」か「告白」が受賞するのが妥当だと思っている。監督賞は日本人に獲らせたい風潮が強いみたいなので敢えて李相日監督は少し下げさせてもらった。前に崔洋一監督が受賞してないことからもその辺が伺える。主演女優賞はベルリン映画祭で主演女優賞を獲得した寺島しのぶと、モントリオール映画祭で主演女優賞を受賞した深津絵里との一騎打ちと見た。寺島しのぶの方に分がありそうに思うけれど、まだ主演女優賞の受賞経験がない深津絵里にあげたくて願望も込めて本命に。同様に主演男優賞は、妻夫木聡にあげたくて本命にした。豊川悦史の方が分があるかも。堤真一・役所広司も評判は良く、笑福亭鶴瓶は昨年「ディア・ドクター」で本命視されていて受賞を逃しているから、誰が取ってもおかしくない。ここは、受賞歴のある堤真一・役所広司にはちょっと休んでもらって、なかなか受賞できない妻夫木聡か豊川悦史にあげたいですね。助演も少し不安だけど、男優は多分柄本明、女優は満島ひかり・木村佳乃のどちらかだと思う。あと、外国語作品賞は「ハートロッカー」が順当な感じだけど、興業を重視すると「アバター」、クリント・イーストウッドの異様なまでの日本人の評価の高さからすると「インビクタス」もありうるということで、今回は敢えて冒険で「インビクタス」にしてみた。

ずいぶん、講釈垂れてみました。たまには娯楽を楽しませてくださいね、って感じで。暇があって、気が向いた方方は、金曜日、予想が当たるか外れるか、楽しみに見てやってください。

« ガトーショコラ♪ | トップページ | 咀嚼とか葛藤とか、我慢とか »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/38899791

この記事へのトラックバック一覧です: 第34回日本アカデミー賞予想:

« ガトーショコラ♪ | トップページ | 咀嚼とか葛藤とか、我慢とか »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31