フォト
無料ブログはココログ

« 第34回日本アカデミー賞結果 | トップページ | 交通機関は面白い♪ »

2011年2月24日 (木)

マイノリティのパイオニア♪

今日はちょっと重大なことを書きます。

21日月曜日、ボクの中に大きな変化がありました。突然ボクの中で「マイノリティのパイオニアになりたい」という想いが出てきました。

このごろ、たくさんの勉強をしてきて、普通の方への普通のコーチングとか学びながら、やっぱりボクは少しみんなと違うな、って違和感を時々持つことに気づいていました。どっかでなにか違うものを感じるんですよね。この違和感がどこから来るものかよく考えていました。答えは見えていません。ただ、ボクはやっぱり、普通ではなくて、マイノリティなんだな、ってことだけは再認識できていたように思います。

土曜日、仲のいい人たちと飲んでいて、その時に、ボクの生き方は苦しくてしんどいんじゃないかということをたくさん言ってもらいました。その時は「そうだよなぁ、苦しい生き方をしているよなぁ」って心から思ったんです。だけど、鬱から持ち上がる前までは、もっともっと普通に我慢をして来ていたので、我慢をすることが体に染みついていて、今の妥協とか譲歩みたいな感じは、我慢にすらなっていないような気がしているんです。人から見て苦しそうな生き方かもしれないけれど、ボクの中では今までよりずっとずっと楽なんですよね。一般的で普通な社会通念を持っている人たちが生きていきやすい社会の中で、やっぱり表面上は「隠す」ということをしていった方が楽な人たちは、いつもいつも苦しんでいるように思うんですよね。ボクはなんとなく、その「普通」ってヤツの幅をもっと広げてあげたいと思い始めたわけです。少しでも、マイノリティな人たちの歩く道を広くしてあげたい。社会を変えることは大変かもしれないけれど、バラエティ番組などでこれだけオネエやニューハーフがブームな中、案外それは簡単に出来るかもしれないと思うんです。そして、その先駆者にボクがなれないかな、と思うわけです。おごりですかね、過信ですか? でも、ボクがマイノリティな人たちに少しでも癒しを与えたい、それが病気で迷惑をかけて来た人たちへの恩返し代わりの社会貢献として、ボクができる最大の役割りではないでしょうか。お店を出す夢のもっと向こうに、その想いがあるのじゃないかと思い始めています。

もし、ボクがコーチングを学んで、誰かを導くことができるとしたら、ボクしかわかってあげられない苦しみを包み込んで「いいんだよ」と言ってあげたい感じなんです。ボクしか出来ないコーチの方法があるんじゃないかと。そしてボクはこういう違和感や社会とずれる感覚を解放してはいけないんじゃないかとも思うんです。この痛みや生きづらさを持ち続けていないとそこにはたどり着けないんじゃないかってね。でも、どっかもがきながらも、こんなにいきいきと生きてゆけるし、もっとフレキシブルでいいんだとたくさんの人に伝えたいです。10%~20%くらいのマイノリティさ加減が、ボクにはちょうどいいかもしれません。

もちろん、まだまだボクは出来た人間でないからもっともっと勉強が必要だし、進化もしていきたいし、変わっていかなければいけないとは思います。だけど、究極の目標を見つけた気がするんです。

いい加減な気持ちで書きたくなかったんで3日間この想いを温めました。

今日、ここまで読んでくれた方々、ありがとう。もしよかったら、感想聞かせてください。お叱りでもいいです。

あー、すっきりした。今日はよく寝よう。

« 第34回日本アカデミー賞結果 | トップページ | 交通機関は面白い♪ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コーチングやカウンセリングの知識、今までの経験などによって、
相手に的確なボールを投げることが、大切な前提になりますけれど、
思いもよらない痛い返球や、ボールが戻って来ないこともあります。
それによって深く傷ついたり、悲しんだり、
心身をすり減らすことがありませんように…。

誰かにボールを投げるのは豆腐さんですが、たとえ良い球であっても、
どんなボールが返ってくるかは、相手側の事情です。
両者を分けて考えられることが、重要だと思います。

キチンと見極めて的確に受け止め、根気良く球を投げたり、
別の球種を模索したり、場合によっては見送ったり、
止めることも必要です。

「誰かにボールを返球して欲しいから、ボールを投げる」のではなく、
「誰かにボールを投げたいから、ボールを投げる」という
スタンスをおすすめします。

以前、似たようなコメントを書いた覚えがあります。
何度も偉そうなコトを言ってスミマセン…m(_ _)m

pen正太郎くん、ばんは♪
コメントありがとう。

まさに正太郎くんの言ってくれた通りです。
ボクの球は投げたくて投げている球です。
思ってもいない返球があったり、意にそわない球が帰って来たり、それは求めるものではないんですよね。
ただただ、どんなボールを望んでいるかを見つめてコントロールよく投げるかが大切だと今は感じています。
今のボクは傷つくことがないので安心してくださいね。
傷つかずにただただそこにある事実として受け止めることが出来るようになってきている気がします。
またいちどお話しがしてみたいと思っています。
素敵なコメントをありがとう。

豆腐さんこんばんは
豆腐さんの決心素晴らしいと思います。なかなかうまくいかない時もあるかもしれませんが、信じた道を進んでほしいです。応援しています

penゆかさん、ばんは♪
コメントありがとうございます。

ってか、昔からよく知っているゆかちんか、最近知り合ったコーチングスクエア仲間のゆかさんか、わからずに返事書いてますが...(笑)(汗)。
とにかいずれにしても、応援してもらうのは嬉しい限りです。
日々精進していきます。
ありがとうね。

豆腐さんこんばんわo(^-^)o昨日書き込みしたのは昔からお友達のゆかちんですよo(^-^)o

penゆかちん、ばんは♪
コメントありがとう。

わーい、ゆかちんだったんだね。
わかる工夫をしないといけないね(笑)。
ゆかちんは昔からのボクのいきさつを知っているから、余計に想いに強さを感じてくれたんだと思います。
また直接電話とかお話ししましょうね。
ホントにありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/39001543

この記事へのトラックバック一覧です: マイノリティのパイオニア♪:

« 第34回日本アカデミー賞結果 | トップページ | 交通機関は面白い♪ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31