フォト
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

異動の内辞

月曜日、夢cafe♪でも、スィーツチャリティの続きをやらせてもらいました。あらためてご報告しますが、とりあえず、ご協力いただいた方々に大感謝です。そのことだけ先に報告させてもらいます。今回のわがままにはたくさんの方にご迷惑をかけたりご心配をかけたりしました。でも、そこまでしてもやりたかった想いでもあります。巻き込んでしまったたくさんの方々にごめんなさいということと、実現に加担していただいたたくさんの方々にありがとうということをきちんと伝えておきたいです。

夢cafe♪の様子は、先日のナチュCafeと合わせて後日またブログにしますね。

今週はイベントの後のお疲れ休みとして、少しゆったりとした短めの更新にします。とりあえずやりきった感じがあるので、次の行動に向けてまた少しエネルギーを蓄えます。

先週金曜日、ついに職場の異動の内辞がありました。4月1日からの職場については、強い希望を出していました。少なくとも税の仕事からは変えて欲しいと。それは、伝わって努力していただいたはずでした。結果は同じ市民税課の隣の係への異動、つまり全く同じ仕事で担当の区域が変わるだけということになりました。う~ん、がっかりかも。まあ、落ち込んでいる間もなくイベントがあったので、ぜんぜん落ち込みはなかったし、もう仕事も完全復帰に近い状態になっているので、また頑張る気にはなっています。もしかしたら、ボクの受け皿は今の職場にはないのかもしれません。過去の失敗がたくさんのところに波及しているかもしれません。そろそろ本当に自分のやりたいことに目を向ける時期かもしれませんね。まあ、8月まで復職1年はやると決めているので、そこまではやる気を失わず、自分の本職として全うするつもりでいます。大事な想いも温めつつ。

今回のチャリティで、たくさんの自信をもらいました。壁はあったものの大きく落ち込まず、ブレーキがかかることもなく、煽られもせず、前面に出過ぎない立ち位置での熱い想いの実現は、ボク自身としては120点くらい自分にあげたい気分です。でも、今は自分の満足のためではなくやったことなんで、そこは現地へお金を届けられたことに感動している感じです。小さな善意だけれども、とても価値のある想いの結集です。

これを取りあえずやり切れたことを、今後の自分の力にして、前進し続けていきます。いままでどおり応援してくださる方はよろしくです。

みんなありがとう。

仕事は仕切り直してしばらくは続けます。この区切りをいい機会として、窓口当番や昼当番、派遣職員のローテーションに加わることになりました。4月20日には管理医師との面接もあり、もしかしたら残業も出来る管理区分に変更になりそうな気もしています。これで、本格的にちゃんとした1人前の職員としての復帰を果たしたと言えるかもしれません。なので、ここは社会にちゃんと復帰したと思うためにも頑張り時です。ってか、あんまり無理も今はしてないし。このペースでいきますね。

2011年3月27日 (日)

スィーツチャリティ in なべ 完売と感謝

昨日、居酒屋なべの全面協力のもと、無事「スィーツチャリティ in なべ」を終わらせることができました。

マスターはこんなチラシとポスターと募金箱を作ってくれました。

In_1_400

作ったのは、クッキー2種(アーモンドスノウボウルとチョコレートクッキー)とマドレーヌとフルーツパウンドケーキです。

In_4_400

これをこんな風にマスターが用意してくれたボックスにこんな風に入れて用意しました。

In_3_400

おかげさまでたくさんの善意を集めることができ、実に10.852円の募金を集めることができました。48個作っていったスィーツは見事完売しました。飲み物の売り上げの一部も募金箱に入れてもらって、これだけの金額になりました。めちゃくちゃ嬉しいです。明日、三井住友銀行から赤十字に送金してきます。

これには、たくさんの方々にご迷惑とご心配をおかけし、ひとりでは何もできない無力さも実感することになりましたが、協力し合えば、こんなこともできるんだと、今感激しています。

みんなの想いを乗せて送る義援金はこの実際の金額の何十倍何百倍もの値打ちがあると思っています。

終了後、お店のみんなと感激を語り合いました。マスターはじめみんなホントありがとうね。

In_2_400

こんな風にお出迎えしました。

みなさん、本当にありがとうございました。この想いを大切にこれからも日々精進していきたいと思っています。

2011年3月24日 (木)

体力温存

さあ、いよいよ、あすの夜から下準備、あさって心をこめてお菓子を作ります。

ので、今日は体力温存で、もう休みますね。

ちなみに、今日居酒屋に寄ってお菓子を渡すときのカードを先に持って行きました。そんときにもう作って置いてあった義援箱を写真に撮ってきました。

400

嬉しいねぇ。

明日あさってのブログは多分お休みします。応援してね。

異動の内示の結果云々によりブログアップするかも、です。

2011年3月23日 (水)

士気を高める

異動の内示が25日にしかわからないことが判明しました。う~ん、どうなっちゃうんだろう。まあ、焦っても仕方ないからゆっくり待ちます。

先週末のいろいろを画像つきで載せたいところだけど、週末にパワーを残したいので、ここは後日にさせてください(汗)。

今日は、帰りにイベント用のラッピングと、お菓子の材料を買ってきました。んで、居酒屋に寄ってポスターを見てきました。当日に向けて士気を高めるというか...。帰ってきてから、お菓子と一緒に渡すカードを作成しました。このブログだけ、こっそり画像を載せちゃいます。

In_400

いっぱい刷っちゃった。今日明日は早く寝て、土曜日がんばろ。

2011年3月22日 (火)

日常をこなす

さて、3連休も終わり、仕事に出かける日常が戻ってきました。我々は、これから日常もこなしながら、長丁場になる被災者の方々への支援も続けていくことになります。被災者の地域の方々が自力で復興に向かえるようになるまで。どのようになっていくのかわかりませんが、このブログもそろそろ明るくて美味しそうな画像もたくさん載ったブログに戻していかないといけません。自粛していた画像も少しづつ戻していって、ボクらが元気になっていかないとけないですよね。まだ早いという意見の方もあると思いますが、ボクはこうしていこうと思っています。

今日は、病院に行って心臓の発作を抑える薬をもらってきました。薬はほとんどなくなりましたが、心臓だけは飲み続けないといけないとのことで飲み続けています。でも、病院の診察受け付けの時間に間に合わないので、電話をして少し遅れると伝えてから行くことにしました。そうしたら、「1ヶ月分は今は出せません、震災の影響で」と言われました。そっか、被災者の方々の地方は薬も不足しているんですもんね。そこは我慢しないとね。こんなところにまで影響が出ているとは思いもしませんでした。まあ、また2週間後に行けばいいので、2週間分だけ今日はもらってきました。

さあ、数日後には異動の内示、チャリティ、どきどき記念日と日々は続きます。今日は体力温存のために早く寝ようと思います。

あ、そうそうこのブログはパスワードつきなので、このブログだけ、チャリティ用のポスターを掲載します。このポスターは居酒屋のマスターの手作りです。ここには、ボクが前面にフューチャーされているので、他のブログには掲載できません。ここだけで見られる画像です。

In

よかったら、みなさんの温かい応援をもらえるとパワーにできます。よろしくお願いします。

2011年3月21日 (月)

人から人へ想いのバトンを繋ぐ

お世話になっているコーチングスクエアのまんちゃんのブログに掲載された内容を転載します。前にmixiでつぶやいたので、ご存知の方もいるかも知れませんが、まんちゃんのブログ用に書きなおされましたので改めて掲載します。以下転載です。

  コーチングのクライアントさんである武士俣史子さんからの依頼です。

  友人を助けたい気持ちが伝わってきます。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

はじめまして。

まんちゃん(平山孝広さん)からコーチングの

個人セッションを受けています、武士俣史子と申します。



今回この場をお借りして、私の青年海外協力隊のときの同期の友達の

宮城県気仙沼市出身の看護師、菅原千賀子さんの活動紹介と、

その活動のための義援金募集のお願いをさせてください。



東京在住の彼女は3月18日の夜遅くに知人のトラックに乗せてもらい、

故郷気仙沼市に向けて出発しました。



『専門医療チームが派遣されるまでの間の応急的な医療・看護活動』

と目的を掲げ、19日から避難所での医療活動を開始しました。



彼女含めた看護師2人、医師1人、全体の調整役1人の

小さな小さなボランティアグループで今現在も活動しています。

最初の一歩は、彼女個人の想いから発せられています。

自分の故郷のために、今できることは何かと考え、

そして彼女が出した答えが現地での医療活動でした。




そしてその活動は、次の点に軸を置いています。

『末端の届かないところに届ける支援』を必ず行うこと。

 政府、大型機関では、届かない末端地域への支援。また、個人だからできる

 きめ細かいフォローアップと、地元の情報力などでこだわった支援。


それらの想いが彼女の今の活動を形作っています。

たった1人の個人の想いから出発しています。

それがどれくらいの助けに繋がるのかは未知数です。

ただ、たった一歩踏み出せるとしたらそこからだと思ってます。



彼女の家も被災しています。

家族は無事だったと、無事がわかった後すぐに連絡をくれました。

彼女の家の様子は、ブログを見るまで全く知りませんでした。


●発起人 菅原 千賀子(看護師)さんの気仙沼支援のブログ

http://ameblo.jp/chikaneekesennuma/entry-10833952143.html



ただ、もし私にも何かが出来るのであれば・・・ ということで、

今回このような形でコーチングスクエア様の協力の下、告知させてもらっています。



ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら

是非義援金へのご協力をよろしくお願い致します。

また、この内容をご自身のブログ等への転用も大歓迎です。



1人でも多くの方に菅原さんの想いが届くこと、

そしてこれをご覧になっていられる皆様一人ひとりを通じて

また次に繋いでいただけることを心より願っています。

そして、1人でも多くの方の活動に関わった想いが、

宮城県気仙沼市の人たちに届くことを祈っています。


武士俣史子




●菅原 千賀子(看護師)さんの気仙沼支援のブログのURL =>

http://ameblo.jp/chikaneekesennuma

●気仙沼支援、趣意書のページ=>

http://ameblo.jp/chikaneekesennuma/entry-10833275233.html

現場へ祈りを

今日は2件目のブログを掲載します。

親しくしてもらっているお友だちのフリーマンさんから転送メールをいただきました。フリーマンさんの許可を取ってありますので、その全文を掲載させていただきます。

みなさん、是非読んでみてください。

  皆さん
  どうかお願いがあります
  祈りを、皆さんの祈りを
  今、福島原発で命がけで 我々の国、この日本を
  国民を
  あなたを、あなたの家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

  どうか祈って下さい!
  作業が成功するのを!
  お願いします!

  自衛隊特殊化学防護隊の
  隊員たちは志願者です。
  しかも年齢は55歳からうえ、もう子育ても終わりに近づいて思い残す事は無い、と志願者となったようです。
  その様な志願者が50名

  時事通信社の記事があります。
  東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
  志願者です、決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募ったのです。
  中国電力の原発勤務40年というある男性が。
  この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わったとして、志願したそうです。
  ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親の決意に何も言えなかたそうです。
  その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。
  志願者20名
  翌朝、いつも出勤する時のように。
  じゃあ、いってくる。
  と言って玄関を出てたそうです。

  原発での作業中、放射線被爆があります。
  国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。
  それが250ミリシーベルトになりました。
  何故なら、彼等が望んだからです。

  100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。
  だから国に250に上げてくれと。
  その為の被爆量は覚悟の上なのです。

  そのおかげで
  昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。
  もし臨界点に達していたら。
  私達は今、この時を
  この時間を過ごしていません。
  家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

  半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロに近かったんです。
  今のこの時間は彼等のおかげなのです。

  経営側幹部たちは我が身安泰の為、情報を小出しにし、遠く離れた東京から出てきませんでした。

  お願いです皆さん
  祈って下さい!
  皆さんの祈りを
  作業が成功するように
  祈って下さい!
  皆さんの想念を送って下さい!

  今日 放水作業が無事終わりました。
 
  明日の作業も成功するように。
  隊員たちが無事であるように。
  祈って下さい!

  どうかお願いします!

  そして家族、友人、仲間、一人でも多く方に知ってもらい
  祈ってほしいので伝えて下さい!
  お願いします!

掲載が今日になり、1日中身がずれていることをお詫び申し上げます。

わんまげさんの行動力

今日は何件かに分けてブログをアップします。

まず、昨日のブログの件ですが、いろいろ諸事情あり、文面を少し修正しました。よかったら読み直してください。

で、今日の本題の1件目ですが、最近、地震被災者の支援活動として精力的にブログにいろんな記事を紹介しているわんまげさんのことを勝手に応援したくなり、ブログにアップすることにしました。ご本人の了解は得てあります。

わんまげさんは、コーチングスクエアで話すときも、本当に今すぐ動きたいような行動力があり、いつもいつも周りの人の夢やしあわせを考えて行動したり考えたりしています。そういう気持ちが本当に素晴らしいと思うし、いつも尊敬しています。今回の被災の方々への支援に関する発信能力には敬服します。もしよかったら、みなさんもブログを覗いてみてください。

「自分らしく生きるコーチング / 名古屋」(アメブロ)

http://ameblo.jp/wanmage153/

「自分らしく生きるコーチング / 名古屋」(楽天ブログ)

http://plaza.rakuten.co.jp/wanmage/

ミクシィの方はボクのマイミクさんから「名古屋コーチわんまげ」さんを辿ってください。

2011年3月20日 (日)

スイーツチャリティ in なべ♪

昨日はブログアップできませんでした。居酒屋である打ち合わせをしていて遅くなったからです。というのも、大事な人から、「友だちが福島にいて元気なんだけど不自由しているだろうからこの3連休外出を自粛する」という話を聞いて、「じゃあ、ボクも今日は居酒屋やめて自粛するね」と言ったら、「あかん、そこでバランス取っているんだから行かないかん」と言われ、行きました。お菓子を楽しむということ、お酒を飲むということに少し罪悪感を感じながら。

ボクが義援金を出す気になったのは、居酒屋のマスターがいち早く義援金を出していたこともあり、昨日は「ボクたちに何か出来ることはないだろうか」という話になりました。そこで、決めたこと、その居酒屋でチャリティー用に募金を募り、募金してくれた方にお礼にスイーツをプレゼントすることにしました。今週26日の土曜日、いつもお世話になっている名古屋市北区の味鋺の居酒屋「なべ」で、そういうイベントをすることになりました。集まったお金は「なべ友の会」の名でどこかに義援金として寄付します。名付けて「スイーツチャリティ in なべ」。

家庭的な安い素材で作るお菓子になります。高級なお菓子ではありません。集まったお金は全額義援金に回し、赤十字に送金します。

また無理なことをと心配しないでくださいね。

ボクを含めて「居酒屋なべ」の想いにほんの少しの額でいいから協力してください。

「なべ」のマスター、提案に賛同してくれて感謝しています。よろしくお願いします。

まあ、でも、遠くから無理して駆けつけたりしないでいいですよ。ただ、やれることをすこしだけやろうね、ってボクらの想いです。近所のみなさん、よろしく、って感じで。
。ただ、やれることをすこしだけやろうね、ってボクら2人の想いです。近所のみなさん、よろしく、って感じで。

2011年3月18日 (金)

ひと段落

仕事、ひと山越えたようです。

仕事を中心に、そこそこ日常もさぼりながらこなし、被災地の人々のことも念頭に置きながらこの1週間を過ごしてきました。すごく立派なことをしているつもりはないし、自分の日常でかなり大変な部分もあります。ただそこに少し困っている方のことを思ったり、少しだけお金を寄付したり、少しだけ無駄な電気を節約したりしようとしただけ。いっぱい動いている方、呼びかけている方は、本当に素晴らしいと思っています。想いを綴るだけでは、被災地回復に繋がるわけでもないし、被爆を止めることは出来ない。少しみんなの力をひとつにしてみませんか、と口にしたかっただけです。微力です、無力です。でも、昨日も書いたけど、ひとり10円のお金も1億の人から集めたら10億になる。だからひとつに力を集めたいなと思った感じです。想いだけでは、祈りだけでは、本当に無意味なのかな。そんなことはきっとないと信じて発信し続けようと思っています。みんなには偽善者に映るのかな。いやいや、ボクが無力だとか、人にどう思われているかとかは、今はどうでもいいです。信じたすべきことをただ大切に実行に移していきたいと思います。

仕事が一段落したところで、少し休息が必要かなと今感じています。

まだまだボクにはたくさんのお金やパワーをみんなにあげられるほど、ありあまるものはないからね。人の想いを非難せずに、小さな力を集めて大きな支援にしましょう。

今日、母が転んだということを施設から連絡受けました。骨粗鬆過ぎるから、またあばら折れたりしているかも、です。母ひとり護れずに、被災者の方たちの支援なんてとんでもないかな。

母のためにこの休日を使い切ることになるかもしれません。もっといっぱいの体力や財力があったらいいな。

今夜はぐっすり休んで、明日からまた少しだけみんなのために力を注ごう。

ひと山乗り切った今、少しそんな風に考えています。

2011年3月17日 (木)

感動しています

今日は、やっと、義援金を送金してきました。このことは黙っておこうとも思いましたが、この行動のためにたくさんの方々に協力してもらったので、やっぱり伝えます。わずかばかりのお金でしたが、ボクだけでなくたくさんの方の想いが詰まった義援金です。ほんのひと握りの誰かの小さな安心につながったら嬉しいです。10円の募金でも1億の人がしたら10億になります。だから、公表します。

この数日間でたくさんの方の行動や言動、想いに、たくさんの感動をいただきました。もちろんボクにもらったものではないですが、感動して、感謝せずにはいられません。こんなにたくさんの素晴らしい人たちがいて、この世界に共存していることをとても嬉しく思います。

みんなに意識を誘発したくて行動を公表する方たち、そういうことはひけらかすことではないと黙って行動する方たち、どちらにも感動します。

中部電力以西は周波数が違うから無駄な節約意識を煽らないように告知しようとする方たち、電力を分けてあげられないとわかっていながら少しずつでも節電しようとする方たち、どちらにも感動します。

悲しみに暮れている方に少しでも元気を与えようとプロ野球を開幕することに決めた方たち、被災の状態ではそんなことには勇気をもらえないしたくさんの電力を使うから開幕をやめようと呼びかけた方たち、どちらにも感動します。

やるべきことがあると信じ夜も徹して出来ることをやろうとしている方たち、無駄なエネルギーを使わないために早く帰宅しようとする方たち、どちらにも感動します。

ひきこもっていたら経済も活性化しないし元気な地域は頑張って日常を活発に生きようとしている方たち、現地の悲しみに同化し遊びに行くことや余暇を楽しむことや飲みに行くことを控えている方たち、どちらにも感動します。

いつでも救援に参加できるようにもりもり食べてエネルギーを蓄えている方たち、平和な地域の中で平和を噛みしめながらものや命を大切にしながらありがたく食べている方たち、自分たちの食事よりも被災地の方々に少しでも物資をと我慢している方たち、どちらにも感動します。

少しでもたくさんの情報を流してあげてたくさんの応援を集めるためにブログなどで必死に呼びかけている方たち、哀しい話しでなく少しでも楽になれる楽しい話題を一生懸命提供しようとブログアップしている方たち、不謹慎なことは控えようと楽しい話題を控えている方たち、どちらにも感動します。

少しでも状況を改善しようと議論し反論し主張する方たち、今は力を合わせる時期だと非難を一切せず世界中をひとつにしようとしている方たち、どちらにも感動します。

少しでも電力を使わないために他の力を利用している方たち、灯油やガソリンも足らないからバランス良く節約しようとしている方たち、どちらにも感動します。

ボクは…、どの想いも間違ってないと思うから、熱い想いがある以上、みんな大事にしたいと思っています。もちろん、みんなの想いがひとつの方向に向かったらその方が力は大きいと思います。だけど、その間違っていないたくさんの熱い想いをすべて大事にしたいと思っています。どんな想いであれ、被災地の方々が早く平和な日常を取り戻していってくれたら、ボクはそれがいちばん嬉しいです。

こういうたくさんの素晴らしい想いを大事にしながら、心ない方たちが少しでも減り、被災地の快復や復興に繋がっていったらいいなと思っています。

自分の想いも大事にしながら、健康なままいつでもやれそうなことをやれる状態にして、自分の平和な日常にも感謝しながら大切に生きて、やり過ぎて無理にならない程度に、出来ることをいつも頭の中で考え過ごしていきたいと思っています。

みんな、素晴らしいです。ありがとう。そして、つらい想いをしている方々に敢えて言います。

がんばってね。

2011年3月16日 (水)

長戸稔さん「巨大地震は天の警告だ」

昨日は、ボクの回復や夢の実現に応援をしてくれている方に、いろいろわがままを言い、どうしても支援をしたいので、今月はコーチやカウンセリングをなしでお願いしますと、話して理解してもらえました。みなさん、素晴らしい方々です。嬉しかったです。そして、そんな昨日に限ってボクと話をしたいというお友だちが何人もアクセスをくれてお話しやチャットをたくさんの方としました。昨日はそういう日だったんですね。みんないろんな想いがあります。少しボクとは違う方も何人かいらっしゃいました。どんなみんなの想いもすべて否定せず、なるべく前向きな話しに耳を傾け、自分のすべきことをしていこうと思います。

今日は今とても仲の良い信頼できる友だちからもらったメールで、長戸稔さんのことを知りました。癌の克服など壮絶な人生を生きて来た方の記事です。

http://hrpartyisesibu.blog130.fc2.com/blog-entry-145.html

今、このことについて語り合うべきかどうかはわかりません。ただただ支援する時期かもしれません。だけど、とても興味を惹かれる文章でした。

わが家はぼろぼろなので震災に備える対策を考えなければならないのかもしれません。そして、対岸の火事と捉えず、自分の身を守ることを考えるべきかもしれません。明日にも中部・東海に大地震が来るかもしれません。

でも、ボクは自分の身を守る前に、今現在苦しんでいる方の支援を考える時期だと個人的には思っています。それが正しいかどうかはわかりません。ボクはそう思うだけです。意見の違う方を非難も中傷もしません。ただボクはそうしたいと思っています。

2011年3月15日 (火)

ボクにできること

今日、申告の期日を迎えました。途轍もない数の電話をこなしました。仕事終わって、少し感動をしました。またひと山越えました。これからも内部処理はとても忙しいので、まだまだだけど、多分もう乗り越えられます。本当にこの日が来るのか、実はとても心配でした。この日を迎えることができたこと、これを支えてくれたすべての人々に感謝です。

昨日から、暫くの間だけでも節電をしようと、少し頑張ってみようと思いました。小さなことだし、ボクが頑張っても何にもならないかもしれないけど、みんながやれば少しは違う。中部電力と東京電力が互換性がなく、電力を分けてあげられないとしても、何か動きたかったんですよね。

今日は、絶対無理だと思っていた義援金を、何とか捻出できないかと思い、相方と話をしていました。で、来週予定していたコーチングをキャンセルして、その費用を義援金に充てたいな、と思いました。早速、コーチの方に電話して気持ちを伝えました。快く了解してもらえて、とても嬉しかったです。必ず、お金を少しだけですが送ります。このお金はコーチの方の気持ちも入った大事なお金です。額はわずかですが、想いがたくさんこもっています。何かに少しでも役立ったら嬉しいです。

いろんなチャリティや募金活動をしている方々を尊敬しています。その活動を支援して呼びかけている方、ネットで紹介している方、それから「自分はやってるよ」とかまったく言わずに、伊達直人のように活動されている方、すべてを尊敬します。そして、ボクも見習って小さなできることを続けたいです。

そうして、この気持ちを理解してくれた方に感謝します。ありがとう。

2011年3月14日 (月)

協力

今朝、仙台のお友だちから、「無事です、心配しないでください」と電話が来ました。ほっとしました。よかったです。地震が起きてから、すごく気になっていたのだけれど、「大丈夫か、大丈夫か」と騒げば混乱するだけだし、たくさんの電話やメールが来るだろうから、と思って初めは控えていました。でも、翌日になっても心配になるばかりだったので思わず「大丈夫ですか?」とだけメールしておきました。今朝になって電話があり、仕事に出かけるところだと言うことでした。でも、直撃はなくてもまだ余震があったりいろいろ不安なことがあるだろうから、ぜひ頑張って乗り切ってほしいと思っています。

今日は職場で4時過ぎにボクの携帯だけアラームがけたたましく鳴り、開いてみたら地震速報のauからのメールでした。ボクの携帯だけだったのですごくお騒がせでした。結果的に揺れは何も起こらず、本当に単なるお騒がせものになってしまいましたが、実際にもし揺れが起きていたらと思うと、必要な警戒音だったんだと思います。びっくりしたけど、こうして少しでも被災が減ったら素晴らしいことです。

そんななかアメリカに住む友人からも日本のみんなが大丈夫かどうかのメールが先日届いていました。「名古屋は大丈夫だよ」というメールを送った後で、とても冷たいメールを送ったような気がして、反省の文章をまたすぐにメールしました。アメリカの友だち曰く、「日本人として何もできない自分に後ろめたさを感じる」というような内容でした。そして、義援金を送ったとのことでした。そのときは「偉いなぁ」って思ったんですよね。

だけど、さほど裕福でもない近所のお友だちが、必死に何かできないかと義援金を送った話を聞いたり、別のお友だちが「何かしたくても何をしたらいいかわからない人たちへ、今はもりもり食べていざという時動けるようにしておくことが大事じゃないか」とネット上でつぶやいていたのなどを読んだりして、ボク自身がいかに冷たくて他人ごととしか思っていないのかを痛感しました。「悲惨だなぁ」とか「大変だろうな」とか思いながら、何もしないでいる自分に腹が立って来て凹み始めました。ボクは気持ちを汲み取ろうとは思っているけれど、何かをしようとは思ってもいなかったんですね。思えば、阪神淡路大震災の時も他人ごとでした。つい先日のニュージーランドの地震の時も。まして、日本人が巻き込まれていないチリや中国やインドネシアの大地震の時は映画を見るかのような気持ちでしか見ていませんでした。ボクは多分、アメリカの友人よりもずっと遠い外からしか見ていない。ひどいもんです。こんなんで「マイノリティのパイオニアになりたい」なんて出来るわけがない、やさしさや思いやりのかけらもない人間のように思えてきました。

被災地の外にいるボクらを含むすべてのみなさん、今は一致団結して協力すべき時期ですよね。お金じゃなくてもいい、気持ちだけでもいいのかもしれない。でも、何か出来ることがあるはずです。電力の節約かもしれない、ネット上の喚起かもしれない、やさしい言葉やいたわれる音楽や映像の提供かもしれない。ボクにも出来ることが何かあるはずです。何かをしたい、ほんぼ微力でもいい、何か力になりたい、動きたい。今はそう強く思います。みんな、何かしましょう。出来ることを考えましょう。今日は冷たい非情な自分を受け入れつつ、じっくり人としての自分の出来ることを考えてみたいと思っています。そして、行動を起こせない間は、ただただ、早く穏やかな日常に被災者の方々が戻っていくことを祈り続けたいと思います。

2011年3月12日 (土)

YouTubeを見ていて発見

被災地のみなさん、お見舞い申し上げます。
早くみなさんがライフラインを回復し、穏やかな生活を取り戻されることを強くお祈りします。
そして、大事な人々を亡くされた方々にも、早く元気になっていただきたいです。

被災地の状況をニュースで見たり、YouTubeでいろいろ見ていました。そんなおり、最近、ボクが初めてはまった洋楽ジャニス・イアンの歌を思い出したりしていたんだけど、レンタルで見当たらなかったので、YouTubeで動画がないかついでに捜したりしていました。こんな時、娯楽関係の記事をアップすることに抵抗を覚えたんだけど、いろいろ調べているうちに発見したことがたくさんあったので思いきってブログにしようと思いました。

ジャニス・イアンのいちばん好きな歌は、1976年に放映されたTBS系のドラマ「グッドバイ・ママ」の主題歌でした。「恋は盲目」です。

Aftertone_400

下北沢を舞台に母子家庭の日常を綴ったドラマ。あと1年の命しかない坂口良子演じる女性が、残して行く2歳の子どものために父親を見つけようと奮戦する作品。坂口良子が娘のりちゃんのバースディ・ケーキを買いに行く途中で発作が起き、雨中の空き地で死んで行くシーンで子猫が横切る場面が印象的でした。脚本を市川森一が書いてるのもびっくりしたし、若き日の風間杜夫なんかも出ているんですね、覚えてないけど。

ジャニス・イアンがこのドラマの音楽を務め、主題歌にしたこの曲が当時の洋楽異例のヒットを飛ばしました。今回アップするに当たりデータを調べたところ、何と彼女は2003年にレズビアンであることをカミングアウトしていたんですね。びっくりしました。共感するはずですね。後に山田太一が演出したドラマ「岸辺のアルバム」でも「ウィル・ユー・ダンス」が主題歌になって話題になりました。アルバムが探してるけどないんだよな。amazonで買うかな。

↓動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=naGt-FFL7Ww

音楽ブログ「豆腐の Music Life」でも動画見れます。

http://plaza.rakuten.co.jp/torff/

◎作品データ◎

「恋は盲目/ジャニス・イアン」
原題:Love Is Blind / Janis Ian
1976年1月1日発売アルバム「愛の余韻/AFTERTONE」に収録

2011年3月11日 (金)

お見舞い申し上げます

被災者のみなさま、そして影響を受けているみなさま、お見舞い申し上げます。

名古屋はさほど被害はありませんでした。それでも、気分の悪くなるようなめまいのような横揺れをかなり長い間感じました。仕事中でした。

今日は何を書くか、考えていましたが、そんなことより、大変な想いをされている方々にお見舞い申し上げます。

どうか、がんばってください。

2011年3月10日 (木)

DVD『インビクタス/負けざる者たち』鑑賞

爆発した~いっ!

しませんけどね(笑)。さすがに優等生するのも疲れが出てきましたね。あと、早くて1週間でこの状況から抜けられるので、多分上手に処理していくのでしょう、ボクは。

あ~、やんちゃしたいなぁ。おイタしたい。とりあえず、明日頑張れば土日。また予定入れていないので、きっと心と体に上手に折り合いをつけながら、居酒屋でも数時間行ってうまくこなしますねぇ。たまには爆発っていうのも、4月になっていろいろ決まってからにします。

さあ、今日はいらんことを書きそうな雰囲気なので映画の感想でも書きますか。

やっと最近見た『インビクタス/負けざる者たち』です。古いけど。

Invictus_400

舞台は1994年の南アフリカ共和国。ネルソン・マンデラは反体制活動家として27年ものあいだ投獄されていたが、この国の初の黒人大統領となった。それまで政府の主要ポストを占めていた白人官僚たちに、マンデラは初登庁の日に職員たちを集めて「辞めるのは自由だが、新しい南アフリカを作るために協力してほしい。あなたたちの協力が必要だ」と呼びかけた。一方、南アフリカ代表のラグビーチーム「スプリングボクス」は当時低迷期にあり、黒人選手もわずか1人しかいなかったため、ラグビーはアパルトヘイトの象徴として黒人の国民のあいだでは非常に不人気なスポーツだった。マンデラはこのチームが南アフリカの白人と黒人の和解と団結の象徴になると考え、チーム名とユニフォームの存続を求め周囲を説得、一方でチームの主将スランソワ・ピナールを茶会に招いて言葉を交わし、励ました。スプリングボクスのメンバーたちはマンデラの意向で、貧困地区の黒人の子どもたちにラグビーの指導に赴かされた。当初それを不満に感じていたメンバーも、国民のあいだでチームの人気は少しずつ高まることで、自分たちの存在が国内のみならず世界的に注目されていることを知るに至った。スプリングボクスは自国開催の1995年ラグビーワールドカップで快進撃を見せ、ついに決勝進出を果たした。全南アフリカ国民が見守るなか、強豪ニュージーランド代表オールブラックスとの決勝戦が始まった。

ジョン・カーリンの原作を基にアンソニー・ペッカムが脚本を書き、クリント・イーストウッドが監督したドラマ。南アフリカ共和国大統領ネルソン・マンデラと同国ラグビー代表チームのキャプテンとの人種を超えた友情を描く。

「アパルトヘイト」という単語が何度も飛び交う、黒人人種差別を描きながら、スポーツ映画としての醍醐味も見事に取り入れた映画でした。クリント・イーストウッドっぽくない、王道な感動映画の雰囲気があって、微細な気持ちの機微の表現というよりは、人種差別とそれを「赦し」という言葉で包み込んでしまう南アフリカ黒人初の大統領の熱く優しい人間像をフューチャーしながら、ラグビーを通してスポーツ映画独特の感動もさせてくれるような、普通に感動できる映画でした。先日紹介した『しあわせの隠れ場所』もアメフトが題材になっていたけれど、どうも勝ち負けの世界が苦手で、勝ち負けでなく誰でも仲良くお互いを尊重しながら生きていきましょうよ、ってスタンスなんで、どうも勝ち得た勲章を素直に喜べない感じはあります。でも、この映画は人種差別を「赦し」という包容力で包み込んでしまう大統領の人間性が素晴らしい。ボクはあらゆる差別に、今、敏感になっているので、この映画は実にタイムリーでした。難しい映画ではないし、悲惨なシーンはあまりないので、みなさん是非見てください。でも、この映画がキネマ旬報で昨年の2位の外国映画に選ばれたのは意外でした。

↓トレイラーです。

http://www.youtube.com/watch?v=lZ1pPjZpPdw&tracker=False

◎作品データ◎

『インビクタス/負けざる者たち』

原題:Invictus

2009年アメリカ映画/上映時間:2時間12分

監督:クリント・イーストウッド

出演:モーガン・フリーマン, マット・デイモン, トニー・キゴロギ, パトリック・モフォケン, マット・スターン

2011年3月 9日 (水)

不安が少し

昨日はブログお休みしました。DVDを観ていたら時間がなくなってしまいました。

あとちょっとで繁忙期の山を越えるので、もう少しの辛抱ですが、その直後に異動の内示があり、「どきどき記念日」を間に挟んで、次は新しい慣れない職場でのお仕事になります。忙しいところには行きたくない希望は伝えてありますが、どうなることやら。1週間前しかわかりません。

母が、体のあらゆる所の筋力が落ち、おしりの筋肉が緩んで腸が出て来てしまうようなので、もしかしたら手術になるかもしれません。体力的年齢的なリスクも考えると手術はしないかもしれません。4月の10日には施設の春の大交流会もあります。参加する予定で施設に伝えてありますが、自分にゆとりがないといい傾聴や声かけはできませんね。

それもあってか、なんだかそわそわというかざわざわというか、少し不安な感じがしています。不安定というか…。仕事もプライベートも適度に抑えながらそこそこ満足も得られ、うまくいっているんですけどね。

今週も折り返し点、なんとかうまく乗り越えよう。

折りを見て、良かった映画DVDの紹介をしますね。

2011年3月 7日 (月)

うまく行き過ぎ?

新しい1週間が始まりましたね。安定しているけれど、いつも弱っていく時期だし、まだ忙しいし、実は正直かなり綱渡りです。予定を入れないように、じっくり油断せずに休みながら、気持ちを保っています。

母も、姉から様子を聞く限り、日に日に衰えているような気がします。

すこぉしだけ、焦りが出てきたかなぁ。このごろちょっとうまく行き過ぎていたもんな。多分今のボクはこのまま不安定に乗り越えていくんだけど、ホント油断禁物だよね。

昨日はボクのスタンスにとてもよく似ている(と勝手に思っている)若~いお友だちから電話があり、じっくり話すことができて、とても嬉しかったです。なんて言うか、少しもがきながら、でも、前を向き、上を向き、じっくり歩いている人たちが大好きです。安定している人は憧れるけど、一緒に歩いて行く感じがしないですね。引っ張っていってくれるのもとても嬉しいけど、時に、自分と同じくらいの立ち位置の人と、指導を請う感じでなく、愚痴も言い合いながら励まし合うっていうのは、とても気持ちがいいです。

昨日、長く書きすぎたので、今日は週の初めだし、短めに。みんな、がんばって春を迎えましょう。ま、がんばらないでいいけど(笑)。

2011年3月 6日 (日)

70%の速歩き

今日は、1日買い物にも出かけずに家にいました。やってたことは、自分の体に優しい料理と、睡眠と、DVD鑑賞。このあと、ブログや日記を書きあげて、お風呂に入って、就寝です。土日、予定を入れなくて少し物足りない感じもありますが、また明日からの仕事を1週間こなすために必要な休息と栄養を取れた気がします。上出来、上出来。

また平日は複雑な想いや気持ちの機微を細かく書き残すことは出来ないので、今日なるべくたくさんのことを書いておきたいです。

以前、「マイノリティのパイオニアになりたい」ということを書きました。日本語で言う「先駆者」は英語で言うと「パイオニア」と訳せるけれど「フロントランナー」とも訳せますよね。「フロントランナー」というのは少し違う気がしていました。ボクは先頭に立ちたいわけでなく、マイノリティの人たちが歩いて行きやすい道を切り開きたいだけなので、「パイオニア」という方がしっくりきます。単に、生きていくのが苦しい状態は、これからの人に少しでも感じないでいて欲しいという感じです。

ゲイという分野で言うと、新宿二丁目のようなところで同じ仲間で楽しくやるのもとても重要だと思うけど、普通の場所でも堂々とゲイでいてもみんながなんとも思わないような社会が出来て欲しいと思っているわけです。またいずれ映画紹介をするけれども、この土日で『インビクタス/負けざる者たち』という映画を見ていて思ったことがあります。人種差別の映画を見てるといつも思う感じ、アメリカとかで、普通に黒人の方が街を歩いていても不自然じゃないように、性差別もなったらいいなと思ったりするんですよね。まあ、スラム街で上流階級の人が歩いていると違和感がある社会はまだまだ感があるんだけど。ボクの出店で居場所がひとつ増えたらいいな、ってイメージがあります。「先駆者」という言葉はおこがましいけれど、おごりも何にもなくて、ただただボクの生き方は息苦しく見えるんだな、って受け止めているんですよね。ボクの繕っている感じに苦しみはないんだけど、人にはそう見える。そして、昔はこの仮面をかぶっている感じが辛かったという感じ。このずれがほんの少し小さくなっていかないかなって思うんですね。

この頃、生き方に違和感を感じている人たちとよく話をする機会があって、ゲイとか鬱とかに関わらず、なるべくみんなの社会通念やモラルが緩くなっていったら、社会の受け入れる器が少し大きくなったら、随分と楽になる人が多い気がするんですね。店を出すことで、それが簡単に解消できるとかそういうことではなくて、ボクが運動の中心となって動いていくことでもなくて、ただひとつそういう居場所を増やしてあげる程度のことをしてみたいんですよね。店が成功したら、ボクはきっと次のやれることを見つけていくんだと思うんです。それがボクがこういう風に生まれ育ってきて、これからも生きていくための、使命のようなものだと思うんです。迷惑をかけていた時期の恩返しという意味も込めて。

ただ、まだ回復して1年も経っていない、そんな自分に突っ走ることはまだ早いですよね。少し駆け足くらいがちょうどいいかもしれません。時々、公園のベンチで休みながら。

大学で単位を取るとき、60点は可、70点は良、80点以上は優、60点未満は不可だったように思います。人生の普通に生きている合格点が60点として、ボクは時には50点もあるけれど均して70点くらいでいれるような状態がいいかな、と思っています。昔は100点じゃないと合格点を自分にあげられなくて、99点でも98点でも0点と同じでした。時には100点でいるために120%くらいのパワーで頑張っていたように思います。そのくらい頑張らないと社会では生きてゆけないはみ出してる人間だと思っていたんですよね。それが今は80点くらいでも合格点をあげられるようになりました。でもそれはまだ自分に厳しいし、自分の体には無理をさせています。もう少し、60点くらいでも自分に合格点をあげたいです。そして、自分にハードルを下げた分は無理をしない程度に人のために費やしていきたいんですね。まあ、自分の60点の中にも、人のためにしてあげられる分も入っているように思うけれど。

そんな風にしながら、器の大きい、包容力のある、どっしりとした安定感のある、でも雰囲気はやさしい、将来の豆腐さんをイメトレしながら今は精進しています。

みんな、楽に楽しく生きていこうね。自分も少しずつそうなっていきたいです。人のことの前に、まず自分が自分を達観できるようにならないといけないけれど、がんばらなくても、それができる日が来ると信じています。

と、真剣なことを書いてしまいましたが、このゆったりとした土日のように、ゆとりをいつも持った感じで、5%くらいの上り坂を上る感じで、ときどき休みながら少しだけ速歩きをしますね。生き急がないように、いっぱいいっぱいに見えない程度に。

さ、明日からまた繁忙期の仕事を頑張ろう。ブログはまた週末まで緩くなります(笑)。

2011年3月 5日 (土)

休息が充実であること

今週も頑張れたご褒美に今から居酒屋で発散してきます。

先週、時間が足りなくて作り損ねた卵フォンダンの方のラスクを今日は持ってお出かけです。ちょっと自信ありです(笑)。

今日は朝遅めまでしっくり寝て、10時過ぎからメンタルクリニックに出かけ、帰ってきてDVDを観て、それから仮眠を取って、食事も簡単だけどお野菜いっぱいにして、気持ち的にはかなり充実した休息をしたように思います。ちゃんと1週間頑張った自分にご褒美をあげる感じで、じっくり休んだ上で軽く飲みに行く、これは多分今のボクにとても重要なことなんだと思います。

明日はまったく出掛かけない予定なので、どのように充実して負荷の少ない素敵な休日を過ごせるかわかりませんが、またあさってからがお仕事頑張れる気になるような日曜日にしたいと思います。

メンタルクリニックの心理士に、今日「マイノリティのパイオニアになりたい」という想いが出て来たことを話してきました。今のボクにはいい感じだと言ってもらえました。嬉しいです。

さ、出かけよっ♪

2011年3月 4日 (金)

どきどき記念日

あ~、やっと1週間が終わりました。と言ってますが、意外と慣れて来た感じがあって、疲れてはいるもののへとへとではなくなって来ているかもしれません。多分、あと2週間くらいがヤマでしょう。

そしてそのつぎにはきっとボクの転属先がわかることになりそうです。4月になる1週間前です。あんまり楽しみではなく、「どこに変わっちゃうんだろう」って感じです。今の仕事は嫌だけど、こんなに頑張れることもわかりました。難しいですね。夢の達成へちょっと大きな踏み出しをするのはいつなんだろうかって思います。

今日のタイトルは楽しそうなタイトルですが、実はそうでもありません。昨日のブログで、3月に2度狭心症の発作を起こしていると書きました。3月26日と書いたと思うけど、調べてみたら3月28日でした。2000年の3月28日と2006年の3月28日に異型狭心症の発作を起こし入院しました。2週間くらい前の「たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞は三寒四温の時期、暖かい日が数日続いた次の寒さがぶり返した日に起こりやすいと言っていました。この時期に発作を起こしたのは案外普通のことだったのかもしれません。ボクの異型狭心症は、心臓自体が悪いわけでなく、心蔵の奥の冠動脈がストレスで痙攣を起こして攣縮すると起こるものです。なので、今のボクの安定した心の状態なら起きることはないと思います。心臓の薬だけはやめずに飲んでいるし、あまり神経質になり過ぎないようにしようと思っています。とはいえ、2回とも同じ日というのはちょっと不気味ですよね。今日から3月28日をボクの「どきどき記念日」と名付けて呼んでみることにしました(笑)。春先に無理をしないように心の隅に置いておきたいです。

明日の夜は、いつもの居酒屋に行って発散する予定です。この発散が大事。飲み過ぎはせずに楽しもうと思います。

そうそう、余談ですが、先週の居酒屋でボックスで飲んでいた時、ボックスからはカラオケのリモコンの電波が本体に届かないので、カラオケがうまく入らないねって話していました。かつてはよく鏡を使って反射させていましたが、先週は鏡が近くになかったので、マスターの瞳で反射させてみることに。当然それでは無理なので、自虐的にボクが帽子を脱いで、ボクの頭のてかりで反射させてみました。そしたらなんとカラオケが入るじゃないですかっ。自分でやっておきながら、そこまで禿げてないよなぁ、なんて凹みかけました。試しにもう1度やってみたらまたちゃんとカラオケ入る。みんな大笑いでした。ま、いっか、みんなが喜んでくれるなら、帽子くらい何度でも脱ごう(笑)。

そんな楽しい時間を過ごしながら、この危ない3月を乗り切っていこうと思います。まずはその前に職場の繁忙期を乗り切らないといけないですね。

土日でDVDを2本観る予定です。明日はメンタルクリニックと居酒屋、あさってはじっくり自宅でDVD観ながらの休息日です。本当は確定申告が必要かどうか、計算しないといけないんだけど。税金の申告を仕事にしておきながら、自分の分をおざなりにしていてはいけません。ちょっとチェックです。きっと土日はあっという間に過ぎていってしまうんだろうな。出来る限り、休日を堪能しますね。

2011年3月 3日 (木)

DVD『しあわせの隠れ場所』鑑賞

今週もなんとか終盤を迎えることができました。あとは明日を無難に乗り越えれば土日が待っています。土曜はメンタルクリニックのカウンセリングがあるけれど、他は予定なしです。しっかり休息したいと思います。

さて、毎日のように、映画が観たい、映画が観たいと叫んでいますが、映画館は昨年7月1日に『マイ・ブラザー』を観に行って以来行っていません。自宅でDVDを観るのも去年の10月11日以来観ていませんでした。先月26日に相方が借りて来たDVDを久しぶりに観ました。やっぱり映画はいいですね。観てから暫く経っちゃったけど、今日紹介します。よかったらみんなも観てね。昨年サンドラ・ブロックがこの作品で主演女優賞を獲得しました。『しあわせの隠れ場所』です。

Blind_side_400

父親の顔も知らず、母親とも引き離された10代の黒人少年マイケル・オアーは、家も寝るところなく、ホームレス同然の生活をしていた。ある真冬の夜、Tシャツと短パン姿で歩いていた彼に、白人女性リー・アン・テューイが声をかけた。マイケルが娘のクラスメートだと知った彼女は、夫のショーン・娘のコリンズ・息子SJと暮らす豪華な邸宅にマイケルを招き入れた。最初は憐れみから一夜の宿を貸しただけだったが、リー・アンはマイケルの瞳に特別な輝きを見出した。初めての愛に溢れた家族の暮らしに喜ぶマイケルの姿に、テューイ家の人々は、何事にも感謝しながら生きる幸せを学んでいった。マイケルの後見人になったリー・アンは、学校の成績はよくないマイケルに、ある才能が隠されているのを発見した。マイケルの大きいけれど敏捷な肉体と、仲間を守る保護本能に秀でた心は、アメリカン・フットボールの選手にぴったりだった。家族の応援のもと、マイケルは注目の選手となり、あらゆる有名大学からスカウトが来た。しかし進路をめぐり、リー・アンが自分を引き取った理由に疑問を持ったマイケルは、言い争いの末、家を出ていってしまう。

一度はホームレスになるなど過酷な少年時代を過ごしながらも、ある家族との出会いによって自らの才能を開花させ、ドラフト1巡目指名でNFLデビューを飾ったマイケル・オアー選手の感動の実話をサンドラ・ブロック主演で映画化した作品。原作はマイケル・ルイスのベストセラー・ノンフィクション「ブラインド・サイド/アメフトがもたらした奇蹟」。監督は「オールド・ルーキー」のジョン・リー・ハンコック。

サンドラ・ブロックは元気でちゃきちゃきしながらも社会貢献へ意欲を示す女性を好演、夜ベッドで夫に洩らす弱音が絶妙。この演技ができれば、もっとシビアな演技も大丈夫だと思いました。作品としてはちょっと小ぶり。だけど、今コーチングを学んでいるボクには、社会貢献の意味も考えさせられ、心からの見返りを求めない愛情の偉大さを感じさせられました。結構好きな映画です。ボクも、あの主人公(サンドラ・ブロック)のようになりたいです。邦題が少しダサいと思ったのはボクだけでしょうか。

↓トレイラーです。

http://www.youtube.com/watch?v=awZF4Oyoir0

◎作品データ◎

『しあわせの隠れ場所』

原題:Blind Side

2009年アメリカ映画/上映時間:2時間8分

監督:ジョン・リー・ハンコック

出演:サンドラ・ブロック, ティム・マッグロウ, クィントン・アーロン, ジェイ・ヘッド, キャシー・ベイツ

そんなわけで、また少しずつこういう時間も作りつつ、安定した気持ちで生活していきたいと思っています。

2011年3月 2日 (水)

超繁忙期ピーク突入

最近、映画賞の予想をしているせいか、無性に映画を観たくてたまりません。仕事一段落したら、まず映画を観に行こうと思います。やりたいことはたくさんありますが、受け身で楽しめてただただ感じる、そんな時間を過ごしたいです。

いよいよ確定申告の時期も終了間近で、超繁忙期に入ってきました。おそらく今頃はまだ同僚も働いているかもしれません。ボクは、まだ定時までしか働けない管理区分なので、定時で帰れますが、なるべくみんなに内部事務の仕事をしてもらえるように、電話は全部取るくらいの勢いで、その間に少しづつでも内部事務の作業に参加できるように努力しています。結構くたくたで毎日を終えていますが、ほんの少しだけ、このスピードに慣れてきた気がします。3月終わるまで体がもつのかな、って心配していましたが、今は逆に少し楽になってきている気がします。体の声を聴きつつ、「無理」とか「我慢」に繋がらないように調整していきたいと思っています。

2月になると、いつも大変な決断をしたがる傾向にありました。ブログの閉鎖・再開、医療機関でないカウンセリングやコーチングの開始、カミングアウト、ここ最近みんな2月でした。今回はこのブログの鍵を外し、mixiの日記を仲良しさん以外にも公開することなどを考え始め、また壮大な夢の構想を持ち始めてしまいました。夢は発表したけど、シールドを外すのは敢えて少しやめてみました。仕事落ち着いて、異動があって、新しい職場にも慣れ、それでもこの想いが途絶えなければ、発信主体の公開形式にしようと思っています。それには、もうひとつ理由があって、いままで2度の心臓発作が、2回とも3月26日。2000年と2006年。3月はヤバいんですよね。せっかく職場も異動になると思うんで、そこでリニューアルかな、って思っています。今は気持ちを膨らませて、準備の段階だと思っています。

今月15日までは、また更新がスカスカになるかもしれません。見捨てないでくださいね。

ではでは。

2011年3月 1日 (火)

第83回アカデミー賞結果

うーんと、うーんと…、名古屋市職員の冤罪かもしれないガソリンかぶった自殺事件があまりにも痛々しくて、少し凹んでいます。これは、ちょっと辛いっす。

昨日、ナルちゃん主催の夢cafe♪に参加して、新しい夢をまたひとしきり熱っぽく語ってしまいました。このまま進んでいいんだというような想いが固まってきました。みなさん、ありがとうございました。

Cafe2011feb_400

参加者のゆっきーさんの作るパンはボクの大好物です。

Cafe2011feb_400_2

くるみの乗ったチーズのパンは冷めてもおいしいピザのようでした。封を開けるとチーズの香りがとてもしておいしかったです。

Cafe2011feb_400_3

いつものベーグルはブルーベリーが入っていて、こちらもとてもおいしかったです。

Cafe2011feb_400_4

そこで持って行ったラスクです。このラスクは改めてまた紹介するかもわかりませんが、袋に入っている方がチョコレートラスク、裸になっているのが卵フォンダンラスクです。簡単に作るつもりでラスクにしたのに、すごくいいお菓子が出来上がりました。もしかしたら、これを売りにするかもしれません。ナルちゃんのカフェインレスの紅茶でゆっきーさんのパンをおいしくいただきました。

さて、話題満載ですが、今日は、昨日発表になった第83回になる米アカデミー賞の結果を復習です。◎が獲ると予想したもの、○が対抗と予想したものです。

第83回アカデミー賞

【作品賞】 ◎「英国王のスピーチ」

【長編アニメーション作品賞】 ◎「トイ・ストーリー3」

【監督賞】 ○トム・フーパー「英国王のスピーチ」

【オリジナル脚本賞】 ◎「英国王のスピーチ」

【脚色賞】 ◎「ソーシャル・ネットワーク」

【主演男優賞】 ◎コリン・ファース「英国王のスピーチ」

【主演女優賞】 ○ナタリー・ポートマン「ブラック・スワン」

【助演男優賞】 ◎クリスチャン・ベール「ザ・ファイター」

【助演女優賞】 ◎メリッサ・レオ「ザ・ファイター」

【外国語映画賞}】 ◎「イン・ア・ベター・ワールド」(デンマーク)

なかなかの結果で満足しています。監督賞と主演女優賞が少しずれましたが、これも、敢えて冒険した感じで触れていたことなのでとてもよかったと思っています。まあ、競馬予想みたいなもんです(汗)。自己満足で赦してください。

では。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31