フォト
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

社会に追いついてきた

土日、アメリカからのお友だちと遊び、月曜日は夢cafe♪、昨日今日と2時間残業、信じられない日々を過ごしています。疲れているかといえば、今日は大雨で帰り道疲れたけど、思ったより疲労感はないです。

とはいえ、ブログをゆっくり書いている時間がない。

7時半まで残業すると帰るのが9時半になってしまう。毎日のお弁当も夕食も作るのさぼっています。5月2日まで予定が詰まっています。3日からの連休は休めそう。

そんなわけで、ちょっとネット上は潜伏しますので、ご了解を。

夢cafe♪で思ったことも書きたいところだけど。

またねぇ~。忘れないでねぇ~。

2011年4月24日 (日)

楽しんできました♪

昨日今日とアメリカから戻ってきているお友だちと遊んできました。

昨日は、自分の採血と薬の処方、母のお薬診察と調剤薬局へ薬もらいに行ったりと慌ただしいまま、すぐ遊びに行ったので大変でした。風邪も治りきってないし。でも、疲れることなく楽しんできましたよ。

アメリカのお友だちは、ホント親友で古くからの知り合いです。ボクのとんがってた時期も間違ってた時期も知っています。いろんな人に見せられない自分を見てもらった間柄です。とはいえ、よく考えてみると、自己主張ばっかりで、お友だちのことはもしかしたらあんまりよく知らなかったかも知れません。昨日今日と、じっくり、かなりじっくり、お話ししました。今まではあんまり愚痴を吐くタイプじゃないお友だちだったので、いろんな苦労があったんだなぁ、と思いました。単身、アメリカへ行って永住するなんてすごいことだよね。それでも、まだまだずっと親友でいてくれる、日本に来れば必ず時間を作って会ってくれる大切な親友です。昨日も会った途端に、昔が蘇ってきて、久しぶりという感じもなく、毎日話しているかのように話せました。

ボクが、夢を持つことになってからは初めて直接話すので、今考えてることをいっぱい話してきました。どうやら、お友だちから見ても、去年までのようなくすぶった感じも感じなかったようで、もうボクは大丈夫なんだと伝わったみたいです。

本当によくわかってくれている人は、みんな応援してくれるね。ありがたいことです。2日まで滞在するようなので、また会えそうだったら会っておきたいと思います。

明日から暫く途轍もなく忙しいので、今日は早く寝ますね。きっとぐっすり眠れることと思います。

ちなみに、明日は夢cafe♪です。楽しみです。でも、疲れていないといいな。

2011年4月22日 (金)

お友だちの帰国♪

今日もかなり頑張ってしまいました。ゴールデンウィーク前までがかなりスケジュール詰まっています。うまくコントロールしないといけない感じです。でも、ゴールデンウィークはゆっくり休めそうだし、好きなことも出来そうです。だから、来週までもうちょっと頑張っちゃいますね。大丈夫です、体の声はちゃんと聞きますから(笑)。

さて、今日夕方、アメリカに永住している日本人の親友から、日本に着きましたと電話が入りました。明日あさっての土日は、会って遊んじゃいます。多分、明日はブログの更新出来ないと思いますので、よろしくです。もしかしたら、携帯から更新するかもです。

今週は、いろいろ変化があって、忙しかったです。でも、とても充実していました。昨日の残業は、久々に残業手当のつくお仕事だったので、疲れたというより嬉しかったです。明日あさって、遊んで、月曜日は夢cafe♪、木曜金曜とお友だちに会う予定があって、残りの火曜水曜がどうやら残業になりそうなので、大変です。ここは体の声を聞きながらひと頑張りです。まあ、本当に今週は上出来過ぎる1週間だったので、何とか来週も乗り切りたいです。

ブログは飛んだり短かったりすると思いますが、みなさんの状態もいろいろ教えてくださいね。すぐ、お返事できないかと思いますが。

では、今日はこの辺で。今からお風呂入って、今週の自分を褒めまくって寝ます。

2011年4月21日 (木)

いきなり残業してみた

今日から、残業できる管理区分になりました。仕事が山のようにあったので、残業を早速してみました。まだ1日に2時間までしか出来ないので19時30分までの残業でしたが、定時までの仕事からずっと根を詰めて仕事していたので、それなりに疲れました。まだ風邪も治っていないし。

でも、今日の仕事はちゃんと手当がつきます。こんなところまで来れたんだなぁという感慨がありました。帰って来たのが夜9時半前。それから洗濯機を2度回し、洗っている間に明日のお弁当と炊事、お風呂を沸かしたり、洗濯ものを干したりと、休む間もなく過ごして、やっと今、PCに向かっているわけです。

介護していた時の時間のやりくりってどうやっていたんだろう、って本当に不思議に思います。あの時の体の酷使の仕方は、半端なかったな、って思います。1分1秒を惜しみ、寝る時間を削ってでもあれこれしていた時、ボクの体はきっと悲鳴を上げていたんでしょうね。さらにその声を無視するかのようにがむしゃらに生き急ぐように過ごしていた日々。それで、病気になってしまったわけだけど、その経験があるからこそ、今は自分を大切にできる。心だけじゃなくて体も。体の声も聞きながら労わりつつ、日常をこなすということは、とても充実しているけれど、手を抜くということもしていかないと、あの日のボクと変わらない、成長がないってことですよね。

今日はちょっと頑張っちゃいました。ゴールデンウィークまで、少し頑張っちゃうことになりそうです。疲れきってしまうのではなく、充実しているという状態で留めておきたいな、と今は思います。

このあと、ゆっくりお風呂に浸かって、頑張った自分を褒めて癒してあげたいと思います。で、何とか日にちが変わらないうちに床に就こうと思います。

2011年4月20日 (水)

残業できる管理区分に♪

今日はブログ書く時間がなくなってしまったので、簡潔に今日あった出来事を3つ。

携帯のカメラ部分の修理が済んだのでauショップに行ってきました。受け取って、代用機使用中の新しいデータを移そうと赤外線受信をしようとしたところ、赤外線受信が出来ないことが判明。去年の秋には使えたので、今回の修理の段階で使えなくなってしまったのではないかということで、携帯は再入院することになってしまいました。もう1週間くらい代用機ですごさないといけなくなりました。週末にはカメラ機能を使いたかったので、少し残念。代用機だと壁紙モードまでしか画素が足りないんだな。まあ、壁紙までは使えるので、我慢します。保険で無償修理ができるので、よしとしないとね。

それと、今日は、職場の管理医師と面接がありました。そこで、メンタルの状態がいいので、管理区分がひとつ上がり、1日2時間まで、1週6時間までの残業ができることになりました。残業がしたいわけでなく、体力的にも残業できなくていいんだけど、健常者にまた少し近づけたようで嬉しくもありました。明日と来週の火曜日(もしかしたら水曜日も)2時間の残業をすることになりそうです。まあ、いいことだと思うことにしました。無理にいいことだと思わなくても、結構嬉しかったんですけどね。頑張り過ぎないように気をつけたいと思います。

あと、仕事の後、コーチングスクエアのまんちゃんとお話しをしていて、ボクがゲイになった要因のひとつに、もしかしたら父性愛に飢えていたことがるんじゃないかもしれないと思い始めました。ゲイは先天的なものだと思っていましたが、ひょっとしてそれもありうるかなと感じました。ボクが19歳になるまでまで父と一緒に生活したのに、父と話をした記憶がほとんどないんですよね。まあ、それも、簡単に受け入れられることだったので、いい気づきだったのかもしれないです。原因がわかったことで現状が変わるわけではないですしね。父への想いが少し変わったのは良かったことのように思います。

今日はこの3つの出来事があり、印象深い1日になりました。

そんなわけで、明日は何年ぶりかの残業をしてみます。風邪も治ってないし、無理は禁物だけど、せっかく改善された健康状態、明日はじっくり味わって仕事したいと思います。

2011年4月19日 (火)

「すべてを幸せにする鏡の奇跡」読破

風邪、治るというより、悪化しているかもしれません。今朝は、鼻はずるずる、くしゃみは連発、体はぐったりだったので、仕事を休もうと思いました。でも、今日は可燃ごみの日だったので、ゴミだけ出しに行こうと何とか起き上がりました。そうしたら、なんだか仕事に行けそうな気がしたので、1時間遅れで出勤しました。栄養ドリンクを飲んで何とか乗り切りましたが、すごく疲れたような、全然大丈夫だったような。今週と来週と久しぶりにスケジュールが詰まっているので、無理はせずに動きながら治したいんだけど、それは難しそうですね。明日は、管理医師との面接があるので休むわけにいきません。なので、今日も早く寝ないとね。

今日は、また本をご紹介します。いましがた読み終わったかのようなタイトルですが、実はもうとっくの昔、去年末ごろに読んだ本です。というのも、これはみんなにお勧めできる本ではないので。「すべてを幸せにする鏡の奇跡~この世はミラーワールド」です。

400

とある中学校で3年生の担任をしている加々見素子。彼女の日常は問題にあふれかえっていた。学校ではケンカ、暴力事件が絶えず、家庭では冷め切った夫婦関係に、子供たちには距離を感じていた。心をゆるせる仲間もなく、人生の中に自分の居場所がなかった。もう一度人生やり直せたら―。それは叶うことのない夢のまた夢。

そんなある日、突然、異次元の世界に紛れ込んだ素子の前に、ディオス・ペグーロと名乗る紳士が現われた。「ようこそミラーワールドへ。この世は鏡の仕組みになっている」ここからはじまる“究極の叡智”が素子の人生をどう変えていくのか…。

と、データベースから引用のあらすじです。

簡単に言うと、自分の前に現れることすべて、現れる人すべてが、自分にもある部分だということですね。嫌なことが起こった時、腹の立つ出来事があった時、それは自分の中に存在する嫌な部分であるという話です。これを、自分の心に落とし込んで、認めるという作業をすることですべてがうまくいくようになるというものです。

ボクがすべての人には勧めたくないと思うのは、この本の言っていることは、自己否定がまだ強い状態ではかえって悪化するように思うからです。自分のネガティブな部分も凹まずに見つめられる状態になってからにしないと逆効果になると思います。でも、これをすべて受け止めることができるようになれば、むちゃくちゃ楽になれると今感じています。この本の存在を教えてくださった方は、同じ理由かどうかわかりませんが、紹介できる人の状態を見極めて紹介しているようです。ただ、この「ミラーワールド」の世界の話は、ボクが入校したコーチングスクエアでは常識のように話されているので、お断りをしたうえで、ボクのブログでも紹介してもいいような気がしてきたので書いている次第です。他にも似たようなことを言っている本の中に「鏡の法則」とか「ミラーワールドの魔法」などがあります。こちらも紹介したいし、順番としていいかどうかわかりませんが、ボクはこの本がいちばんわかりやすいと思ったので、これを紹介することにしました。

状態のいい方は、ぜひ読んでみてください。去年末のボクには、かなり「目からウロコ」でした。

◎作品データ◎

「すべてを幸せにする鏡の奇跡~この世はミラーワールド」

著者:ROSSCO(ロスコ)

2010年8月初版/株式会社ビオ・マガジン発行

さ、風呂入ってあったまって寝よっと。

2011年4月18日 (月)

今年3度目の風邪

これまで、年に1回ひくかひかないかだった風邪を、またひいてしまいました。今年3度目です。今回はひどくだるいとか倦怠感はありませんが、はなみずとくしゃみがなかなかひどいです。

今年から、体の声を良く聞くようになって、自分の体はそんなに頑丈でもないことがよくわかってきました。これまではだましだましで、体の声に耳を傾けず、むちゃくちゃやっていたんだな、ということがよくわかります。

心の処理がうまくできるようになっても、体をうまくコントロールできなくてはまだまだです。もっともっとへたくそなセルフフォーカシングをして、体にやさしくなろう。そう、今日は心から思っています。

ボクの職場での両隣の人も今日は風邪をひいていました。みんな、この気温変化についていけてないんですね。

みなさんも気をつけてくださいね。

すんません、今日は書きたいネタがあったのですが、風邪なんでこの辺で。

2011年4月17日 (日)

シャンティロータス♪

ここ数日の、日中と夜の温度差に体がついて来ないボクです。昼間は汗をかいてしまい、夜は薄着のまま過ごしてしまって、ついにまた風邪をひいてしまったようです。う~ん、不覚(汗)。ちょっと熱が出そうなんで、気を緩めず寝ないといけないです。

昨日、久々に夕食を作ったので、画像を載せようかな。

20110416_400

今回は、コロッケ・筑前煮・小松菜のおひたし・塩キャベツ・豚汁でした。さらにブルーベリーチーズケーキを2台作ったので、結構キッチンで過ごしました。やっぱり、料理づくりやお菓子作りはボクの日常生活には欠かせない感じです。もちろん、そこにいい反応がないと充実感は得られないんですけどね。昨日も居酒屋でケーキを絶賛されたので、とても幸せです。今日も夕食をちゃんと作ったんだけど、画像を撮り忘れてしまいました。ケーキの画像も撮らなかったしな。

さて、今日は最近仲良くしてもらっているお友だちから紹介してもらったブログをご紹介します。ときどきヨガに行っているお友だちですが、教えてもらったのはヨガとアーユールヴェーダのサロンのブログです。

最近、スィーツチャリティ以来、震災の被災者の方々の支援に繋がるようなブログを書いていません。なので、今日このブログの紹介ができるのは、発信者のボクとしては嬉しいことです。正直、ヨガやアーユールヴェーダにそんなに興味はないのですが、ここで書かれている被災地の状況やボランティア情報は半端ないっす。実際に現地入りしている方なので、切実さは尚更伝わってきました。

そこで、思い切って、ボクのブログに紹介させてもらいたいと連絡して、快く承諾いただいたので、今日は紹介させてもらいます。

↓shanti lotus(シャンティロータス)さんのブログ「shanti lotus~yoga & ayurveda 癒しのsalon~」です。

http://shantilotus.blog46.fc2.com/

shanti(シャンティ)はサンスクリット語で「安らぎ」、lotus(ロータス)は「蓮(はす)」の意味だそうです。肉体的にだけでなく心にも健康的な癒しを与えてくれるとのことなので、被災地支援のことだけでなく、いちど折りを見て癒されに行ってみたいなと思っています。

みなさん、是非、見てみてくださいね。ご承諾いただいたシャンティロータスのアキコさん、ありがとうございました。これから仲良くお願いしますね。

2011年4月15日 (金)

すばらしいカウンセリング♪

最近、やっぱり少し疲れていたように思います。仕事も順調だけど、あまりにも好きなことをやっていなさ過ぎて、先週の映画鑑賞が、やっぱり楽しいこといをやるべきだという想いに結びついたように思います。

先月、義援金を送るためにやめたカウンセリングのひとつを今日受けてきました。今日はメンタルの分野ではボクのメンターである大岳龍昇さんのカウセリングでした。いつも、とても身になるカウンセリングですが、今日はとりわけ元気の出る素晴らしいNLPのワークをしてもらって、ボクのこれからの人生の方向性に、またひとつ確実な確信を得ることができました。

近々、大岳さんのこれまでしてくれたワークのうち、継続して効果のあるワークの内容を、感想として大岳さんにメールすることにしましたので、そのときは、このブログでも掲載しますね。

昨日は久しぶりに料理らしい料理をしたので、時間がかかってしまい、ブログをお休みしました。そういう日はあっていいと今のボクは思っているので、なんともないですが、今日の蘇ってきた元気は、とても貴重なので、どうしてもブログに残しておきたいと思いました。

大岳さんに大感謝です。

↓大岳さんのホームページとブログです。

http://www.ootake-ryusho.com/

http://ameblo.jp/koutoro6859/

2011年4月13日 (水)

「未来は、えらべる!」読破

最近、仕事に介護に、時間を割かれ続けていて、少しわくわくすることに停滞気味です。今日も結構へとへとになりそうなくらい働いちゃいました。「働けど、働けど、暮らし楽にならず・・・」(笑)。ま、いっか(爆)。

そんなわけで、今日もあんまりパワフルではないですが、そろそろまたわくわくすることを考え始めた方が元気になるかな、とか思って、まだブログの溜まっているネタのうちから、ドーフくんの動画を YouTube で聴きながら物色していました。

そうそう、大事なネタをまだ書いていませんでした。去年暮れから読みまくっていたほんの数々の中から1冊を紹介します。随分前に読み終わっているんだけど、「未来は、えらべる!」です。

The_future_is_in_our_hands_400

ベストセラー作家の本田健さんが、2009年12月、ロサンゼルスでバシャール(チャネル:ダリル・アンカ)と、ワクワクを軸にした生き方と、私たちの未来について訊いた内容です。その全編で、「未来は、えらべる」をキーワードにさまざまな興味深いテーマが詳細に語られています。

コンテンツとして【「大好きなこと」が、人生を劇的に変える】【運命は決まっているのか?】【ソウル・メイトを引き寄せる簡単な方法】【2012年、いったい何が起こるのか?】【パラレル・ワールドの仕組み】【豊かさとお金の関係は、こうだ】【お金の未来、資本主義の新しい形】などがあって、各章に本田健の独自コラムを収録しています。バシャール・シリーズのなかでも、分かりやすく、かつ深い対話が楽しめます。

と、この辺は本の紹介としてどこでも書かれていることです。この本は、ボクのしてもらっているコーチングのコーチのひとり、まんちゃんから紹介いただいた本です。

ボクの中では、鬱を克服するにあたって、ふたつの大きな考え方に影響を受けました。ひとつはNLP、もうひとつはSOURCEです。SOURCEについては、前にブログで少し触れました。NLPについては、またいずれ触れますが、ボクの中では、勝手に、SOURCEは「アクセル」、NLPは「ブレーキ」という位置づけをしています。この「アクセル」と「ブレーキ」は、どちらかが悪いとかいいとかというイメージではありません。どちらもボクにとっては大事な捉え方になっています。このどちらに偏っても、ボクはうまく考えが行きつきません。バランスが大事になっています。このイメージがあっているのかどうかはまったくわかりません。どちらも深く学んだわけではないし、齧った程度です。ただイメージとして、SOURCEはボクのやる気をどんどん引き出すもので、NLPはボクの行きすぎる行動や言動を楽な方向へいざなってくれるものになっています。そんなSOURCEの方のさらに最たる考え方が、このバシャールのお話しのように感じているわけなんですよね。時としてSOURCEのようなわくわく感は、無茶な行動をボクにさせるし、現実から離れていくように感じることがあります。バシャールの言っていることは、時々、あまりにも非現実的で、日常を超越しているように感じます。だけど、ボクが夢を持ち、それを実現させていく中で、モチベーションげてくれる宝石箱のような言葉が、この本にはたくさん出てきます。元気をなくしているときは、この本を時々読み返すと、とても元気になれるんですよね。

これ、時期を間違えて読んでしまうと、単なる絵空事になってしまうように思えます。まんちゃんは、ボクのいちばん適した時期に読むことを勧めてくれたように思います。ということで、今日はまんちゃんへの感謝も込めてこの本を取り上げました。よかったら、時期を見計らってみんなも読んでみてください。読む時期を間違えない人にはお薦めです。

◎作品データ◎

「未来は、えらべる!」

著者:本田健/ダリル・アンカ共著

2010年3月初版/株式会社ヴォイス発行

さ、また明日は一生懸命仕事しよう。あさっては、復職後、初の窓口とTV電話の当番です。無事、こなすことができるよう、できたらみんなも祈っていてね。

2011年4月12日 (火)

毎週土曜日の通院

今日は、明日でなくなる心臓の薬をもらいに病院に行ってきました。2週間前、震災の影響で薬の長期間分の処方を自粛しているということで、2週間分しか薬が出せないとのことでした。なので、今日また行く羽目になったわけです。今後は暫くの間隔週で病院に行くことになります。とはいえ、今、定時が5時半までになったので、6時までに受け付けてもらうのは困難。今日は、あらかじめ電話でお願いをしてもらってきました。それで、2週間後は土曜日に行くことにしました。

これで、メンタルクリニックと病院を隔週で重ならないように土曜日に通院、結局のところ、毎週土曜日午前はどこかに通院ということになりました。もうこんなに元気なのにな。まあ、仕方ないです。病院は、当面2週間分までということなので、いずれひと月分出してもらえるようになるみたいです。あくまで、薬がないわけでなく、自粛なんだそうです。23日はそれに加え、久しぶりに採血をしようということになり、このくらいのペースでの検査はこの年齢では必要なのかもしれません。

病院やクリニックは少しずつ減らしていきたいところですが、暫くは仕方がないですね。さすがに心臓の発作は怖いし、眠れないのも辛い。服用する薬の数は減っているんだから、我慢しないとね。

さあ、今日も早く寝よう。

2011年4月11日 (月)

携帯電話入院

どうやら、昨日の施設の春の大交流会とその後の母の傾聴はかなり疲れたようで、今日は疲労感が激しかったです。そこで名古屋でも久しぶりに体感しためまいのような揺れで気分が悪くなりそうでした。東北の方たちはこれ以上の揺れを嫌というほど感じているんですよね。

今日は、帰ってきてから、また溜まった洗濯ものを洗濯したり、夕食作ったり、お弁当作ったりと、忙しく過ごして、今ブログを書いています。この後、早くお風呂入って寝なきゃな、と思っています。

さて、今日は、携帯のカメラ機能がいよいよ最悪になってきたので、auショップに行ってきました。レンズのカバーが割れているので、10日間くらい携帯入院です。しばらく代用機で過ごします。アドレス変えたばかりなのにね。保険に入っているので、レンズ自体に影響がなければ、無料で直ってきます。スムースにいけば、1週間くらいで戻って来るようです。また暫くデジカメ持って歩くだな。

そんなわけで、短いけれど、今日はこの辺で。

2011年4月10日 (日)

第二尾張荘 春の大交流会

携帯のメアド変更が完了しました。必要な方は連絡よろしくです。今日、施設に行って写真を撮ってもらおうとしたところ、カメラのレンズ外のカバーにひびが入っており、修理が必要と判明しました。昨日わかっていれば、auショップでそのまま修理に出したのになぁ。まぁ、仕事の帰りに職場近くのauショップに行った方が取りにも行きやすいのでチャンスを狙うかな。ちょっと携帯関連でばたばたし過ぎています。この土日ちょっと疲れたぁ。

さて、今日は母の施設の「春の大交流会」でした。

2011_400

ボクは目瞑ってるし(笑)。左下の影は携帯のカメラの不具合のせいです(汗)。

毎年の写真を見ると、母がどんどん衰えているのがわかりますね。その分ボクも歳をとっているわけだけど。とはいえ、今日は陽気もよく、母は割とご機嫌でした。夕方までいたので、今日はさらに結構疲れています。

もう、今日で土日の見ごろは最後と思われる桜もキレイでしたよ。施設に割いていた桜の花です。

2011mar_1_400

2011mar_2_400

2011mar_3_400

どっかの桜の木の下で、気の許せるメンバーと酒盛りしたかったなぁ、と思うボクでした。今日は早く寝るかな。

2011年4月 9日 (土)

映画『SOMEWHERE』鑑賞♪

昨日、衝撃的な告知をしましたが、簡単に携帯メアドを変更できずに、今日はあたふたしました。新メアドはあさってくらいしかご通知出来ませんので、ご了承を。

今日は、昨日観に行った映画のご紹介です。スティーヴン・ドーフくん主演の『SOMEWHERE』です。

Somewhere_3_400

ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコはLAにあるホテル「シャトー・マーモント」で生活している。フェラーリを乗り回し、パーティでは酒と女に溺れ、セクシーなポールダンサーを部屋にデリバリーする彼の日々は、表面的な華やかさとは裏腹に、実は孤独で空虚だった。ある日、ジョニーは骨折した腕のギブスに、誰かがサインする気配を感じて目を覚ます。それは前妻レイラと同居する11歳の娘クレオだった。夜までクレオを預かったジョニーは、スケートリンクで優雅にターンする娘の姿を見て、目いっぱいの拍手を送る。クレオを家に送り届けると、乱痴気騒ぎに明け暮れるいつもの毎日が、また彼を待ち受けていた。新作の取材に応え、特殊メイクの型取りをし、俳優としての仕事をこなすジョニー。だが、どこかしっくり来ない。隣室の女と情事を交わし、部屋を出ると、そこには荷物を抱えたクレオがいた。レイラが突然家を空けるため、キャンプまでの間、クレオはジョニーのもとで暮らさなければならなかった。ジョニーの友人サミーを交え、体感型のギターゲームやWii Sportsに熱中する3人。数日後、授賞式に参加するため、ジョニーはクレオをともなってイタリアに到着した。用意されたスウィートはプール付き。だが、クレオが寝た後に、ジョニーは部屋に女を招き入れ、朝食はなぜか彼女を加えた3人で取ることになった。盛大な授賞式に参加するも、疲れ果てたジョニーとクレオは逃げるようにシャトーへ戻っていく。シャトーで過ごす二人の時間は穏やかだった。ジョニーの肩にうもれ、うたたねするクレオ。ジョニーがまだ寝ている間に朝食の支度をするクレオ。卓球・プール・読んでいる小説の話、それは父と娘が触れ合う、ごく普通の風景だった、本来なら。クレオと別れる日が遂にやって来た。車中、クレオは泣きながら言う、「ママはいつ戻るんだろう? パパは忙しいし…」。ジョニーはクレオを抱き寄せることしかできない。別れ際になって、彼はようやく口にすることができた。「そばにいなくてごめん」。独りきりで帰ったシャトーの部屋はいつもとまるで違っていた。ジョニーはホテルをチェックアウトして、フェラーリをどこかへと走らせていく。そして彼は辿り着いた。フェラーリを捨て、もう一度歩き始められる場所まで。

公式サイトにアクセスするとトップにこの文字が出て来る。「日本の友人の皆さまへ。私は今あなた達のことを心から思っています。日本は強さと文化の両面を備えた素晴らしい国です。きっとこの困難を乗り越えると確信しています。心をこめて、ソフィア・コッポラ」

『マリー・アントアワネット』から4年。第67回ヴェネチア映画祭を制したソフィア・コッポラの待望の新作は、すさんだセレブ生活を送る俳優の父と、ティーンエイジャーになる一歩手前の娘が過ごす、かけがえのない日々を描いたハートフルなヒューマンドラマ。『ロスト・イン・トランスレーション』をはじめ、孤独にうつろう心を繊細に映し出してきたソフィアが、親子のひとときのふれあいをやさしいまなざしで見つめた、彼女の新境地を切り開く最高傑作が誕生した。

ということで、あらすじとイントロダクションは、公式サイトをコピーしました(笑)。

正直言うと、この作品がヴェネチア映画祭でグランプリ(金獅子賞)受賞とは?って感じのつまらない映画でした。気合い入れて映画観に行っただけに、ちょっと残念。でも、ずっと出ずっぱりだったスティーヴン・ドーフの魅力を堪能するにはとても満足のいく映画でした。多分、ソフィア・コッポラのこだわりとするカメラワークやシーンの繰り返しが逆に退屈さに結びついちゃった作品。彼女のファンなら理解はあるだろうけど、冗漫なシーンの連続は、スティーヴン・ドーフのファンでなければ眠くなってしまうだろうと思いました。これは。主人公の女たらしで覇気のない空虚な感じを醸し出すのには必要なシーンなのだろうけど、親子の会話などの鋭い胸を突くような苦しい感情を深く掘り下げてくれないと、観客側は退屈に辟易してしまうだろうという印象が残りました。製作に関わった東北新社の50周年がなく、映画祭を受賞しなかったら、日本公開も危うかったのではないかと思わされる出来でしたね。というわけで、ドーフくんの大ファンのボクが見て、こう思ってしまうほどのものなので、紹介して「是非見てください」と言いにくいのが現在の心境です。DVDで見ようものなら、もっと退屈さが増してしまうかな、と思います。でも、駄作の極みというような映画でもないです。ソフィア・コッポラは親日家だし、あの『ゴッドファーザー』のフランシス・フォード・コッポラの娘だし、『ロスト・イン・トランスレーション』では、アカデミー賞の作品賞や監督賞にノミネートされたし、脚本賞は受賞もしてるし、注目の監督さんではあります。まあ、興味のある人は期待をせずに見てください。あ、あと、娘役のダコタ・ファニングの妹、エル・ファニングがいい味出していました。

↓トレイラーです。

『Somewhere』

◎作品データ◎

『SOMEWHERE』2010年アメリカ映画/上映時間:1時間38分

監督:ソフィア・コッポラ

出演:スティーヴン・ドーフ, エル・ファニング, クリス・ポンティアス, ベニチオ・デル・トロ, ミシェル・モナハン

今日はこれから、居酒屋で発散して、明日は母の施設で「春の大交流会」です。明日残らないように発散してきますね。

2011年4月 8日 (金)

緊急告知!

すみません。出会い系サイトなどからの迷惑メールが異常に増えたため、この土日に携帯メールのアドレスを変更します。

連絡したい方の数が多いため、週明けになったら、繋がっていたいという方がいらっしゃいましたら、PCメールやブログのメッセージなどで連絡をお願いします。個別に連絡させていただきます。

ご理解ください。よろしくです。

2011年4月 7日 (木)

感動のメール添付画像

昨日頑張って生活したので、今日は少しサボり気味です。なので、ブログも短めで(笑)。

先日ネット繋がりで仲良くしてもらっているお友だちにお誕生日メールを送ったところ、こんな素敵な画像が添付されてお返事が返ってきました。

400

名前出していいのか本人に訊いてないんで、Aさんってことにしておきます(笑)。うまいでしょ? 絵がとってもきれいなんだ。すごくドーフくんに似てるし。めちゃ嬉しかったんで、承諾得ることなく載せてしまいました。携帯の待ち受けにしちゃおっかな。現物が欲しいな~なんて思ったりして。いつか、「ボクとドーフくんのツーショットを描いて」ってお願いしたいな、なんて思ったりしています。なんて厚かましいんでしょう。

明日の映画にさらにワクワク出来るような今日のブログでした。

じゃっ! おやすみっ!

2011年4月 6日 (水)

なんか元気♪

疲れてないで社会復帰すると、なんだか元気になりますね。

まあ、やり過ぎてはだめだけどね。昨日までより、少しだけアクティブに積極的に仕事してみたら元気出ました。コレ、やり過ぎちゃだめなんだけど、凹みが続いているときは、敢えて少しそうしてみるのもいいかもですね。1日だけでも。

今日は、しっかり仕事して、7時に帰ってから、自分の夕食だけだけどしっかり作って、洗濯もして、お弁当も作って、お風呂も沸かしたりして、ブログも書いて、ちょっと満足です。充実してる感じがします。毎日やらないでもいいな、って思って無理しないでいたけど、たまには充実感を味わうために全部やってみるのもいいかも、って思いました。あとは、掃除関係をやらないといけないですね(汗)。

明日は少しゆっくり気味にして、休息入れて、是非、金曜日の仕事帰りに映画に行きたいところ。実はボクの愛するスティーヴン・ドーフくんの映画が公開されているから、いつもにも増して行きたくなっているんだな。mixiのマイミクさんから「雑誌Safariの表紙になっているよ」と、教えてもらい、珍しく浮き足立っているんだな。このところ、主演作は小さな映画で公開されなかったり、東京だけの公開だったり、すごく遅れたりだったから、名古屋で普通に公開されるのがすごく嬉しい。また1週間で終わってしまうといけないから、今週行っておきたいんだな。最近では珍しいハートウォーミングな父親役です。金曜夜なら少しくらい疲れてもいいし、今週なら夕方も夜も上映されているので。

ちなみに、こんな表紙です。

Safari2011may_400

元気になったのは、映画行くことを決めたからかも。

そんなわけで、久しぶりにはしゃいでいるボクでした。

2011年4月 5日 (火)

さらに減薬…するかも♪

実を言うと少しへこたれていました。いろんなことに疲れがたまっていたのかな。被災者の方のためにパワーをあげたいとか言いながら、元気なくなってきていました。

でも、なんだか、今日夕方から元気でてきました。頑張り過ぎてたかな。自分の器や力量も再認識して、少し休んで、楽になりました。

そんなわけで、いろんな意味で復活しそうなんで、またテキトーにそこそこ疲れないようにやっていきます。

仕事、変わらないまま、係だけ変わって、負荷は少し多くなりました。そのあたり、職場の管理医師や主治医に許可を得ないまま勝手に自分で決めていたので、疲労感が出てくると少し不安になったりしてました。先週土曜日、メンタルクリニック行ってカウンセリングと診察でその辺を話してきました。「もう、それは自分でコントロール出来るでしょ」と言われました。安心しました。人から見て安定していると感じるならいいよね。何よりまた具合悪くなるんじゃないかと心配かけたくなくて頑張っちゃうところも少しあるんで、周りが安心してくれると、ボクも生きやすい。で、今はメンタル系の薬は睡眠薬1錠と導眠剤2錠だけで、それも普通に生活している人が飲んでいるような軽いものだからそのままでもいいんだけど、導入剤は1錠でも眠れそうになってきたんで、減らすかもしれません。

減薬がひとつの喜びになってきました。

2011年4月 4日 (月)

想いを込めて…

ちょうど1週間前の先週の月曜日、ボクにとって結構難関だった「どきどき記念日」を何ごともなく過ごせたことは、とても安心できる出来事でした。そこを越えてなんとか今がある感じがしています。来年の「どきどき記念日」が実は最も不安で、過去2回の異型狭心症の発作が2000年と2006年だったので、来年が怖いんですよね。出来るだけ、気にせずに、でも気をつけて過ごしていけたらいいなと思っています。

今日は、久々に音楽の話題を。 先日のスィーツチャリティを経て、あと何ができるのかと考えると、またチャリティをそのうちやってもいいのだけれど、やっぱり発信しかないですよね。

今日は、大変な方々に少しでも元気や勇気をあげられるあまり知られていない歌を紹介したいな、と考えています。今、音楽ブログ「豆腐の Music Life」では、そんなことを意識しながら時々書いていますが、そっちで最近紹介した3曲を今日は取り上げてみます。よかったら、みんなも元気や勇気をこれらの歌からもらってください。やっと、動画の埋め込み方がわかったので、今日は挑戦してみました。

↓曲の詳細が知りたい方は「豆腐の Music Life」で見てくださいね。 http://plaza.rakuten.co.jp/torff

「絆 / 中孝介」

「届いたらいいな~Gratitude~ / 佐藤竹善」

「遠くで・・・ / コブクロ」

◎作品データ◎

「絆 / 中孝介」

2008年9月3日発売マキシシングル

「届いたらいいな~Gratritude~ / 佐藤竹善」 

2007年6月6日発売マキシシングル「Hey!!」のc/wとして収録

「遠くで… / コブクロ」

1999年7月21日発売アルバム(インディーズ)『Saturday 8:00PM』に収録

2011年4月 3日 (日)

3月のナチュCafe & 夢cafe♪

先週は少し気合い入れ過ぎたかもわかりません。自分の出来ることだけを出来る程度にやり、日常も普通にこなすというのが、今のやり方ですが、少し休むことも必要だなと感じました。母がよく転倒するようになり、そのたびにあざを作ったり、あばらにひびを入れたりするので、そっちもきちんとケアしたり顔見に行ったりしていると、なかなかうまく休めませんね。昨日のソース勉強会も今日の桜*ナチュcafeもドタキャンしてしまいました。

本業の繁忙期やチャリティにかまけて、先月のナチュCafeと夢cafe♪の感想も書きそびれていました。ボクには、とても大事な空間なので時期外れてますがご紹介させてください。

まずは3月21日に特別に企画してもらった2周年記念の「感謝ナチュCafe」。今回はフリートークでパステルアートはやりませんでした。お菓子をひとつずつ持ち寄るということでお腹いっぱいになりました。ボクは約半年の参加だけど、これからも時間を作って参加したいと思っています。

2011mar_1_400

2011mar_2_400

まんちゃんから、cobi factory のいちごタルトとロールケーキ。

2011mar_3_400

でぃさんから、ビアード・パパの作りたて工房のいちごミルクのシュークリーム(季節限定)。

2011mar_4_400

ゆっきーさんから、手作りのよもぎ&桜あんのベーグルとココナッツバー。

2011mar_5_400

2011mar_6_400

junkoさんから、鈴懸の鈴の最中と小倉山荘の嵯峨之焼。

2011mar_7_400 

ナルちゃんから、お土産にもらった坂角総本舗のさくさく日記(帆立)。

2011mar_8_400

これらをナルちゃんが用意してくれた花粉鎮静のティ(ネトル・バラ・ラベンダー・レモンバーム)で美味しく頂きました。

2011mar_9_400

ボクはかぼちゃのプリンを持って行ったんだけど、中が固まっていないという大失敗作で、恥ずかしかったです。みんな味がいいと褒めてくれたけど(汗)。

そして、3月28日は夢cafe♪でした。チャリティ満載の夢cafe♪で、感慨無料になりました。

2011mar_1_400_2

ゆっきーさんのベーグルは、ココナッツ&あんずと鹿の子大納言でした。

2011mar_2_400_2

カメさんが手作りハムを持ってきてくれて、ワインが欲しくなりました。

2011mar_3_400_2

うまうまさんという方から差し入れのうまい棒。

2011mar_4_400_2

これにボクのチャリティ用の焼き菓子詰め合わせとナルちゃんのカフェインレスティで夢を語りました。夢cafe♪の参加費をスクエアの募金箱に入れるということだったので、ボクのスィーツチャリティ分も、募金箱に入れてもらって、わずかながら協力させていただきました。

いろんなことを考えたナチュCafeと夢cafe♪でした。報告遅れてナルちゃんごめんね。

夢cafe♪の日はボクの「どきどき記念日」でもありました。何ごともなく乗り越えられてとてもよかったと思います。今日の桜*ナチュCafeも参加したかったな。

ナルちゃん、いつもありがとう。まんちゃん、でぃさん、それから参加者のみなさんもありがとう。

さ、明日からまた新しい職場でがんばろう。

2011年4月 1日 (金)

新しい職場

チャリティイベントのあと、潜伏していたかのような雰囲気になっていますが、ボクはそうでもなくて、今回の異動にあれこれ動いていました。

今週は、まだ残業できない身分のうえで、TV電話の使い方の勉強や仕事の引き継ぎなどで、遅くまで職場に残っていたりしました。ある意味、同じ仕事で担当だけ変わって席が2列くらい変わるだけというのは、今のボクにはちょうどいい変化かもしれません。今回から、定時で働く仕事の時間が変わったり、窓口の受付や当番のローテーションに加わったりすることなって、それなりにいい負荷がかかっていくことになりました。そんなばたばたもあり、昨日まではブログの更新も出来ず、チャリティイベントの疲れを癒す時間もなかったりしましたが、いい緊張感で今週は過ごせたなと思っています。先週のチャリティ、今週の仕事と、ボクはもっともっと自分に合格点をあげて褒めてあげる方がいいよな、って今感じているところです。

そんなわけで、今日はいろいろ書きたいこともありますが、画像のブログ用のリサイズを処理する感じでもなく、とりあえずぐっすり寝て、また今後に備えたい感じです。

日常を戻しながら、まだまだ長丁場で続く、被災者の支援について思うことを止める気持ちはありませんが、何はともあれ、久しぶりにぐっすり明日の朝寝坊までたっぷりとした睡眠を取れそうなので、今日はこれまでの頑張りのご褒美で遊ぶとかいうのはなくて、眠ろうと思っています。この後はお風呂に入って寝ます。

敢えて言うと、エイプリールフールに風刺の利いた洒落た嘘がつけなかったのが心残りですが、この2週間分の気を抜く時間があまりなかった自分に睡眠は最高のご褒美かもしれません。

今日はみなさんへの感謝とか、被災者の方への応援とか、一瞬忘れて、自分にいちばんやさしくなれるひと晩にしようと思います。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31