フォト
無料ブログはココログ

« 旅行の計画♪ | トップページ | 泣いた赤鬼 »

2011年6月 4日 (土)

映画『ブラック・スワン』鑑賞

最近は日常に追われて、なかなか好きな映画が観られないでいます。今週テンション最高潮の夢cafe♪に始まり、昨日の1週間締めくくりの仕事も区役所窓口派遣で結構疲れが出そうな感じでした。がっ、ずっと観たくて仕方のなかった映画『ブラック・スワン』を仕事帰りに観に行こうと友人に誘いをかけていたので、土曜日ゆっくり寝てればいいし、と行ってきましたよ。『ブラック・スワン』サイコーでした。いや、ボクが好きなだけかもしれないけれど、みんな「怖い、怖い」と言うけれど、ボクがホラー好きだからかもしれないけれど、それでも言います、「サイコーでした」。

Black_swan_400

ニューヨークのバレエカンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生のすべてをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。しかし純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高過ぎる挑戦だった。さらに黒鳥役が似合う新人ダンサー、リリーの出現もニナを精神的に追いつめてゆく。やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われてゆくのだった。

チャイコフスキーの流暢な旋律に彩られ、幻想的な世界が繰り広げられる「白鳥の湖」、このあまりにも有名なバレエの演目をモチーフに、想像を絶する衝撃的な映画が誕生した。主人公ニナは「白鳥」にふさわしい可憐なバレリーナ。しかしプリマの座を射止めるには、魔性に染まった「黒鳥」もなりきらなければならない。バレリーナの試練と孤独、ライバルへの嫉妬や憧れを極限レベルの心理劇として映像化した本作は、人間として秘められた驚くべき二面性や変身願望をえぐり出し、観る者を禁断の領域へと誘う。はたして女神と悪魔さえも息をつめて見守るクライマックスのステージに舞い降りるのは、崇高なる奇跡か、壮絶なる破滅か。かつて誰も観たことのない、圧倒的なカタルシスに満ちた「白鳥の湖」の幕が開く。(公式サイトから引用)

主演のバレリーナのニナをナタリー・ポートマン、振付師をヴァンサン・カッセル、ライバルのバレリーナリリーをミラ・キュニスが演じる。批評面、興行面共に成功を収め、今年のオスカーで作品賞を含む5部門でノミネートされた。主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマンは、幼少期の経験を活かし、1年にわたるバレエ・トレーニングをし、ダイエットで身体づくりも行って賞賛された。ニナのコスチューム(練習着)のデザインを、ドイツ在住の日本人ダンサー兼デザイナーの竹島由美子が担当したのも話題となった。

この映画はサイコスリラーにジャンル分けされているし、ホラーだとも言われているけれど、ボクとしてはドラマ色を強く感じました。大役のプレッシャーに負けて精神を病んでいくイメージなので、あり得ない世界を大袈裟に描いているとは思えないし、ボクが精神的に弱かった時期があったから、そう感じるだけかも知れません。ナタリー・ポートマンの美しさはあまりにも儚げで哀しい。でも、それゆえに壊れそうな美しさが際立っていたと思います。『レオン』や『スターウォーズ』の彼女からは想像の出来ないほどの演技力を見せつけてくれています。さらに、この映画の魅力は、全編主人公の目線から描かれているからだとも思います。揺れの多いカメラワークは彼女の不安定さを顕しているようにも思えるし、幻想が幻想のままリアルに描かれています。現実と悪夢の境界がわからなくなり、真実が何かが理解できないところもあります。ラストではこのあと彼女がどうなっていくかわからない消化不良感を残し、クライマックスの臨場感のまま終わっていくあたりは実に心憎い演出だと思います。ライバル、嫉妬心、自己超越、親子の確執、注目すべき点が多々ある映画でした。今年のボクのベスト1に絡んできそうな映画です。

怖いのが苦手な人にはお勧めできないけれど、ボクとしてはとてもみなさんに見ていただきたい映画のひとつになりました。

↓トレイラーです。

『ブラック・スワン』

◎作品データ◎

『ブラック・スワン』

2010年アメリカ映画/上映時間

原題:Black Swan

監督:ダーレン・アロノフスキー

出演:ナタリー・ポートマン, ヴァンサン・カッセル, ミラ・キュニス, バーバラ・ハーシー, ウィノナ・ライダー

さ、これから、居酒屋のマスターのお誕生日祝いです。楽しんできます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« 旅行の計画♪ | トップページ | 泣いた赤鬼 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/40260007

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ブラック・スワン』鑑賞:

« 旅行の計画♪ | トップページ | 泣いた赤鬼 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31