フォト
無料ブログはココログ

« 奈良旅行 ~ 奈良ホテル ~ | トップページ | 奈良旅行 ~ 法隆寺 ~ »

2011年7月15日 (金)

奈良旅行 ~ フレンチフルコース ~

平日は仕事とサボり気味の日常で手いっぱいで、なかなか旅行記が書けませんわ。今週もかなり頑張っちゃいました。職場では上司との異動面接があり、こんなに嫌だったはずの今の仕事について、このまま異動せずにやりたいと申告してきました。まあ、チャンスがあればうまく辞めてしまうかもしれないけど。本来の仕事の意義がボクにはあまり合わないのでそこは変わらないんですが、やってること自体は最近認められてきたし、苦手なことも受け止めているので、そんなに辛くはないっていうのもあって、辞めるまで今の部署でもいいかな、なんて思っています。反面、コーチングを活かせるような職務でもいいかな、とかも思ったり。

おとといのお友だちの誕生日祝いや、昨日のスクールの授業でも、また強烈にいろいろ気づいたりしたんで、そんなこともここに残したい感じ。でも、今日は、また旅行の報告の続きをメインにしますね。

今日は、1日目のディナーでいただいた、フレンチのフルコースのメニューを書きます。奈良ホテルは、風格があると言っても、有名なのは和食ではなくフレンチです。フレンチのフルコースなんて贅沢はまずしないので、今回は自分へのご褒美感も強かったのもあって、思い切ってオプションしてしまいました。

400_2

最初に出てきたのは、カナッペでした。

400

カナッペっていうんで、てっきり薄く焼いたフランスパンかクラッカーに乗せて出てくるのかと思ったら、なんだか味の薄いポテトチップスのようなもので出てきました。でも、あれはそういう風に焼いたブルスケッタだったのかなぁ。キャビアはこの量でもとても存在感のあるしょっぱさで、とてもおいしかったです。カナッペってフランス語で「長椅子」を意味するんですね。長椅子の中でも、背もたれのある長椅子を言うのだそうです。勉強になりました。

ここで、ワインを頼んだので、それが出てきました。

400_3

2006年のブルゴーニュ、ポマールをいただきました。

400_4

ブルゴーニュ地方はフランスの東部にあたるみたいですよ。白で有名なシャブリもブルゴーニュワインになりますよね。濃厚であけっぴろげなうまさを備えていながらエレガントでやや柔らかい口当たりと評されていますが、ボクの舌はそんなに肥えてないので、ちょっと渋みの足りない感じかなぁ、なんて思いながら、でも、メインは料理なので、邪魔することのないさっぱり感としてはいいワインを選んだかなぁと思いました。

次に「鯛と縞鯵のサラダ仕立て 生姜風味」か「鴨フォアグラのポワレ バルサミコ風味の赤ワインソース」のどちらかを選ぶことができたので、鯛や縞鯵にも惹かれましたが、ここは食べたことのないフォアグラにするべきでしょう、ということで、鴨フォアグラのポワレの方をいただくことにしました。

400_5

今回いちばん感動したのが、このフォアグラでした。もっとくどいイメージがあったんだけど、めちゃおいしかったです。表面は肉のようにしっかり焼かれていて、中は白子でも食べているかのような食感。風味は何とも言えない濃厚な深い味がしました。

ここで、パンの登場です。

400_6

普通のフランスパンでしたが、普通においしかったです。フレンチなので、きっと、量的に物足りないだろうなと思って3個も食べてしまいましたが、食いすぎました(笑)。

次がスープでした。「ヴィシソワーズ」と「コンソメ」と「オニオンスープ」と「海老のスープ」から選ぶことができたので、ボクはあたたかい「海老のスープ」をいただきました。

400_7

これも、美味でしたよ。海老の出汁がよく出ていたのもあるけど、たぶん味噌の味だったように思います。めちゃ濃厚でおいしかったです。

そのあと、魚料理でした。この日は「舌平目の詰めもの」でした。

400_8

詰めものはすり身になっていてちょっと和風な感じでした。海胆を乗せてあったので、少し海胆の味が勝ってしまっている感じもありましたが、お上品なおいしさでした。

次は、口休めのシャーベット。この日は「デコポンのシャーベット」でした。

400_9

とてもいい口休めになるさわやかな甘さでした。

で、いよいよメインディッシュです。「和牛フィレ肉のステーキ ジロール茸添え マデラソース」です。

400_10

レアでいただきました。薄めの肉だったので、レアでも全然生な感じはしませんでした。デミグラスに似た味わいのマデラソースがとてもおいしかったです。帰ってきてからマデラソースについて調べてみましたが、ポルトガル産のワインにマデラ酒というのがあって、そこにフォンドボーを足したソースみたいですね。ジロール茸は初めて食べました。少し風味がえぐいんだけど、ステーキにはよく合うきのこだな、と感じました。

このあとはデザートです。

400_11

たぶん右のがレアチーズケーキにチョコのスポンジとホワイトチョコが乗ったものだったと思います。間にはさんであった木イチゴがさっぱりしていておいしかったです。左のはパンナコッタ。フルーツがたくさん乗っかっていてこちらもとてもさっぱりしていました。ヨーロッパのスウィーツは甘いイメージがあったので、思ったよりさっぱりしていてよかったです。

最後はコーヒーと小菓子。

400_12

今回のディナーで唯一欠点をあげるとすれば、この小菓子。フィナンシェとマシュマロが出てきたんだけど、これがむちゃくちゃ甘かった。これだけはいただけなかったなぁ。コーヒーも特化したおいしさではなかったです。

でも、でも、フレンチのフルコースなんてまず食べることはないから、とても贅沢感を味わいました。今回の旅のいちばんの贅沢だったと思います。

次回からいよいよ奈良の醍醐味、寺の写真を載せますね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 奈良旅行 ~ 奈良ホテル ~ | トップページ | 奈良旅行 ~ 法隆寺 ~ »

娯楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/40828753

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良旅行 ~ フレンチフルコース ~:

« 奈良旅行 ~ 奈良ホテル ~ | トップページ | 奈良旅行 ~ 法隆寺 ~ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31