フォト
無料ブログはココログ

« 奈良旅行 ~ フレンチフルコース ~ | トップページ | 奈良旅行 ~ 薬師寺 ~ »

2011年7月16日 (土)

奈良旅行 ~ 法隆寺 ~

奈良旅行のご報告、いよいよ寺と世界遺産のご報告になります。1日目、奈良に到着してからJRで法隆寺駅まで行き、そこからバスで法隆寺前まで行きました。まずは、法隆寺ね。

法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築です。法隆寺は斑鳩寺とも呼ばれていて、用明天皇が自らのご病気の平癒を願って寺と仏像を作るという誓願を受け継ぎ、推古天皇と聖徳太子が推古15年(607年)に造ったとされています。

400

法隆寺の玄関と言われる南大門です。この門は室町時代、永享10年(1438年)に再建されていているらしいです。

くぐると、目前に五重塔のある参道の風景がいきなり見えてきて、奈良に来て初めての圧巻の景色でした。

400_2

この正面の中門をくぐり抜けると、右に金堂、左に五重塔が風格高く並んでいました。

400_3

日本最古の五重塔はやはり風格があり荘厳です。いきなり、奈良に来てよかったと感動しました。塔はストゥーパとも言われていて、釈尊の遺骨を泰安するためのするためのものだそうです。高さ約32.5m。すごいね。

400_4

五重塔の奥に見えていた大講堂です。仏教の学問を研鑽したり法要を行う施設として建てられたようです。延長3年(925年)に落雷によって焼失し、正暦元年(990年)に再建されたようです。

400_5

五重塔と並んで威風堂々と建つ金堂です。法隆寺のご本尊を安置する聖なる殿堂です。正面五間・側面四間の飛鳥様式の建物。安置されてる国宝・重要文化財は多くて、聖徳太子のために造られた飛鳥仏を代表するご本尊の金堂釈迦三尊像、聖徳太子の父君である用明天皇のために造られた金堂薬師如来座像、母君穴穂部間人皇后のために造られた金堂阿弥陀如来座像、それを護るように樟で造られた日本最古の四天王像があって、歴史を感じます。

この五重塔・金堂を中心とする西院伽藍は中門の手前に弁天池と鏡池が左右にあり、その奥に西室の三経堂と東室の聖霊院が回廊をさらに囲むように配置されていて、さらに荘厳さを醸し出していました。

400_6

この西室・東室は僧侶の住居だったようです。写真は聖霊院の方。聖徳太子の尊像を安置するために改造したものだそうです。

400_7

西院伽藍の東側に通路を挟んで夢殿などが中心となる東院伽藍があります。その間の通路から振り返って五重塔を望むとこんな感じの景色になります。趣がありました。

400_8

東院伽藍に入り、夢殿の北側にあるのが絵殿・舎利殿です。絵殿は聖徳太子一代の事蹟を描いた障子絵が納められていて、舎利殿は聖徳太子2歳の春に合掌された掌中から出現したという舎利を安置する建物らしいです。

400_9

東院伽藍最大の見せ場がこの夢殿。斑鳩宮跡に、行信僧都という高僧が聖徳太子の遺徳を偲んで天平11年(739年)に建てた伽藍の中心となる建物がこの夢殿とのことでした。日本最古の八角円堂です。聖徳太子等身の救世観音像が安置されているらしいです。

ということで、いきなり由緒のある法隆寺からの参拝になりました。飛鳥仏は他と違って笑っているようにも笑っていないようにも見えるアルカイックスマイルが特徴で、ボクには笑って出迎えてくれたかのように見えていました。何といっても日本初の世界文化遺産ですからね。寺巡りをここから始められたのはよかったと思います。

次回は、法隆寺からバスに乗って向かった薬師寺のご報告です。    

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 奈良旅行 ~ フレンチフルコース ~ | トップページ | 奈良旅行 ~ 薬師寺 ~ »

娯楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良旅行 ~ フレンチフルコース ~ | トップページ | 奈良旅行 ~ 薬師寺 ~ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31