フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

居酒屋なべ10周年♪

昨日は朝からSOURCEお茶会、そして夜の飲み会となかなかハードな1日でした。最後の方はもうビールもお腹に入らないくらいになってましたよ。でも、話は1日通して充実していました。

今日は週初めの月曜日、明日からいよいよ11月で、今年も残り2ヶ月になっちゃいましたね。ピッチを上げ過ぎず、でも、今年やっておきたいことを丁寧にこなしていきたいと思います。

いつもならとてもおとなしくしている週始めですが、今日は、いつもお世話になっている居酒屋の10周年記念の初日でした。なので、マスターの彼女さんと一緒に準備したお祝いを持って出かけました。これから仕事もあるので、2時間半だけで帰ってきてしまったけれど、なんか感動しました。10年ってすごいよね。ボクが店を出すことになっても、年齢的に10年ってできるんだろうか、なんて考えます。

400

こんなチラシが貼ってありました。すでにお祝いのお花もたくさん届いてました。

1_400

2_400

ボクらは何をプレゼントしたかというと、お店に出してもらえる縄のれんを注文しました。

400_2

とても喜んでもらえてすごくうれしかったです。いろいろ探して回り、ネットで名入りの暖簾を予算内で作ってもらえるところを探し当てました。何とか、できればボクの書で名前を入れたいという願いを彼女さんに聞いてもらって、書かせてもらいました。50枚くらい書いて、彼女さんにも納得してもらったのが、このデザインでした。

2_400_2

これを、のれん屋さんにメールで送り、プリントしてもらいました。ボクの字が毎日この店の暖簾として飾られるかと思うと、とても嬉しいです。何より、マスターとママが喜んでくれたのが嬉しい。秘密裏に計画していたので、早くからブログに載せたかったけど書けず、やっと日の目を見ることが出来ました。今日は半額で安く飲むこともできたし、ホントよかったです。

10周年の記念に粗品をいただきました。

1_400_2

ぜんぜん粗品じゃない素敵なものでしたよ。

2_400_3

さあ、この土鍋で独り鍋でもしますか(笑)。ずっと通い続けたいです。応援しています。いつもありがとうね、なべ。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月29日 (土)

障害者手帳

今日、メンタルクリニックへ行ってきました。2週に1度の通院なんですが、医師にも心理士にも、もうカウンセリングはいらないと言われていました。眠剤をもらうために、診察でなくカウンセリングを受けている感じです。今回、職場の管理医師との面接で管理区分がなくなったことと、そこで管理医師と障害者手帳を手放す話をして、その時期をクリニックで相談することにしてあったので、今日は主治医に訊いてきました。

実は、主治医と会うのは約3ヶ月ぶり。いつも、管理区分が変わると報告するくらいで、今日も、「もう自分で判断出来るでしょ? 好きにすれば?」とでも言われているかのようでした。もちろん、面倒くさそうに言っているのではなく、ですけどね。結局、心理士と話して年内に手帳を返すということで落ち着きました。

前に、手帳の更新などについてよく迷っていました。手放す時期に来ているかもしれないと思い始めたのは、職場復帰を始めた頃でしょうか。そのころは、いろんな人にその迷いについて話していましたが、結局は迷っているうちはまだ頼っていてもいいんじゃないかという考え方でそのまま手放さずにいました。今は、職場で、まったく管理区分が取れ、配慮はまったく必要ないですよ、と宣言したようなものであること、生活の中でも自分でそうだと思っていることに加えて、「マイノリティのパイオニア」といして活動していくのも含めて、「障害者」というレッテルを外した方がいいと思うからあえて決めたことって感じです。

ボクは今、コーチの資格や調理師の資格について、取得に貪欲に取り組んでいますが、資格取得マニアというわけではありません。肩書きに強く惹かれているわけではないです。ただ、こだわっているのは確かです。名刺に書く肩書きも活動の意味に信憑性が増すと思うし、説得力も増すように思います。肩書きなんて、という考え方もよくわかるんですが、ボクはその資格所得に向かって邁進していくことは、スキルも上がりやすいし、その目標に向かうモチベーションが上がるタイプなんで、自分でそういう目標を立てているわけなんですよね。目標を立てると苦しくなるひとはこんなことをしない方がいいと思っています。ボクはたまたまその方が力もつくし、結果も付いてきやすいってことですね。資格や肩書きは、名前のようなものだと思っているってわけです。

こういう考え方が、余計に「障害者」というレッテルを外したいという想いにも繋がっているわけなんですよね。逆に言うなら、今までは「障害者」である自分を認めて、配慮されて、甘えていないと生きてゆけなかったって思える感じです。病気を治すため、生活をしていくために、必要な施しを受けるということは必要な時期があって、今までそうだったことは惨めでも何でもなく、社会復帰していくプロセスで必要なことでした。

そういうようなことを、じっくり考えたうえで、手帳を手放すという行為や時期を決めたわけです。いちいちいろんなことを決めて行かないと動けない自分は少々面倒くさいと思う部分もありますが、おかげで今日はすごくすっきりした気分、ボクはこういうやり方が合ってると思います。

その上で、こういう自分になるにあたっていろいろ心配や迷惑をかけた方に、感謝と謝罪をしておきたい感じがあります。そうして、行動や活動が、今のボクは心配しなくていいよ、安心してね、という想いの表現の行動のひとつになればよりいいな、と思います。さらに言うなら、ボクはこうやって生きていくので、応援してもらえるともっと嬉しいな、と感じます。今現在、たくさんの人から応援をもらっていることを実感しています。

今日も、それなりに、出た結果に感動している自分がいます。毎日毎日が、今のボクの変化であり、前進かな、と思います。

いろいろ変わって行きますが、これからもよろしくお願いします。みんな、ありがとう。

20111029_400

あ、今日の夕飯、相方と鍋しました。画像です。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月28日 (金)

きょうだい

ちょうど2か月前、「このブログを始めて1年5ヶ月で20000アクセスを超えました」ってよろ喜び勇んで報告したんですが、わずか2ヶ月で25000アクセスに辿り着きました。すごいね。びっくりです。

このごろNHK教育テレビをよく見ます。お友だちからマイノリティの番組をよくやっているよ、と教えてもらったからなんですが、先月から今月にかけて「ハートをつなごう」という番組をやっていました。ボクが鬱だった経緯もあって、「双極性障害」を取り上げていたので録画して見ました。そこそこ理解していたつもりでしたが、「何だってできる気になって鬱が治ったんじゃないかと思っていたらそれも病気の一部だった」ことに途轍もない苦しみを感じている当事者の真の声を聞きました。これは、本当に苦しいよね。これを一生抱えながら生きていかなければいけない人たち、やっぱ、ボクはマイノリティの苦しみを伝えていかなければいけないな、というような使命感を感じました。

そして、それにさらに追い打ちをかけるような苦しみをこの番組で知りました。ボクの知らない言葉でした。「きょうだい」―何らかの障害児・障害者を兄弟姉妹に持つ人たちのことをひらがなで「きょうだい」と書きます。これはまた見ていて苦しかったです。親たちの意識は多くが障害児に向いてしまう、自分も構ってもらいたい、愛してもらいたい、でも、障害児である兄弟たちも大好き、何でもできていい子な優等生でいなければならない、そんな健気な人たちの苦しみを紹介していました。両親も精いっぱい頑張っているんですよね。だから甘えられないんです。マイノリティのパイオニアとか言いながら、「きょうだい」という言葉は初めて聞きました。およそ、その苦しみは予想がついていたけれど、ほんと、当事者の真の声を直接聞いていると、その苦しみがホントに伝わってきます。

ボクの活動は、こんな人もいるんだよ、こんな苦しみが世の中にはいっぱいあって、みんなそれと真摯に向き合っているんだよ、と伝えたいだけ、知ってほしいだけ。社会の目を変えることは簡単ではないと思っていたけれど、思っていたより、もっと難しそうに思い始めています。健常者の方や、普通の感覚の方たちは、その気持ちを疑似体験することすら難しいのだと、最近知りました。しばらくは発信を続けます。そして、今はまだ、セクシャルマイノリティを中心にして、やれることをやる、それを最近あらためて感じているところです。今は発信、だから、ボクのブログアクセス数が増えるのは、この発信を読んでくれているようで、とても嬉しいです。

今週は、おもに仕事で体を使いまくって、今週の平日を今日終えてみて、どっと疲れが出てきました。自己管理・コントロールしなきゃね。明日、メンタルクリニックで、障害者手帳の返納について主治医と相談してきます。今日は今週の疲れを癒すようにゆっくり寝ます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月27日 (木)

『ダーク・ブラッド』情報

今日は、2日間の調査の疲れがちょっとだけ出てきました。でも、もっとひどい筋肉痛が来ると思っていたので、案外元気です。

1週間ほど前、「ハリウッドリポーター」というアメリカの週刊誌で、「故リヴァー・フェニックス主演の未完成映画『ダーク・ブラッド』、18年の時を経て公開されることが決定」と報じました。

ボクがスティーヴン・ドーフという俳優さんが大好きで、「豆腐」という名前もそこからいただいたというのは何度もお伝えしていますが、20年くらい前まではボクの好きな俳優さんはリヴァー・フェニックスでした。今、スティーヴン・ドーフが大好きなのと同じくらい好きでした。彼の存在をどのくらいの方が知っているかわかりませんが、『スタンド・バイ・ミー』という名作でタバコを吸う少年として有名になった俳優です。『旅立ちの時』という映画ではアカデミー賞の助演男優賞にもノミネートされました。彼のエピソードはいっぱいあって、1970年8月23日生まれのリヴァーは、両親が宗教団体の活動家だったことや、子役の時から家族の収入を支えていたこと、ヴィーガン(完全菜食主義者)だったこと、反麻薬活動をしていたことなど、話題には事欠かなかったのに、その麻薬によるオーバードースで23歳の若さで急逝したのは非常にショッキングでした。しかも親友のジョニー・デップの所有する店の前で亡くなったのも何だか皮肉な感じでした。撮影中だった『インタビュー・ウィズ・バンパイア』は代役をクリスチャン・スレイターに代えて完成されました。

そしてもうひとつの撮影中だった映画『ダーク・ブラッド(原題)』が、18年の時を経て完成し公開されることになったとい記事でした。完成していない残りの部分は、リヴァーの弟で今は風格も出てきた感のあるホアキン・フェニックスがオーヴァーヴォイスを担当することになっているようです。

なんだか、いろんなことを想い出してしまいました。若かった頃の自分の意気がった感じもフラッシュバックします。日本公開が待ち遠しいです。ドーフくん、一瞬浮気させてね。

この映画は、オランダ人監督のゲオルグ・スラウツァー監督によるもので、核実験地区の砂漠で隠遁生活をする「ボーイ」を主人公とする物語です。主人公ボーイ役をリヴァー・フェニックスが演じます。

◎作品データ◎

『ダーク・ブラッド』(仮題)

原題:Dark Blood(2012年アメリカ映画(?)/上映時間:不明)

監督:ゲオルグ・スラウツァー

出演:リヴァー・フェニックス, ジョナサン・プライス, ジュディ・デイビス

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月26日 (水)

健常者

どうでもいい事ですが、先週の「セクシャリティお話会」の前に、コンビニでノートを買ったら、「温めますか?」と訊かれました(笑)。しばらく、セクシャリティお話会のことばかり書いてましたよね。ちょっと今日は違うことを書きますが、年内に「セクシャリティ勉強会」と名前を変えて開催する予定なので、詳細決まり次第ここで報告します。会場取る予定でいます。安くていい会場を捜します。

昨日ブログ更新しなかったんですが、実は昨日今日と所得調査で41000歩歩きました。昨日1日と今日午後からで。いやあ、疲れた。くたくたです。それで、更新をさぼりました。歳には勝てないです。すでに腰が痛いけど、明日の足の筋肉痛が心配です。いや、年齢考えるとあさってがいちばんつらいことになるのかな(笑)。

去年はまだ職場で管理区分というのがあって外への調査は過負担ということで免除されていました。去年6月からリハビリ出勤を始め、8月に1時間早帰りの時間免除状態で復職、11月に管理区分が上がり通常時間勤務になり、今年2月にも管理区分が上がり2時間まで残業できるように、今年5月でさらに管理区分が上がり残業や休日勤務も出来る状態までなっていました。だから外への調査も行けたわけです。今日、管理医師との面接がありました。前回の5月の面接の時、完全に管理区分を取るのは来年税金の申告の時期を過ぎてからにしましょうと言われていました。でも今日の面接で、完全に管理区分を取っちゃって、まったく健常者と同じ扱いにすることになりました。どうしても管理区分を取ってほしいとボクからお願いしたわけではなくて、管理医師の方から状態を見て提案されました。この毎回面接の度の区分の取り方は、4年間も鬱で休職復職を繰り返していたような状態の人では今まで見たことがないと言われています。公務員だから赦されていたと思うので、そこは大感謝です。来年ん2月で切れる障害者手帳も更新せずに返却することになりました。今の状態なら当然なんだけど、2月に返すかすぐ返すかは、メンタルクリニックの主治医と相談のうえ決めます。ボクとしてはどっちでもいいです。12月4日には日曜開庁の当番にも当たっているし、来年4月からは災害対策の度に待機職員として職場に残るようになります。いろいろ変わってきました。もう配慮はないということです。配慮要らないと自分から言っていたけど、言わなくても自己管理でコントロールしていくことになります。当然なんですけどね。なんだか、いちいち感動します。良かったなと。管理区分が上がるたびに何度もここで書いていたけど、本当にこの報告は最後ですね。誰が見てももうボクは元気なんで、今で会う人たちは、まだ障害者手帳を持っているような状態だったの?って思うかもしれませんね。甘えていたのかもしれませんよね。

今日はおふろにゆっくり浸かってしっかり足をセルフマッサージして、トクホンチール塗って寝ますわ。ではでは。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月24日 (月)

ボクの感想

おととい開催した「セクシャリティお話会」に参加してくれた皆さんの感想を、昨日書きました。やった意味はすごくあったし、今のみんなの想いも聞けました。より、進めていく気持ちは増したし、マイノリティに理解をしようとする姿勢にも感動をしました。いちばんに、参加してくれて真摯に考えようとしてくれたみんなと、支えてくれた方、応援してくれた方に大感謝です。本当に大感謝です。みんなの持ち帰りにもとても意識したけれど、発端は自分がこういう活動をしていく上での準備でした。ボクの自分のために思いついたことに付き合ってもらったことに、本当にありがたさを感じます。今後はみんなの感じ方やみんなの役にも立つものをより一層意識して開催をしていきたいと思います。

開催したボクの感想を書かないといけませんよね。正直な想いを書きますね。

今回ボクは、自分たちマイノリティが職場や家庭やいろんなところにすぐ隣にいるかもしれない、それを知ってもらいたいということと、もしそういう人たちがいたとしたら、その痛みを知っておいてもらいたいというような意味で開催しました。切り口として、マイノリティのうち性的マイノリティに絞ってやってみたいと思ったところです。ゲイの人たちのオフ会などはたくさん開催されているけれども、ボクはこういうお話会はほとんどないと思い、環境の方に執着してみたという感じがあります。

その視点では、大成功でした。そして、ボクも1回目としてはとても満足でした。ただ、お話会終了直後、あまり手ごたえを感じませんでした。緊張もしなかったし、進行もそこそこうまくいった気がするし、みんなの感じも掴めました。なのになぜだろう、と2日かけて考えてみました。たぶん、直後の手ごたえとしてうまく感じ取れなかったのは、思っていたような発言が全くと言っていいほどなかったことかもしれません。代わりの貴重な意見が聞けたので、開催自体には問題がないのですが、ボクが自分の感じる違和感と他のみんなが感じる違和感が予想以上に違ったということですかね。つまり、マイノリティな方たちが隣にいるかもしれないということが強調できたにとどまったってことでしょうか。まあ、それだけでもすごく意味のあることなんだけど、我々の痛みは伝わらなかったように思いました。自分の痛みを痛烈に語ることはしませんでした。それは、我々マイノリティの痛みではなく、ボクの痛みだからです。それで、他のマイノリティの極端な事例を挙げて、ディスカスしてほしいと思っていたのですが、極端なマイノリティの方たちの気持ちになったり痛みを感じたりは、普通の方には自分を置き換えきれなかったっていうような感じがします。その意味では自分の事を語った方がむしろ良かったかもしれないと思いました。

マイノリティの人たちが隣にいるかもしれないといちいち気を使っていては、普通の方は何も言葉は発せなくなってしまいます。そんなことに気を配ってほしいわけではなくて、そういう人がいるかもしれないと知ってもらうだけ、そうして、それを言えずにいる人になんとなく接してしまったら、ちょっと見守るような視点を持ってもらう、そんな程度のことを伝えるのがこんなに難しいのかと思いました。少数派の苦しみを力説してしまうと、一般の人の自由さを奪ってしまう、そんな結果にしかならないのかな。いや、違うと思う。マイノリティの側は苦しくならない努力を自分でしなければならないし、周りにも理解を求めていく。気を使ったり自由を奪ったりするのでなく、ただただ、存在を理解してもらう、やっぱり、それはボクのやるべき活動です。誰もやれていないし、やろうとしていないと思う。心から思っています。奢りでしょうか? それとも過信でしょうか? そしてこれはする必要のないことでしょうか? ボクは小さな力だけれど、積み重ねて行きます。ボク以外のボクのような方が、そこまで苦しむ必要はないと、言いたいです。

ボクのやりたいと思ったことは、今の時代、もっと簡単に伝わると勘違いしていたかもしれません。今のボクがゲイであっても元気に幸せにやれていることが伝わっているのに、そこにどんな咀嚼や達観が必要だったかは、ひけらかすつもりはないけれど、伝え方は難しいのかな、と思いました。ボクのやり方で、次回は少し形を変えてまたすぐに開催するけれど、今回のお話会ですでにセミナー的な要素が充分出ていたようなので、今回感じた感触を持ちながら、次の会を決めていこうと思います。かなり緩く資料提供をしたつもりが、濃過ぎたようだし、議論が深まって行ったのは他の方向でしたね。

そして、改めて、思ったほど環境は変わっていないと感じました。折角、今のボクには耳を貸してくれる人たちがたくさんいるので、発信し続けていきたいと思います。そして、それについて来てくれる気持ちのある人たちの速度に合わせて丁寧に辛抱強く会を重ねて行こうと思いました。

「セクシャリティお話会」はとても意味のある会でした。本当に心から思っています。そして継続する必要があると思っています。ボクのすぐ周りの人たちから伝えていくために。

あらゆる人にやさしい気持ちにみんながなれるように、頑張って行きます。そして、ボクもそんな人になれるように。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月23日 (日)

セクシャリティお話会の感想

ついに昨日、「セクシャリティお話会」を開催しました。

正直、終わった直後は手応えがなかったですが、そのあと、フリーマンさんと2人で反省秋をして素晴らしい何かを得た気になりました。とりあえず、みなさんの感想です。

【貴之くん】

「マイノリティのパイオニアとしての活動について」

応援します。自分に協力出来ることなら協力します。

【でぃさん】

「参加した感想」

セクシャリティばかりでなくマイノリティを理解する、という観点で、いろいろ考える機会が見てたことが良かったです。

「マイノリティのパイオニアとしての活動について」

ある意味、当たり前にとらえられる世界を目指す中で、違いについてどの様に豆腐さんが打ちだしていくのか興味を持ちました。

【うまうまさん】

「参加した感想」

いろんな話が聞けてよかったです。

「マイノリティのパイオニアとしての活動について」

いいかんじです。

【Dさん】

「参加した感想」

まず人数が多いのにビックリしました。一人一人が豆腐さんに親しみを感じ集まっているという雰囲気が伝わってきました。 セクシャリティーお話会では、普段生活している中では、たぶん接しない話題を取り上げ、色々考えさせられることが多かったです。 いつも思うのは、一般的な言葉の概念と、本人や相手のそれぞれが持つ言葉の概念が、入り乱れた中に、自分達は存在していて、その一つ一つが、今や将来、本人や他者に、様々な感覚や影響を及ぼしているんだなと改めて思いました。男女の特性語にもあるように、常に概念は変化しているので、豆腐さんの活動は、変化の過程での今の時代における活動なのかもしれないですね。

「マイノリティのパイオニアとしての活動について」

豆腐さんは、こちらの活動を活発的にしていくと思ってます。頑張ってください。

【Eさん】

「参加した感想」

興味深いお話・資料で、非常に意義のある時間が過ごせました。ありがとうございました。私も少し前から「マイノリティ」についていろいろ考えていました。パイオニアとして何か事を起こす時が来たら何かお手伝いさせて頂けたら幸いです。

「マイノリティのパイオニアとしての活動について」

何かすごいと思う。応援してます!

【Tさん】

「参加した感想」

色々と皆さんそれぞれ深く持っている事があり、何だか自分がすごく平坦に生きてきた気がします。

「マイノリティのパイオニアとしての活動について」

このまま豆腐さんつき進んでほしいです。

【フリーマンさん】

「参加した感想」

関心のない価値観は一般社会に流れてしまう。価値観を受け入れてもらいたい。

「マイノリティのパイオニアとしての活動について」

関心のない価値観は一般価値観を受け入れてしまうので、人の価値観に変化をもたらすのなら大切かもしれないです。

【FBさん】

「参加した感想」

自分自身の性差の感覚やマイノリティな部分に気づくことができました。ありがとうございました。

「マイノリティのパイオニアとしての活動について」

sexualityからの切り口だけど、最終的に色んなタイプのマイノリティ(特殊性・個人個人のユニークな部分)の人たちとのつながりが出来る。可能性を感じる。豆腐さん、これからもずっと応援しています。

みなさん、本当に貴重な体験をさせていただきました。ゲイのオフ会とかはいろんなところでやっているけれど、こういう機会はほとんどないように思います。もう少し、きちんと振り返りをしてみてから、「セクシャリティお話会」か「セクシャリティ心理学勉強会」かセミナーかわかりませんが、何らかの形で次に進めていきたいです。ボクがこれを開催した意味については、もう少しまとめてから、きちんとお話したいなと思います。

とにかく開催してよかったです。ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月21日 (金)

明日のお話会への想い

今日はコーチングスクエアの授業でした。今日の授業で、ひと通りのカリキュラムを全部終えられたので、この後少しだけ授業は休憩をしたいと思います。毎週金曜日は絶対スクールに行くというような強い意志は少しだけ緩めて、うまくやれなかった授業やわからなかった授業を中心に再受講していこうと思っています。来月23日の祭日には認定試験を受けさせてもらえるようなので、スクールではしばらくそこに焦点を当てた勉強をしていく感じでやろうと思っています。

今日は思っていたより早く帰れたので、少しだけブログを書いておきます。

いよいよ明日になった「セクシャリティお話会」のことですが、このお話会はボクの中で今年中に1回目を開催したいと思っている「セクシャリティ心理学勉強会」や、いずれ開催したいと思っている「セクシャリティ心理学講座」へのステップや準備として位置付けていました。しかしながら、それだけだとボクのためのお話会になってしまいます。参加してくれた方たちにも何か気づきや衝撃や視点の違いを、みんなの日常にも取り入れてもらえるような何かとして持ち帰りをしてもらいたいという想いが出てきて、それ用の進行を考え始め、内容も考えてみました。そこで10枚近くになる資料も用意してみました。本当は、どのような展開になっても対応できるいろいろな資料をもっと作りたかったのもあるけれど、今回は緩めでみんながいろんなことを気負いなく話せるような空間にしたいと思って、今出来上がってる資料の状態でやってみようという気になっています。

このお話会は、もともとはボクの「マイノリティのパイオニア」としての活動に繋げていくためのものでした。この活動にはいくつかの意味合いが含まれていますが、このお話会ではそのうちの、社会の視野を広げてほしいというところが中心になっています。人の心や気持ちを扱う人たちには特に知っておいてほしい知識です。こんな人たちもいるんだという温かい見方をしてほしい想いがあります。そういう視点が苦しい生き方を選ばざるを得ないマイノリティの人たちに、少し生きやすい道を広げてくれます。

マイノリティでない方にもそれぞれに人とは違うと思っている部分が少しはありますよね。そこに視点を重ね合わせてもらえば、すべての人に少しはあてはまる生き苦しさを、生きやすい方向にシフトしていくことができると確信しています。人と違う苦しみを、個性に換えて自信や誇りに繋げて行ってもらいたいという気持ちでもあります。そういうのをみんな踏まえたうえでの明日のお話会を、参加者の方すべてに有意義なものと思えるような時間にしたいと思っています。明日以降のブログで、その辺がうまくいったかいかなかったか、ご報告できたらいいなと思っています。

明日に備えて、今日はゆっくり眠りたいと思います。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月20日 (木)

いよいよ本番♪

昨日、ブログアップ出来ませんでした。昨日は6時半前からまんちゃんのセッションがあり、夢中になって話し込んでいたら、帰りが11時くらいになってしまい、まだ週の半ばだし、お弁当も作らずに速攻寝ました。いやいや、先月まんちゃんにとても人生終わるまでには答えの見つからないだろうと思う宿題を出されてしまい、そこに真摯に向き合っていたら、解決はしていないんだけど方向として自分に落とし込めるものが見つかり、かなり余裕な気分でまんちゃんに会いに行きました。無茶苦茶わくわくするセッションでしたが、先月の宿題が人生最大の課題だと思っていたのに、それよりも大きな課題に直面することになってしまいました。ボクの心の進化のスピードは恐ろしいくらい早くて、なんだか体がついて行かない感じです。進化じゃないのかもしれないけれど、どんどん深くて壮大なところに意識や感情が膨れ上がってくる感じです。これもいつかわかりやすくブログにする日が来るのか、違う形で表現していったり、なんかの形でみんなに伝えていくことになるのかもしれません。今は心のランニングハイのような状態を言葉や文字で伝えられるような感じではないです。一体ボクはどこに行ってしまうんだろう、そんな感じさえします。だけど、心が充実していて今のボクはとても大丈夫な感じです。

明日、コーチングスクエアの授業に出ると、ひと通りのカリキュラムはすべて終えたことになり、来月あたりコーチングスクエアの認定試験を受けられそうです。そうしたら、名刺に肩書きつけたり、HPやブログのプロフィールに「コーチングスクエア認定コーチ」とか書けて、活動が幅を広げるかもしれません。わくわくします。明日はその最後の仕上げの授業なので、また帰り遅くなってブログアップできないかもしれません。スクール自体は再受講コースにしてあるので、これからは仕事や活動やプライベートの忙しさと体調を考慮して、充実させるための受講を無理なくしていきたいです。調理師の勉強もそこに乗せていかなきゃね。

そして、いよいよあさって、本格的な活動始動の最初の1歩として、「セクシャリティお話会」の日がやってきます。まだまだいくらでも増やせそうだけど、とりあえず最低限の資料の作成もできて、後は当日を迎えるばかりです。ボクのこれからの活動のための準備だけじゃなく、参加してくれるみんなにも何かをちゃんと持って帰ってもらえるように、いいお話会にしたいと思っています。なんだかこれもものすごくわくわくします。

次にブログアップするときは、このお話会の報告がすばらしい感想になっているように願ってやまないです。

20111020_400

一応、載せておこうかな。またごはんがないけど、さっき作った明日のお弁当です。では、みなさん、あさっての成功を祈っていてくださいね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月18日 (火)

キーマチキンカレー

昨日のブログが166アクセスあってびっくりしました。この日常ブログでは1日では最高のアクセス数です。アクセス数は気にしていないなどと言いながら、ボクのブログは自己完結していることが多くてコメントが書きにくいので、アクセス数だけがみんなが見てくれているという励みになるので、何気に嬉しいです。鍋パーティを載せた料理ブログも132アクセスあったなぁ。いつもブログのおしまいにつけている日本ブログ村のバナーもみんながポチッとしてくれるおかげで、「アラフィフ日記」や「非婚主義者」のカテゴリーでいつもベスト5をキープさせてもらっています。まあ、ベスト5と言っても「アラフィフ日記」登録数が9ブログしかないし、「非婚主義者」の方も29サイトしかないですからね、大したことないですけど。でも2位とかにたまになると、すごくうれしかったりします。もし気づいたら、みんなもちょっとバナーをポチッとしてくださいな。ブログ書きながらチェックして密かに喜んでいますので。まあ、本当にたくさんの方々に読んでもらっていること嬉しい限りです。ドラゴンズも優勝決めたしね。

今日は給料日なので、相方と食事に行く日でした。先月はお友だち交えて焼き肉でしたよね。で、家の近所のカレー屋さんに行ってきました。SHIKHAR(シカール)というネパール人の方がやっているカレー屋さんです。

400

ボクは2辛のチキンキーマカレーをナンでいただきました。

400_2

相方はほうれん草のカレーを食べてました。ここはナンが本当にうまいです。カレーもスパイスの効いた感じの辛さで、本場な感じがします。タンドリーチキンとシシカバブがついてのディナーセットです。ボクの方はセットで1200円。1年ぶりになっちゃったけど、また行きたいです。

そんなわけで時間がなくなっちゃったので、明日のお弁当を今夜作るのはやめて、お風呂入って寝ます。明日は、まんちゃんのコーチングだ。ブログ更新する時間あるかな。期待せずに待っていてください。ではでは。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月17日 (月)

努力

今日は悲しい出来事があり、あんまり寝ていません。夜中の3時ころに悲しい知らせがありました。ここに書けない内容ですが、なるべく切り替えて、また頑張りたいと思います。

昨日のブログのコメントに、とても印象に残るコメントをいただきました。人と仲良くなるのにそもそも努力が必要かという問いでした。その方自体確固たる意見をお持ちのようではなかったんですが、そもそも、そんな努力なしに仲良くなれるのが仲間や友だちってことですよね。うんうん、すごくよくわかる…。まあ、コメント返しをきちんとさせていただきました。「友だち作りに努力が必要な関係と言うのは苦しいのかも知れない」ということ、「ボクのここで言っている努力とは無理して頑張るような意味合いではない」ということ、「人と関係性を作るのに自分の都合だけで自己主張していけばいいとは思ってないというような意味だ」ということ、「仲良くなりたい人の生き方や価値観をちゃんと受け入れ尊重しながら関係性を作っていくには、主張し過ぎない姿勢が必要だし、相手を受け入れていく作業がいると思う」ということ、などをお返事しました。

ボクの中で、人と違う感じは個性でもあるけれど、その分すり合わせが大変なわけで、人との価値観の違いを経験的に痛感しているボクには、努力って言葉が相応しい気がしていたんですよね。というか、世間のみんなは人と係わって行くことにさほど大きなずれなんて感じていなくて、わざわざ努力をしなくても友だちが出来ていくのかもしれませんね。

でも、今、ボクの周りにいるかけがえのない親友たちは、ボクの普通の生活じゃぁ、知り合えなかった人たちだし、お互いがとても尊敬し合って高め合ったりしている気がするんだよなぁ。どうなんだろ、みんな何の努力もなしに、価値観バッチリ、気を遣う必要なんか全くないって感じなのかな。いや、気は使ってないかな、もう。ただ、尊重し合って尊敬し合っているのは間違いないかもな。

ってか、「努力」って言葉が不適切だったのかな。

ってなことを考えた1日でした。

明日用のお弁当です。

20111017_400

ごはんがない(汗)。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月16日 (日)

鍋パーティ

今日は、いつも通り、ゆっくり休むべき日曜日でした。この時間がないと、1週間職場で働ききれない感じがあります。だから自分で納得した過ごし方だと思っていました。

いつも行っている居酒屋のマスターの彼女さんから、鍋をやるから来ないかと誘ってもらえました。今月は週末にいつも前向きな予定を入れていたので一度もその居酒屋に行ってませんでした。今日は、ゆっくり楽しもうと思い、行ってきました。9時には帰って明日以降の準備をしたり、お弁当を作ったりしようと思っていました。けど11時までゆっくりしてしまいました。

01_400

れんこんのきんぴらとさんまです。

06_400

鶏の手羽中、塩味です。

04_400

お刺身です。まぐろとサーモンとかつおです。

03_400 

鍋はよせ鍋。

05_400

取り分けるとこんな感じで。

02_400

ボクは肉じゃがを作って持って行って差し入れしました。

すごく楽しみました。ってか、ゆったりした感じです。何か、帰りたくなかった感じです。このまま翌日のことも何も考えずにどっぷり飲みたいだけ飲んで、っていう時間をまだまだ過ごしたいと感じました。

この居酒屋のマスターもその彼女も、ここに来ていたマスターのお友だちも、たぶん何か仲良くなる努力をしなければ仲良くなれなかった間柄だと思うし、それぞれの立場の中でお互いを尊敬し合うということは、普通の自分の交際範囲ではありえないことです。コーチング仲間も、コーチングという間に入るものがなければ出会えなかった仲間もたくさんいます。だけど、そういう普通の生活では出会えなかった親友が出来る時があるんですよね。そして異業種の親友が出来ると自分の視野も広がります。視野が広がると、自分の客観的な立ち位置も分かるし、自分の客観的な能力も人間性も見えたりしますよね。

こういう時間は学びの場や単なる積極性だけでは出来ない関係性だと強く思います。今日のこの数時間があまりにも心地よく、最近の積極的すぎる自分の中に渇望している感じだと思いました。

頑張るのもバランス保つのもいいけど、緩くなれる時間も自分にあげたいなと思いました。もっと羽目を外してもよかったのかもしれません。明日からの仕事、また頑張ります。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月15日 (土)

日本へタダ旅行

今日は朝からメンタルクリニックへ眠剤をもらいに行ってカウンセリングも軽く受け、そのあと、7日後に迫った「セクシャリティお話会」の打ち合わせに行ってきました。資料作りはまだまだですが、おおむねの司会進行と内容は決めました。ただ、緩い感じでやろうと思うので、あまり決め過ぎず、講座みたいにはならないようにしようと思っています。

その打ち合わせの時、サポート担当のぶっしーさんに、最近の大きな人生最大の課題とも言える一大決心を告げたら、ボクが泣いてないのに、感動してぼろぼろ泣いてくれました。実は昨日のスクールの授業でボクが感極まって泣きそうになってしまい、他の生徒さんはきっと何を独りで感情を吐き出しているんだろう、と思われたんではないかと心配していたけれど、これまでのボクをきちんと受け止めてくれている人たちはボクの想いをボク以上に受け止めていてくれるな、なんて感じました。まあ、ボクの決意は揺らがないけど、理解者や応援してくれる人はいると、余計にパワーは増しますね。とにかく嬉しい感じがしました。さらに真っすぐ歩けそうです。

さて、昨日アメリカに住む友人からこんなメールが届きました。

昨日CNNのウェブニュースを見てたら、日本の観光庁が福島の放射能漏れのため大幅に落ちた海外からの観光客を呼び戻すために、1万人分日本向けのエアラインチケットを無料にするとのこと。もちろん、このためには応募規定やら旅行後感想文をウェブ上に載せるなどいろいろあるけれど、タダはタダということで僕の周りの人間も興味津々です。

お友だちの許可を得ずに載せてしまいましたが、たぶん怒ってないと思います。なにはともあれ、みんなが日本に興味を持ってくれるのは嬉しいことですね。こういう発信も折角だから活動としてしてしまいましょう。日本全体に向けての発信がまだできてないボクが世界のことを発信もどうかと思いますが、ボクのいろんなことが世界にまで発展していけたらそれも嬉しいですね。まあ、まず身近からだけど。彼がFacebookで書いていたこの記事がたぶんこのことだと思うんですが、いまいち自信がないです。その記事のURLも載せておきます。

http://newsfeed.time.com/2011/10/11/japan-to-give-away-10000-free-flights-to-tourists-in-2012/?hpt=hp_c2

今日は居酒屋お休みです。ちょっと明日夕方まで充電します。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月13日 (木)

誇り

今日は、なんだか少し穏やかな1日でした。明日1日頑張れば、また休みになるっていうこともあるんだけど、忙しい割りにテンパらずに仕事を終えられました。

ただ、今日も、ひととおり大事なことを書いてみたら、更新できずに書いたデータが消えたので、また書きなおしだと、少しがっかりしましたが(汗)。

明日、コーチングスクエアでいちばん難しいテーマ、「自然体で生きる」を学ぶと、来週は総仕上げのセッションで、これで全授業を終了することになります。そのあと、いよいよ認定試験を受けられることになります。なので、明日も疲れそうだけど、頑張って受講してきます。

さて、今思っていることをひとつ。最近精神的にうまくやれているのは、嫌なことや辛いことをすべて「受け止める」とか「受け入れる」といったイメージで感じているからです。嫌だとか辛いとかいうのは一方向からしか見ていないからだと思うようにしたわけなんですね。一旦はイラっと来ることもあるけれど、そこで爆発さえしなければ、その嫌な出来事が大事なことを教えてくれているように思える感じです。そう心がけていると大体のことは何とか受け入れられているようです。嫌な気持ちも残らないから、凹まないんですよね。ただ、ボクはさらにそこからそういう嫌なことや辛いことに直面する自分も、うまくできている自分もすべてOKを出そうとしているので、まだ先は長いですよね。

そうして、何もかも受け止めていくことで大丈夫な精神状態になるんですが、嫌なことや辛いことの気持ちの整理の仕方は、どうしてもネガティヴな気持ちの処理のように感じます。ネガティヴな感情にフューチャーしていくことも大事なことだと思うんですが、もっとボクのいい部分にも目を向けてあげようと思い始めているんですね。ここまで快復したことや、活動を始めたことにもっと「自信」を持っていいんじゃないかとは、少し前から思い始めていました。最近は、さらにそれを「誇り」にしてもいいじゃないかと思い始めたんです。もちろん、傲慢にならない程度にですけど。たとえば、ゲイということにも、今は何のためらいもなくカミングアウトできます。これまでゲイをカミングアウトするのは大変な作業だったけれど、今はこの生き方に「誇り」を持っているから何の躊躇もなく言えるし、そういう発信をどんどんしていきたいと思っているんです。この「誇り」が先日少し書きそうになった、人生最大の決意をさせてくれたわけです。

人間関係を大事にするために、感謝したり寛容になったりするのもとても大事。でも、活動をしていくためには「自信」や「誇り」がとても大事だと思うようになりました。

これを書くのに、データが消えて書き直しました(汗)。

と、またコメントしづらいブログを書いてしまいました。読み流してくださいね。

20111013_400_2

さっき作った明日のお弁当です。

またね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月12日 (水)

偶然ばったり

今週は月曜日が休みで1日少ないせいかもわかりませんが、先週までより少しだけテンパらずに仕事やれているみたいです。

昨日の夜、少しだけ、「セクシャリティお話会」の資料作りをやってみました。ものすごくわくわくします。もしかしたら、そのせいかもしれないです、うまくやれているのは。やっぱり好きなことはやっていないといけませんね。

昨日、仕事帰り買い物し終わって袋にものを入れている時、よく入院していた病院の助手さんに偶然会いました。すごくびっくりした顔で、「違うかと思ったけど、やっぱり豆腐さんですね。あまりに元気そうで見違えて人違いかと思いました」と声をかけられました。実際は「豆腐さん」ではなく、本名を苗字で呼ばれたんですけどね。「通院はされてますか」と訊かれたので、「実は調子が良くて薬を飲み忘れがちで、検査はしないといけないんだけど、ちっとも行ってないです」と答えました。「それはいいことです、病院で見かけないのは調子がよいってことですからね。だけど、こうしてこういう場所で元気な顔を見られるのがいちばん嬉しいです。看護師さんたちに伝えておきますね」と言ってもらえました。もうメンタルの薬は飲んでいないこと、復職して1年経ったこと、もううつ病には戻らない自信があることなどを話しました。立ち話でしたけど、その助手さんのこんな明るいきらきらした笑顔は初めて見ました。

そこの病院は肝機能障害で入院していた病院で、4年前と3年前は7月から12月まで、2年前は7月と8月に入院していました。うつの状態が良くないときも、精神科ではなくここの病院で静養しました。2年間もの間、年の半分を病院で過ごしたなんてあらためてすごいことだと今思います。なんて家賃がもったいないこと。そりゃあ、そんな毎日会ってたら忘れられないよねぇ。

病院というのはそういうところなんですね。仲良くなった患者さん同士もそうだけど、会わなくなったに越したことはないです。そして、街中で偶然会って、お互い元気な状態で声を掛け合う、これがいちばん素晴らしいです。病院のスタッフの方々は誰もが、患者さんが元気になることを心から願ってくれているんですね。仲良くなればなるほど別れはさびしいはずなのに、それを喜ばなければいけない、何か切ないね。だけど、こういう偶然の瞬間があるから、みんな頑張れるんでしょうね。医療に携わる方にあらためて感謝します。そうして、今の自分の健康にも感謝しようと思いました。

なんだか、感動しました。

20111012_400

明日のランチ用に作ったお弁当です。

おやすみなさい。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月11日 (火)

お風呂で泣く

今日は週の始まり。最近、平日仕事に行く週の始まりの日が、途轍もなく辛いです。朝起きるのも結構苦痛です。最近はホントに仕事が嫌です。日常でうまくいろいろな感情を処理できるのに、仕事では、やらなければならないことや、同僚に仕事をやらせなければいけないこともあり、意見を押しとおさなければけないこともあり、議論しなければいけないこともあり、こういう場面では、すべての人を尊重して受け止めて優しくするばかりじゃいけないこともあります。やっぱり、リーダーはボクに向かないのかなぁ、とつくづく感じます。

先日、「豆腐さんはすべてにOKを出したいんやねぇ」としみじみ言われたときに泣けてきそうになったと書きましたが、この言葉は本当に深いです。仕事以外ではとにかく充実しきりで、通勤途中や移動の時間とお風呂に入っている時くらいが、まったく何も気を使っていないときかな、と思いますが、外にいるときはなかなか恥ずかしくて泣けないし、人前でもなかなか泣けないので、お風呂に入っている時、特に湯船につかっている時が、唯一自分の感情に正直に向き合える時間のように思います。その湯船につかっている時は、毎日のように「ボクは自分のすべてにOKを出したいんだ」としみじみ感じて泣いています。

「泣く」という行為は、たまった感情を涙として流して浄化していく作業のように感じて、ボクにとっては大切な時間のように思います。ゲイとか鬱とか、マイノリティを強く意識している時は、普通でいないストレスを感じている時間のようで、うまくやれているけど結構ストレスがたまっているのだと思います。ここまで、いろいろできるようになった今でさえ、自分にOKを出し切れていないんだと思います。それがいいとか悪いとかでなく。苦しくて悲しくて泣いている感じでもなく、自分に素直になると、この言葉がじ~んと沁みてきて、す~っと涙が出てくるんですよね。今は我慢しなくていいんだよ、頑張らなくていいんだよ、と自分に言っている感じでしょうか。わかっていても、社会の中に存在している時は、苦しみを感じてしまっているんですかね。でも、社会の一員として存在したい、と強く思ってしまうんでしょうね。

そんな風に苦しまなくていいとよくわかっているのだけど、たぶんマイノリティの人たちは、きっとみんな苦しいように思います。苦しくないと思っている人たちでも、どっかで息苦しさを感じているように思うのは気のせいでしょうか。苦しまない生き方をボクはなぜか選びません。単なるMなんでしょうか。

そんなことを思いながら、今日もお風呂の時間、自然と流れていく涙を堪能しながら、自分の気持ちを浄化させているように感じます。これはこれでいいのかな。

最近は涼しくなって、朝お弁当を作らなくて、前の晩作っておいても傷まなくなりました。なので、今日も簡単なお弁当を作ってみましたので、この画像を載せて、今日のブログはこの辺で。

20111011_400

なんか、1日ずっと読書とか、1日ずっと映画鑑賞とか、1日ずっと音楽鑑賞とか、そんな過ごし方をしてみたくなってきた、秋の1日でした。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月10日 (月)

目標設定型

今日、久しぶりにゆっくりしています。休みの日に食事も作ってゆっくり食べる時間がある日が、やはりたまには必要ですね。ゆっくり朝昼晩と食事を作り、ゆったり食事をする時間はやはりいいものです。

20111010_400

朝食は、トルティーヤ・バナナ・コーヒー。

20111010_400_2

昼食は、野菜いっぱい塩焼きそば。

20111010_400_3

夕飯は、玉子丼・麻婆豆腐・鮭のムニエル・豚汁・ブロッコリーとキャベツのサラダでした。

こういう穏やかな時間が人間には必要ですね。ただ、噛み締めたい想いがたくさんあるので、まだまだいっぱいいっぱいな状態です。明日からの仕事、また無理にならないようにできたらいいなと、思っています。

先週金曜日のコーチングスクエアで、「目標設定型と展開型」という授業を受けました。授業を受ける前から自分が「目標設定型」だということは重々理解していたので、そこを見つめる違和感はありませんでしたが、コーチングにどう生かしていくかを興味持って試したり考えたりしていました。

ボクは昔から、なんでもかんでも目標を立ててそれを達成していくことに意味を深く感じていました。ジム通いやマラソンはその最たるもので、マラソンに至っては感想を目標にして、達成したら今度は、4時間以内に完走する目標を立てて練習しました。マラソンだけでなく、何かめざすときは必ず数値目標を立て、それは、その時出来ていることの少し上を必ず目標にしました。少し頑張ればできる、これを繰り返して成長していけるものだと思い込んでいたんですね。そして、それは日常生活でもずっと自分のやり方としてきちんと守ってきました。日常では少し上の目標を立てるということを心がけはしないものの、毎日、何をするにも、「コレをやる」と決めないと行動に移せないタイプでずっとやってきました。あまりにも極端な「目標設定型」に自分でも少し辟易するほどです。ただ、ボクはこの方が成果を出しやすいとずっと思ってきたし、今も思っています。さらに、目標を宣言して、自分をストイックに追い込んでいくというやり方をし続けてきました。自分に「後に引けない」感じを植え付けて、目標達成に成果を出す、というやり方です。

最近は、この生き方は少し他の人にとっては苦し過ぎるのかな、と思っています。目標を決めると目標に縛られて苦しくなってしまう方たちがいることはよくわかっているし、その人自身がいちばん動きやすいやり方でやればいいということも、今はとてもよく理解しています。明らかに展開型の方のほうが自由で、ボクは羨ましく思います。

そして、さらに最近、極端でやり過ぎていく自分を発見するたびに、もう少し自分に緩くできないものかなぁ、と感じてきてたんですよね。まあ、こうしたスクールや、カウセリング・コーチングのおかげで、「目標設定型」のいいところは続けつつ、達成できなくても自分にダメ出しをしないことや、時には立てた目標を見直して目標を立て直すということができるようになって、さほど苦しくなくなってきました。

人と接していくときに、その人がどのやり方が合っているのか、できればある程度見てあげて、いい風に向上していく方法を一緒に探してあげるにはこういうタイプ分けをボク側ができた方がコーチやカウンセリングはしやすいのかな、と思っています。そうでなくても、日常生活で普通に人間関係を構築する時も役に立ちそうに思います。

みんな人も自分もいいところを認め合って尊敬し合って、やさしく生きていきましょうね。と、そんなことを思う休日でした。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月 9日 (日)

大事なこと

さっき、今日感じたとても大切なことをブログに書こうと、PCに向かってずっと書いていました。1時間くらいかけて打ち込んだでしょうか。

今日の大事な気づいたことと感じたことを書いているうちに、感極まってきて泣きながら書きました。そうしたら、更新する前に消えてしまいました。結構ショックでした。

でも、きっとこれはまだ更新すべき練り込まれた内容じゃなかったんだと思うことにしました。ボクの人生の課題とも言える大事な決心といった内容でした。これは公表をせずに、もう少し深く掘り下げて考える必要のあることなんだろうという結論に達しました。もしかしたら大切な人たちにはこの想いを告げてしまうかもわかりませんが、何か行動に変えられたときにここで報告する方がいいように思い始めました。

今日、2度ほど、感極まって泣きそうになったことがありました。1度はボクのメンター、大岳さんに会っていて、「豆腐さんは、自分のすべてにOKを出したいんやね」と言われた時でした。自分でも気付かなかった想いに触れられれた時、そうだ、過去現在未来、すべての自分を受け止めてさらにそこにOKを出していく、そのためにすべてを乗り越えてきたんだと思えたときに、泣きそうになりました。ここからすべては始まって、夢や進む方向が見つかった気がする、そう思いました。そして、今いちばんの親友だと思えるフリーマンさんにその言われた時の感じを伝えていた時、また泣けてきそうになりました。さっき、この辺を書きながらさらにまた泣けてきたんですね。ボクは、自分のすべてにOKが出せなければ、活動も何もきっとできないかもしれない。自分のすべてにOKを出すってどういうことなのか、うまく表現できません。ただ、ゲイも鬱もすべて、そこに苦しんだことも含めて、受け止めるだけでなく、まるごとOKにすることです。赦すことでも、認めることでもなく、OKを出していく、この感じはみんなに伝わっていくのかなぁ。

そこから生まれた決心がありました。ボクの今回の人生の最大の課題、そこに繋がっていきました。

まあ、今日のブログは、自分にOKを出していくこと、この意味の大きさについて書いたブログだったことにしておきます。これだけでも、ボクにとってすごく大きなことなんだけどね。

もがき過ぎかなぁ。まあ、いいや。

明日、また何か書きます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月 8日 (土)

セミナーコンテスト

昨日の仕事はひどいもんでした。片付かないし、同僚に対して珍しくネガティブな感情も出てきて、公務員を続けていく限界を少し感じました。まあ、タイミングは見計らうので、まだまだ辞めませんが。職場で、辞めるまでは手を抜かない宣言をしてしまったので、かえって自分の首を絞めたかもしれません。これが、ボクのやり方なんだよなあ、と痛感しました。変えた方がいいのか、このままがいいのか、少しじっくり見つめてみようと思います。

仕事後、コーチングスクエアに行きました。この日の授業、とても興味深かったんで、またいつかブログにします。

さて、今日は、お友だちの紹介でセミナーコンテストに行ってきました。今日はオブザーバーとして参加して、点数をつけて審査に参加するというものでした。思ったより、かなりクオリティ高い(汗)。7月の「ごくいち!2」で、仲のいいお友だちとセミコンのスタッフの方とに誘われて行くことにしたセミナーコンテストでした。ボクの講義を聞いて、コンテストに出ないかとのお誘いで、そのためにはオブザーバーとしていちど参加してみる必要があるということで。

セミナーはとても面白いものでした。とても未経験や初心者の方とは思えない講師の方ばかりでした。

↓こんな感じで。

http://project-r21.com/semicon/nagoya/

ボクは正直、コンテストに出て競うということにはまったくと言っていいほど興味がありませんでした。ただ、今後、お話会や勉強会を経てゆくゆくは講座にしていきたいという目標があるので、セミナーコンテスト自体に興味がありました。交流会も参加してみて、たくさんの方とお話しました。来年のセミコンに出てみるかどうかで、いろいろ考えましたが、次の来年3月開催の12回は確定申告の真最中なので断念し、7月の回に出場する意思表示をしてしまいました。しかも、交流会の席、みんなの前で。まだ使ったことのないパワーポイントを使いこなさなければならないし、10分にいろいろ詰め込まないといけないので、かなり大変になりそうですが、決めてしまいました。優勝したいとか入賞したいとかの思い入れはありませんが、講師力としてどのくらい自分に力があるのか試してみたいし、ニーズも確認できるような気がしました。う~ん、なかなか思い切った決意でした。さらに、そのときゲイであることをカミングアウトし、「マイノリティのパイオニア」としての活動をし始めたことも発表してしまい、30名以上の前でのカミングアウトと言う初体験をしました。

少し前のめり過ぎかなぁ、こんなに毎日本業で疲れきっているのに…、とも感じていますが、ボクの想いはどうやら止まらないようです。本気みたいです。しかし今日の参加者もスタッフもオブザーバーもすっげぇポジティヴ。ポジティヴ過ぎて少し疲れたかも。

たっぷり寝るだな。さいわい月曜日まで休みだし。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月 6日 (木)

絶不調

しばらく、調子良過ぎたのかなぁ、というくらい不調です。ってか、先週平日に予定を詰め込み過ぎて疲れが残っているだけなんだけど。昨日早めに就寝したのに、今朝起きれず、2時間時間休暇をもらって遅刻して仕事行きました。8時半まで寝たら随分すっきりしたように思ったんだけど、あんまりぱっとしない1日でした。仕事も珍しく嫌なことが多く、まあ今のボクは凹みはしないんだけど、気持ちよくは過ごせなかったです。

明日、頑張って出勤すれば3連休だし、今夜夜更かしせずにしっかり休もうと思います。

こんな調子悪い時期は、楽しいことでも考えましょう、ということで、年末12月18日(日)19日(月)に年末ボーナスを当てにして、相方との旅行を考えたりしています。今年夏の奈良旅行が新鮮で衝撃だったので、今回はそこそこにしておこうと思っていますが、今候補に上がっているのが、京都の民宿へカニを食べに行くか、伊豆旅行に行くかです。今年は勤続30年になるので、リフレッシュ休暇というのが1日もらえます。それを12月19日に充てて、20日は有給休暇でお疲れ休みを取って、と休暇の申請を今週してきました。数年前まで冬に毎年のように越前の同じ民宿でカニ三昧していましたが、今年は相方が京都の民宿をネットで探し出しました。ホームページで見る限り、とても美味しそうです。伊豆にするなら、あんまり中身は決めていないんだけど、伊豆は随分行っていない気がするので行きたい感じもして、迷っています。どっちにするかな、とか、どこを観光しようかな、なんて考えていると、つまらない仕事場での小さな悩みは飛んでいきますね。

このところ、ボーナスのたびに旅行に行っています。だけど、確実にうつうつしていた頃よりは感性も高くなっている気がするし、パワーをもらえたりしているように思います。仕事をがんばっているご褒美に旅行に行くという形にした方が、より日々が充実しますよね。職場で一部の人たちに、ゲイであることや転職する夢をカミングアウトしたので、余計に辞めるまで仕事で手を抜けない感じになっているんです。まあ、自分を追い込むためにわざとやっていることでもあるんですが、そういう姿勢でやっていると、こういう旅行の計画をすることなどが、随分やる気を起こさせてくれるように感じます。

この今の不調を連休で乗り切って、今年中にやりたいことに意識を向けつつ、でも頑張り過ぎず、楽しい予定も計画していこうかな、と。残り3ヶ月を有意義に、今年をいい1年で締めくくれるようにできたらいいなと思っています。

まあ今日は積極性は置いておいて、楽しい考えだけ巡らせてゆっくりしようと思います。そんでもってちゃんと寝よ。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月 5日 (水)

SOURCE勉強会

なんとなく、疲れを引きずったまま仕事していて、あんまり覇気がない感じです。細かなミスをいろいろするし、しょっちゅうひと息つきに席をはずしている感じ。土曜日またいろいろあるけれど、日曜と月曜祭日あたりでちょっとゆっくりした方がいいのかも、と思っています。

先週の土曜日、コーチングスクエアでSOURCE勉強会に参加してきました。SOURCEは簡単に言うと、ワクワクすることすべてやって優先順位をつけないということをやっていれば、実現し、お金もついてくるという考え方です。ボクは、ワクワクがたくさんありあすぎて、全部はできないという想いと、ワクワクがみつからなくて勉強に来ている方と、いまいち話が合いにくいという感じも微妙にあって、あまり好きではありませんでした。でも、みんなとワクワクすることを熱く語ることは楽しいと思っていたんですよね。

先週の勉強会では、SOURCEとは何かをみんなで語り合いました。日本語で言うとSOURCEは「源」というような意味ですかね。自分の中のSOURCEを見つめて、みんなでシェアし合っているうちに、だんだん本当にワクワクしていることがなんとなく選別されていくような気がしました。

今、ボクが目指していることや、信じて向かっている道は、確固たるもんだけど、それに邁進しているうちに何か見失っているようなものや、本当にそれが自分の生きる道だと確信したときの想いとずれかけているものが見え始めたような気がしました。うまく言葉になってないけれど、ときどき、なぜ自分はこの道を進もうとしているのか、何が苦しくて、何が楽しくて、ここに生き甲斐や使命を感じたのか、それをこういう機会を作って常に見続けていかないと、大事なものを見失ったり傲慢になったりするのかもな、と。

SOURCEがなんだかわからない方には、何を言ってるのか、さっぱりわからないかもしれませんが、これまででいちばん今がSOURCEを好きになっているかもしれません。

まあ、わけのわからないボクの説明よりも、主催者のごんちゃんのブログ記事を紹介しておくかな。

↓ごんちゃんのブログ「人生のバランスを大切に自分らしく」です。

http://plaza.rakuten.co.jp/tiisanaippo/

↓SOURCE勉強会の記事はこちらです。

http://plaza.rakuten.co.jp/tiisanaippo/diary/201110020000/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月 4日 (火)

闘う

今日もなんだか体調イマイチな感じもしましたが、回復したように思います。夕飯あたりから元気いっぱいになってきました。

先週は「セクシャリティお話会」のチラシの配布と宣伝で、気が付いたらかなり動き過ぎていました。単なるお話会で、予約だけして、ネットで少し宣伝するくらいのつもりだったんですが、いろいろアイデアが浮かんで、結構一生懸命になってしまいました。仲間の力を借りたおかげで簡単に人数が集まったので、これからはお話会をいいものにするように中身を丁寧に練っていこうと思っています。

チラシ配布の関係もあって先週はコーチングスクールに結果的には3日も行くことになって、予定していなかった授業も受けたりしました。真剣に受講して、深いところまで考えていたらいろんなところに気づきました。

ボクは、今、社会と闘わない姿勢で、社会と接点を持って繋がっていくようなイメージでいたんだけれども、どうやらいつも何かと闘うようなスタンスで行動しているように感じました。こういうときのボクは男性性が強く出るんですよね。普段はやわらかく人と接するように意識的にも無意識的にもしていますが、過去、逆境を撥ね退けて生きていく癖をつけてきたボクには、なかなか闘う姿勢が取れないんですね。そうしなければ自分を護れなかったし生きてゆけなかったように思います。今はなるべく何でも受け止めるようにしているので、かなり辛いことも結構平気。昔は嫌だった自分の部分も今は嫌わずに受け止めてあげているので、人の嫌な部分も気にならなくなりました。人それぞれですしね、それが長所にも思える場合もあります。まだまだできてはいないからカチンとくることもありますけど。

そういうことができるようになってきたと思っていたのに、なんだか必要以上にいつも何かと闘って生きているような感じがした先週でした。何か、ではなく自分と闘っていたのかもしれませんね。

まあ、そんな自分も受け入れているし、多少こういうところもないと強く生きてはいけないので、自分のかわいい素直な一部分と思うことにして、だけど、今週はなるべく穏やかな方の自分で過ごそうかな、と意識しているところです。

からだ壊さない程度に、いろいろ頑張ります。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月 3日 (月)

焼き肉三昧

今日は、38℃まで発熱してしまいました。お仕事お休みです。風邪と言うわけでなく、くしゃみもはなみずも出ません。きっと疲労がたまったんでしょうね。疲れ過ぎると、知恵熱のようによく熱が出ます。先週水曜から土曜日までほぼ終バス近かったんで、日曜だけで疲れが取れなかったのかもしれません。でも、今日もぐっすり休んだら、今は結構大丈夫になりました。明日は出勤できそうです。

さて、先週29日には、お友だち3人と焼き肉に行ってきました。焼き肉、ずっと行ってなくてすごく行きたかった気がしていました。行ったのは名古屋の栄の栄ホル●ン。堪能しました。

01_400_3   

とってもキャベツと言うのを頼んだらこんな量出てきました。タンの画像を撮り忘れました。最初はタンからですよね。

03_400

06_400 

せせりとミノです。

09_400

生ジョッキで始めましたが、途中からマッコリをみんなで呑みました。

11_400

壺付きカルビと言うのを頼んだら、こんなのが出てきました。

13_400

焼いていてもすごい。

14_400_2

こんな風に切って食べるんですよね。まるでステーキのようでした。

17_400

センマイは焼かずにポン酢でさっぱり。

18_400

21_400

ホルモン屋さんなので、コブクロとハツとなんこつも食べました。

15_400

19_400

やっぱり、カルビはきちんと食っておこうということで、普通のカルビと特上カルビです。

22_400

締めは抹茶アイスで。

と、ものすごく食ったように見えるでしょうが、実はボクは全部1~2切れくらいで、焼く方に徹していました。すごく食べたかったのにねぇ。でも、そのくらいがとてもおいしい。ってか、一緒に行くメンバーが楽しいと美味しくなるよね。

そんなわけで、もう熱を出さないように、いっぱい食べて体力つけとかないとね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年10月 2日 (日)

満席、ありがとうございました

今日は、焼き肉行った話を書こうと思いましたが、時間がなくなりました。

ご報告だけします。

「セクシャリティお話会」おかげさまで、満員のご参加表明をいただき、満席となりました。ありがとうございました。

また、ゆっくりブログアップさせていただきます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31