フォト
無料ブログはココログ

« 偶然ばったり | トップページ | 日本へタダ旅行 »

2011年10月13日 (木)

誇り

今日は、なんだか少し穏やかな1日でした。明日1日頑張れば、また休みになるっていうこともあるんだけど、忙しい割りにテンパらずに仕事を終えられました。

ただ、今日も、ひととおり大事なことを書いてみたら、更新できずに書いたデータが消えたので、また書きなおしだと、少しがっかりしましたが(汗)。

明日、コーチングスクエアでいちばん難しいテーマ、「自然体で生きる」を学ぶと、来週は総仕上げのセッションで、これで全授業を終了することになります。そのあと、いよいよ認定試験を受けられることになります。なので、明日も疲れそうだけど、頑張って受講してきます。

さて、今思っていることをひとつ。最近精神的にうまくやれているのは、嫌なことや辛いことをすべて「受け止める」とか「受け入れる」といったイメージで感じているからです。嫌だとか辛いとかいうのは一方向からしか見ていないからだと思うようにしたわけなんですね。一旦はイラっと来ることもあるけれど、そこで爆発さえしなければ、その嫌な出来事が大事なことを教えてくれているように思える感じです。そう心がけていると大体のことは何とか受け入れられているようです。嫌な気持ちも残らないから、凹まないんですよね。ただ、ボクはさらにそこからそういう嫌なことや辛いことに直面する自分も、うまくできている自分もすべてOKを出そうとしているので、まだ先は長いですよね。

そうして、何もかも受け止めていくことで大丈夫な精神状態になるんですが、嫌なことや辛いことの気持ちの整理の仕方は、どうしてもネガティヴな気持ちの処理のように感じます。ネガティヴな感情にフューチャーしていくことも大事なことだと思うんですが、もっとボクのいい部分にも目を向けてあげようと思い始めているんですね。ここまで快復したことや、活動を始めたことにもっと「自信」を持っていいんじゃないかとは、少し前から思い始めていました。最近は、さらにそれを「誇り」にしてもいいじゃないかと思い始めたんです。もちろん、傲慢にならない程度にですけど。たとえば、ゲイということにも、今は何のためらいもなくカミングアウトできます。これまでゲイをカミングアウトするのは大変な作業だったけれど、今はこの生き方に「誇り」を持っているから何の躊躇もなく言えるし、そういう発信をどんどんしていきたいと思っているんです。この「誇り」が先日少し書きそうになった、人生最大の決意をさせてくれたわけです。

人間関係を大事にするために、感謝したり寛容になったりするのもとても大事。でも、活動をしていくためには「自信」や「誇り」がとても大事だと思うようになりました。

これを書くのに、データが消えて書き直しました(汗)。

と、またコメントしづらいブログを書いてしまいました。読み流してくださいね。

20111013_400_2

さっき作った明日のお弁当です。

またね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 偶然ばったり | トップページ | 日本へタダ旅行 »

活動」カテゴリの記事

コメント

豆腐さん こんばんは 最後の活動するのに「自信」や「誇り」 がとても大事という言葉、納得できます。私は就職してから20年間今まで仕事に対し自信と誇りを持ってやってきました。だけど、過剰な仕事で鬱病になり休職した。ここのポイントが傷を引きずって立ち直りきれないでいる最大の原因と思います。最大の拠り所にしていたものが最大のトラウマに変わってしまったからです。豆腐さんに一番伝えたかったのはこのことかましれません。

pen心陽さん、ばんは♪
コメントありがとうございます。

そうですよね。
いつも心陽さんは自信や誇りについてスカイプで話しておられました。
気になっていましたよ。
今日のブログが何かの参考になっていたら幸いです。
ただ、自信と誇りにばかり執着しないでくださいね。
バランス良く、感謝や思いやりとともに心陽さんのものにしてください。
このへんのことをまたゆっくりお話しましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/42498530

この記事へのトラックバック一覧です: 誇り:

« 偶然ばったり | トップページ | 日本へタダ旅行 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31