フォト
無料ブログはココログ

« 2011年を振り返る その1 | トップページ | 2011年 マイ10大ニュース »

2011年12月30日 (金)

2011年を振り返る その2

今日は、お申し込みをいただいた方のコーチングを2つこなしてみました。それほど疲れずに、それなりの成果を出せたかもしれません。自信につながりました。まだまだ喋り過ぎてしまうし、気づきでなくアドヴァイスをしてしまうけれど、ボクのコーチングの形が少しできてきたように思います。もっともっと無料のうちに腕を磨きます。

さて、いよいよ2011年の振り返りの2回目です。今日は、本業の方の仕事・プライベート・健康面を書きます。

まずは本業の方ですが、1月に復職から定時の勤務になるように管理区分が上がりました。4月には2時間残業できるようになり、7月には2時間を超えて残業が出来るようになり、10月にはまったく配慮なしの健常者の扱いへとどんどん管理区分が上がりました。4月の念願だった異動は隣の係への異動にとどまり、税の仕事からは抜けられませんでした。このあと、このまま税の仕事で公務員を終えて、夢の方にシフトして行く方がいいかな、と思うようになり始めました。また新しい職務になると、それを全うしてからしかやめられなくなりそうなのがボクの性分です。ここでかなり覚悟が出来ましたね。新しい係に配属が変わり、急に仕事の中での立ち位置を見つけ、辛くなく仕事に向かえて、自分の得意分野を発揮できるようにボク自身が変化して行きました。その結果、仕事を認められてしまい、来年度4月からはリーダーとしてチームを引っ張って行くことになりました。4月には復職後初めての残業をし、5月からは当番のローテーション入りをしました。派遣に出たり、窓口に出たりするようになりました。6月去年のリハビリから1年を経過し、8月には正式復職から1年を経過しました。復職時の当初の目標、「1年は絶対辞めずに頑張る」というのはクリアしました。9月には課長にいずれは辞めて夢に向かって行くことを告げ、思いのほかの応援をもらいました。同じチームのメンバーや仲のいい同僚、係長にもその旨を告げ、ゲイであることもカミングアウトしました。このせいで、仕事も手を抜けない自分を追い込むような形になったけれど、すっきりして楽になりました。あと、残りいつまで仕事を続けるのかわからないけれど、リーダーの役目が終わる2013年3月までは仕事をしながら活動することになりました。

プライベートでは、音楽や映画などのこれまでの趣味はほとんどやれず、料理やスウィーツのスキルを上げる経験や通信講座での調理師免許の資格の方は進めました。上半期はいつも毎週発散に行っている居酒屋によくスウィーツを作って行ったり、ワークショップの参加の際にスウィーツを持って行くことをずいぶんやって腕を上げたけれど、後半は他の活動の方に力が入り、居酒屋のペースも減ってしまいました。でも、居酒屋のマスターとの絆は深まり、3月には被災地支援のチャリティーイべントをコラボしたり、誕生日にはケーキを作ってもらって感激のDVDをもらったりして、今年もいい風に関係性が続きました。居酒屋の10周年が9月にあった時も縄のれんをボクの自筆でプレゼントできたり、人間関係の丁寧な作り方をさらに憶えたように感じます。その辺はコーチング仲間とも深い交流をたくさんして、かけがえのない絆を作れたと思います。本当に今年の1文字はボクにとっても「絆」だったかも知れません。

東北の地震はボクに多くの気づきをくれて、生きていくことの意味、助け合うことの重さなど、いろいろ学ばせてもらいました。そこに関わって行く自分のスタンスもよく見つめられたと思います。

今年は2回の旅行に行きました。7月の奈良にはむっちゃハマりました。しばらく、仏像と神社仏閣にかなり傾倒したように思います。それは心の整理にも大きな役割を果たしました。年末は伊豆に行きました。

健康面では正月から風邪をひき、長引きました。年間で4度もひいて、つい先日の11月から12月にかけての4週間の風邪はダメでしたね。反省点のひとつです。服薬は一生治らない心臓の薬は別にして、眠剤以外すべての内臓の薬やメンタルの薬が去年のうちになくなりましたが、眠剤も5月に最低限まで減らすことが出来て良かったと思います。10月には障害者手帳を手放すことを決め11月いっぱいでお返ししてきました。これはボクにとって大きな決意だったと思います。

心の変化については、昨日の活動でも触れたけれど、今年初めのブログなどを見ているとまだまだな感じが自分でするくらい、変化をしたと思います。活動をしていくことになり強くなったり安定したり、ぶれない軸が出来あがったりしました。特に活動を始めたあたりの前向きさ加減は半端なく、9月あたりは安心感や自信が出てきました。ゲイと向き合い、カミングアウトの意味を考え、自分との闘いが10月あたりに始まったけれど、オブザーバーとして参加したセミコンの交流会で見ず知らずの30人以上の前で「ゲイの豆腐です」と言ってしまったり、前述の職場でのカミングアウトもあり、そして、何と言っても12月の母へのカミングアウト、姉へのカミングアウトで、ボクの奥底にくすぶっていたものはすっかり解放されました。これはとても大きなことで、50歳直前の大きな前進だったと思います。今ではゲイであることに誇りすら感じています。ゲイの生き方のひとつのお手本になって行きたいとまで思い始めました。

こんな感じが今年のボクだったでしょうか。明日は、今年の10大ニュースとして整理して、今年を心地よく終えようと思います。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 2011年を振り返る その1 | トップページ | 2011年 マイ10大ニュース »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/43566246

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年を振り返る その2:

« 2011年を振り返る その1 | トップページ | 2011年 マイ10大ニュース »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31