フォト
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

どきどき記念日と身代わり

ああ、やっと凄絶な1週間が終わりました。今週は何とか土日とも出勤はなくなり、少しはゆっくりできるかなと思います。とはいえ、明日は血液検査の結果を訊きに病院へ行かないといけないし、午後は研修があります。あさってはまだほとんど咲いていない花見に誘われているので、飲み過ぎない程度にまったりとした時間を過ごしたいと思います。

しかし、今週は本当にすごい1週間でした。月曜日に病院で採血され、検査の結果如何では休養させると入院をほのめかせるような院長先生からの脅かしがあり、緊急時は携帯に連絡するからと言われていたので、びくびくしながら仕事してました。連絡なかったので、緊急を要するような血液の非常事態ではなさそうですが、正直明日の診察が怖い感じはあります。でもそれより怖かったのは28日のどきどき記念日で、夜12時を過ぎるまで結構ビビっていました。それだけ2000年と2006年の3月28日の異型狭心症の発作は、ボクにとってかなり気がかりだったように思います。今の繁忙期を責任を持たされている感じや過労働の状態は、ゆとりや発散のない今のボクにとってはどのくらいのストレスになっているのか自分では測り知れず、それを乗り越えてみて、休んでいた時期より上手にストレスを貯め込まずにコントロール出来ているんだな、という自信には繋がりました。心配してくださった皆さん、励ましや応援をありがとうございました。今も無事生きております(笑)。

ただ、どきどき記念日の翌日の29日、施設にいる母が発作性上室性頻脈という心臓発作で救急車で運ばれ、これはもしかしてボクに起こるべき発作の身代わりなのでは?という気がしてきたりしました。あまりにも、時期的に重なっているし、発作が似ているし、ただの偶然とは思えず、かなり怖くなってきていました。母はこの発作が1月以内にあるようなペースだったら、何らかの手術をしないといけないようです。どうなっちゃうんでしょうかねぇ。何だか目に見えない運命のようなものがある気がします。

そうして連日の4時間残業でぐだぐだになりながら、何とか3月を終えようとしています。このまま4月も過ぎていってくれたら、と思っています。今日、今の係で、異動でお別れする同僚と話をしていて、「ああ、ここでサブリーダーとして1年やって行くんだなぁ」とか感じていました。先週までのような不安でいっぱいな感じはなく、気持ちはどうやってこなしていくかの工夫の方に意識がいっていたので、さほど苦しくはありませんでした。でも、明らかに周りのボクに対する期待や責任の所在の確認みたいなものを、ボクが勝手に重く受け止め過ぎているようで、挨拶や引き継ぎの最中もそんな意識に集中してしまっていました。ボクが思っているほど、期待はされていないかもしれないけれどね。それよりも、去年3月までいた隣の係で異動でいなくなっちゃう同僚に挨拶した時に、「こっちの係では恩返しできませんでしたよねぇ」とボクが言うと、ほとんどの方が「今の係での豆腐さんの活躍を見ていれば、安心ですよ、大丈夫です」と言ってくれて、今の係の同僚と、ボクを見る見方に温度差があるな、と感じました。迷惑しかかけていないと思っていたけれど、復職の途中を目の当たりにしていた人たちは、案外やさしく見守っていてくれたんだなと、少し感慨深い気持ちになりました。そうして、前の係の係長からは「とにかく頑張り過ぎないように」と言われました。隣の係から見ると、ボクの今の元気過ぎる仕事っぷりは別人のようらしいです。やっぱ、いろんなことを取り戻していく過程には、周りの援助や応援や激励があって初めて取り戻していけるんだな、と今はつくづく思います。近い将来、辞めてしまう職場だけれど、この感謝に近い気持ちを忘れずに、いろんな未来に応用していこうと思います。

さあ、あと何年勤めるかわからないけど、とりあえず、来週からリスタートです。自分への負荷はうまくコントロールしながら、またひとつひとつ丁寧にいろいろ乗り越えていこうと思います。みんなもいろんな別れと出会いを経験するんでしょうね。そういう区切りの季節ですね。

あさって、少しでいいから、桜、咲いているといいな。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月26日 (月)

小さな自己開示

今日は残業しないといけない日でしたが、実はあさってくらいで内科系(心臓とか肝臓とか循環器とか)の薬がなくなるので、時間休をもらって病院に行ってきました。本当は先週土曜日に行かなきゃいけなかったんだけど、異動内示のショックと疲労感で午前中いっぱい寝ちゃったので、気づいた時には遅かったとい経緯があり、顰蹙だったけど早帰りさせてもらいました(汗)。

1月にインフルエンザに罹った時の検査の血液で、甲状腺ホルモンの分泌が異常に悪いということが分かっていたので、今日は主治医にそのことを告げ、繁忙期過ぎたら検査をお願いしますと言ったところ、「別に繁忙期過ぎてからじゃなくていいじゃん、今日採血しましょ」と言われ、昼にタンタンメンと酢豚を食ったボクは「オーマイガッ!」ってなってしまっいました。ちょっと結果が怖いですぅ。

でも、そんな恐怖や不安とは全く相反する喜ばしいメールが職場の今のリーダーの女性から来て、「4月から強力助っ人が来るよ」と教えてもらえました。大ベテランで経験豊富なうちの係随一の女性職員と、とても仲良くしてもらっているおじさんと、よそから変わって来るやはりベテランの女性がボクのグループに入ってくれることになりました。相変わらず、うちのグループの仕事を熟知している人はいないことになるけれど、ものすごい安心をもらいました。金曜と今日とものすごく不安を出して配慮をしてほしいと申し出ておいたけれど、言ってみるもんだなと思いました。

最近、カミングアウト以来、ボクらマイノリティは多かれ少なかれ、自己開示(必ずしもセクシュアルマイノリティであるということをカミングアウトするという意味でなく)をしていかないと社会も寄り添ってくれないよね、ということを実感しているところです。勉強会でもそういう類のことを言って来ていますが、マイノリティであるないに関わらずどんな人間関係においてもある程度の自己開示がないと関係は近づかないな、というのをずっと思っています。

今回、弱音を吐いてみて、無理だと思うことに協力を仰いでみて、ある意味、格好つけず、状況を改善したいという想いを口に出してみたことはホントよかったよな、と思います。すべてを曝け出す必要はないし、真っ裸にならなくてもいいけれど、思い切っていろんな自己開示をしていくことは、わがままになり過ぎていなければいいことだな、と実感している感じです。大事なことを言えない人の苦しみには寄り添うけれど、やっぱりボクは自己開示の必要性をこれからも切々とみんなに説いていくことになりそうです。

仕事場での瀬戸際の叫びから、ボクの活動の何か芯みたいな軸みたいなものが、少し垣間見えた気がした1日でした。配慮してくれた人たちや、ボクの周りに寄ってきてくれる人たちに感謝をして、明日、元気に出勤したいと思います。

今日は元気なブログになったかな。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月25日 (日)

異動の内示

昨日、少しだけ触れましたが、金曜日に職場の異動の内示がありました。ボクは去年、係を異動したばかりだったので内示はありませんでしたが、周りの同僚や上司に異動がありました。何といっても、課長の異動はなかったものの、課内の係長5人がすべて異動という人事にびっくりしました。新しい係長にまたいろいろ事情を説明しておかないといけませんね。

それよりも衝撃だったのが、同じグループの8人のうち5人が異動となったことです。ボクは4月からリーダーになるかもとここでも触れてきましたが、それは、今のリーダーの女性がサブについてくれるという条件付きのつもりでいました。残ったのは25歳の男の子と、ボクと、今職免を取っている女性の3人です。今のボクのグループの仕事をよく知っている職員はいなくなります。25歳の同僚の男性もよく仕事のできる人ですが、うちのグループに来たのは去年の6月です。おのずと、その男性とボクとで、リーダーとサブリーダーをすることになります。あと、5人はボクのグループの仕事は未経験者ということになります。たぶん、ひとりふたりは係の仕事自体には長けた人を配置してくれると思いますが、正直、あと1週間ですべてを引き継げそうにありません。

金曜の夜は結構凹みました。自信がほとんどないからです。活動の方はかなり自信がついて来ていますが、本業の方はグループを引っ張っていく自信は皆無に近いです。ただ、一緒にグループを引っ張っていくことになる男性同僚職員がとても仕事のできるいい子だということだけが頼りです。

とりあえず、今週の「どきどき記念日」を乗り切ることと、4月の仕事を乗り切ることが当面の目標でしたが、1日1日を自分を褒めてごまかしながらやっていくというのは、さらに困難になりました。

おそらくボクのことだから、また何とか乗り切ってしまうことと思います。無理になり過ぎないように、潰れてしまわないように、どうして行ったらいいか思案中です。なんかいい知恵あったら、力を貸してください。今のところ、1日1日を自分に声かけしながら乗り越えていくことしか方法が見つかりません。あとは気負い過ぎないように気楽な感じを心がけるしかないかなぁ、と思っています。本格的な活動に、本業の仕事しながらどう移行していくか、独立も視野に入れたうえで、5月になったらゆっくり考えて行こうと思います。

現時点では、凹んでも何も始まらないという開き直りは持てているので、どうしようもない状態ではありません。自分の強さとか、しばらく意識しないで過ごしてきましたが、自分の力や強さみたいなものを信じていけたらやりやすいかな、と少し思っています。応援を頂けると非常に嬉しいです。ちょっと甘えていますかね。誰かに依存したい気分です。

と、また珍しく弱気になってみました。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

コーチングの感想いただきました

今週は日曜出勤・祝日出勤から始まって、ちょっと大変な1週間でした。大きな出来事もあって、そのことについて書きたい気分だけど、今日は別のことを。

先日、ある方とコーチングをさせていただいたんだけど、これまでのクライアントさんはほとんどが知っている方で、ボクのコーチングを受けてみたいという方ばかりでした。数人、ボクが活動をしていく中で出会った方もいらしたけれど、ブログを見て申し込んでくれた初めての人でした。まったく面識のない方というのは、すごく嬉しいことでした。しかも、ブログを見て申し込んでくれたのは初めてだったので、いろいろ発信していて良かったと思いました。

後日、感想をいただき、しかも、それをブログなどで感想に使って欲しいと申し出ていただいたので、ご紹介させていただきます。実名でもいいとのことでした。

溝口祐子さんとおっしゃる方で、ご自身もコーチングをされています。シングルマザーとして、日々頑張って生きていらっしゃる方で、今はシングルママ・パパのために活動されています。以下、ご感想です。

豆腐さん、先日はお忙しい中、コーチングをしていただき、本当にありがとうございました。
胸につかえていたものがスッと軽くなりました。
自分に優しい生き方を選ぶこと、あらためてしていきたいと思います。
「相手の話をとことん聴くと、相手も話を聴いてくれるようになる」ということ、ああ、そうかぁ。と思いました。
豆腐さんの包容に癒され、トゲトゲしていたものがとれていきました。
トンガらないでも生きていける、って思いました。

お疲れのお時間に、心を込めて接してくださったこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

夢とか、目標とかに対しても、トンガらずに向かっていける自分でありたいと、そうあろうと思いました。

豆腐さんとの出会いに感謝します。

ありがとうございました。<m(__)m>

また、彼女は、ボクのブログ記事をFacebookなどで、シェアしてくださったり、セッション以降こまめにご連絡くれたりしています。彼女の感想はコーチとしてのボクを非常に元気づけてくださいました。ボクの自信にもなりました。そうしてボクとのセッションがかけがえのない転機になったと言ってくださいました。祐子さん、ありがとうございました。

↓祐子さんのブログとホームページです。

ひとりぼっちのあなたへ

http://ameblo.jp/hitoribocchinoanata/

シングルコーチング

http://singlecoach.web.fc2.com/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月20日 (火)

最大の理解者

今週は、日曜出勤、今日祝日も出勤で、1週間更新をお休みしました。かなり、体力限界に来ています。早く帰れる日はなるべくたくさん寝ようとしています。栄養ドリンクやサプリメントも使いまくりです。限界に来ると、仕事の速度も精度も落ち、なかなかこなせません。4時間残業を何度かやってみて、上司に、「ちょっと4時間は無理かもしれません。その日の様子で3時間で帰らせてください」とお願いしてみました。これが劣等感とかに繋がらないよう、毎日毎日何度も何度も「よくやれているぞっ、豆腐!」と自分を褒めちぎっています(笑)。去年は2時間しか残業できない管理区分だったのだから、そこと較べれば大進歩ですよね。

活動できず、仕事仲間以外との交流がほとんどなく、自分をみつめる時間もないと、さすがに上手くやれていたボクも、弱音を吐き始めます。自分自身が最大のボクの理解者になっていないとな、と心がけています。

とはいえ、ほとんどネガティヴには陥らずにやれてますよ。元気いっぱいです、とは口が裂けても言えないけれど。

とにかく「なんでこんなにがんばっているのにまだがんばらなきゃいけないの?」とか、「どこまで苦しめば幸せはやって来るの?」とか、「どうしてこんなに頑張っているのにこれだけしか成果が出ないの?」とか思い始めるのはネガティヴに行き始める前兆ですよね。少し、疲れがピークに来始めると、相当スーパーポジティヴなボクでも、やばくなってきます。なので、褒めちぎるわけですね。「よくやれているぞっ、豆腐! 明日もこの調子で行こうぜっ!」って自分に声をかけると、声をかけられた方の自分は泣けてきそうになりますが、そのときは、また声をかけた方の自分に戻ってみる、そんな繰り返しで毎日生きています。この声掛けをするゆっくりとした時間がなかなか見つからないので、帰りのバスの中でやってみている感じです。

そういえば、おととしの今頃、回復を始めて、復職に向かおうかどうか考えていたころは、とにかく自分を褒めていたことを想い出しました。まだまだ劣等感と罪悪感でいっぱいだったボクは、誰にも感謝をせず、自分を褒めることだけに集中していました。誰かに感謝すると、その人が素晴らしくていい人に見えてしまい、劣等感と罪悪感で溢れかえっていたボクにさらにダメ出しをしてしまっていたので、ボクの場合は、自信がついてくるまでは、誰にも何にも感謝をしないと決めていました。感謝の時間を自分を褒める時間に費やした方が早くよくなると思っていたんですね。「感謝は、自分がよくなってから、いっぱいいっぱいしよう、きっとそれがいちばんいい」そんな風に思っていました。自分としてはこのやり方は正解だった気がします。もしかしてもっといい方法もあるのかもしれないけれど、これで復帰していったボクの体験として残っているやり方です。人それぞれなので、みんなに当てはまるかどうかはわからないけれどね。

そうして、今、その感謝の気持ちをお返しとして、マイノリティの当事者の方や、社会に貢献することで、何か出来たらいいなと言う想いで活動を始めました。もっともっと活動を意味あるものにしていくためには、とりあえず今目の前にある仕事を、壊れずにしていくことだと思っています。日常が取り戻ってきたら、すぐに活動に移行できるように、今の本業は少しずつフェイドアウトできるように、今は本業に勤しんでいきたいと思っています。正直、ときどき弱音も出るし、焦りもします。でも、1日1日をこうして乗り越えていけば、きっと繁忙期が倒れることなく過ぎていきそうな予感がしています。今こそ、自分の力を信じる時ですよね。しかも、過信をせず、出来る限り体の声を聞きながら。

そんなわけで、たぶんまた、週末まで更新はお休みです。あとひと月半がすごく遠くに見えるような気もするけれど、きっと今のボクなら大丈夫!、ですよね。

風呂入って、寝る前にもう1回だけ、自分に言っておこうと思います。

よくやれてるぞっ、豆腐! 明日もこの調子で行こうぜっ!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月12日 (月)

いよいよ確定申告締め切り間近

今朝の名古屋はうっすら雪でした。これだけ忙しい中、あまりに寒暖の差が激しく、体がついて来ない感じです。震災から1年、いろいろ思うことがありますが、心をこめてブログを書くゆとりがありません。みんな頑張っているというのに、自分のことで精いっぱいです。また、その後の「スウィーツチャリティ」なんぞに多少想いも馳せますが、乗り越えるまでしばしお待ちくださいね。

昨日、怒涛の5連続ブログ更新というのをしてみましたが、ブログに思いの丈をぶつけるという意味ではとてもすっきりしました。昨日から今日にかけて初めてのこと尽くしでした。5連続更新もだけれど、アクセス40000突破もそうだし、一気に更新するとアクセスもかなり増え、昨日は過去最高の200アクセスだったし、初めてまったくの面識のない方からブログを通じてのコーチングの申し込みをいただいたし(初面識でスクールを通じてのお申し込みはありましたが)、まあ、何だか本業しながらも活動面は勢い衰えない感じです。嬉しいことです。そして昨日寝る前までに、5つ分、全部読みましたよ、というわざわざな報告を5つももらい、書く方も書く方だけど、読む方たちもすげぇな、って思いました。本当は、セクシュアルマイノリティに関することばっかりだったので、ゲイブログ「豆腐の Another Life」にも、同じ記事を載せたいところでしたが、さすがにそのパワーはなく、それなのに、料理ブログ「豆腐の Cooking Life」には別記事を載せるなど、よくわけのわからないテンションを寝るまで持ち続けていました。

↓あ、ちなみに料理ブログは「焼きとり親子丼」を載せました。

http://ameblo.jp/torff/entry-11190042895.html

いよいよ、確定申告は水曜日までです。市民税申告の市民の方もたぶん、このあと3日間はピークで、窓口も電話応対もピークを迎えます。そしてそれが済むと、内部処理に毎日の4時間残業を費やすことになります。へろへろになりながらも、何とか申告締め切りまではやってきましたね。インフルエンザとかもありましたが(笑)。仕事自体はさらに長い時間の、今度はルーティンワークになるので、半ばに来たとも言えず、序盤かもわかりませんが、案外へこたれずに来ました。「この調子で明日も頑張ろうぜ、豆腐っ!」と言いながら毎日を過ごしています。まあ、きっと「どきどき記念日」は忙しくしている間に大したことなく過ぎていくのかもしれませんね。

まあ、そんなわけで、おそらく今週も、週末までこのブログは更新がされないことと思います。今日も、ブログを書くか、お風呂に入るか、の選択を経て、PCに向かっています。何だか、周りが温かく見守ってくれている感じがします。もう少し、仕事に集中してみますね。

みなさん、いつも応援ありがとうございます。感謝です。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月11日 (日)

40000アクセス突破♪

今週は結構疲れました。何もせず帰ってきて寝ちゃった日もあり、おとといの発散や、昨日の少し動いた感じもあったけど、ゆうべ、いつもの居酒屋行ってみて、やっぱ、くたくたな感じが否めません。でも、仕事もそれなりにこなせたし、まあ、合格点です。

先月のインフルエンザの時の採血に少し異常があったようで、先週少し違った検査をしようといことで、また採血しました。昨日、その結果を聞きに行って、どうやらボクは甲状腺ホルモンの分泌が悪いことが判明しました。疲れを感じやすいのはそれもあるようです。ってか、疲れている割に動きまくっているけどね。だからちゃんと休まないとね。ということで、今日は割とゆっくり睡眠を取って、おもむろにPCに向かっている感じです。

で、ずっとブログに紹介させて、って頼んであった方から了承をいただいてて、でも時間がなくて紹介できなかったのを今日一気にブログアップしました。また明日からブログ書けなくなるかもしれないので。

怒涛の5連続記事更新です。面倒だと思う方はご自由にスルーしてくださいね。いろいろ思うことあるから、ブログ、やめられないっす。個人で家で書いている日記ではもの足りないです。ってか、書くのを我慢してたから余計仕事に疲れちゃったんじゃないかな。

あ、そうそう、今日でブログアクセスが40000件を突破しました。前回30000アクセス突破が12月10日だったので、ちょうど3ヶ月で10000アクセスですね。ありがたい限りです。mixiで読んでくれている人もいるかと思うと信じられない数字です。数字がすべてではないですけど。これからも奢らずに頑張って行こうと思います。

明日からまた仕事頑張ります。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

ボクの方向性

仲良くしてくれているお友だちと昨日話していて、ボクのことをmixiの日記で書いてくれてたんで、本人の承諾を得て、掲載しちゃいます。とっても良く書いてくれていたんで。ボクの進む方向にもヒントをくれて嬉しかったです。
ということで、よかったら、読んでください。

今日久々に豆腐さんと話して思ったのが
やっぱり人付き合いのコンフォートゾーンを抜け出すぞ!という決意

豆腐さんは私が人生の先輩として見習いたい、そして敬ってる数少ない一人

豆腐さんの人間関係のつくりかたは私の理想
ぶつかればいいってもんじゃないけど必要な衝突もあるってこと教えてもらえる気がする

そういうの避けては通れないしそういうのにいちいちへこまない体力をつけたい

まぁ豆腐さんほど寛容にはならんでいいかも?とも思うけど(笑)

あと豆腐さんの自己開示はハンパないな
私も相当してるつもりやのに
豆腐さんと会うとまだまだって思わされへこむ
でもいいへこみかたです

むしろこうやってへこませてくれる人は少ないから貴重

頑張ろ~と思いつつ
でも自分のペースで!とも思う
まだ始まったばかり(>_<)

豆腐さんのやっている活動を
当事者じゃない私たちが
どういう風に、自分に沿わせたらいいんだろーっていうのを
ずっと考えていました

マイノリティな方々は大変だから
理解してあげよう、してあげたいみたいな
そういう動機って
当事者以外の方々は、なかなか持ちにくい
なぜかというと、ひとりひとりが
自分が生きていくだけでも精一杯だから

お互いが求め合っている
社会と繋がる接点はどこなんやろうって思った

きのうそれがちょっと見えたかも知れないと思ったのは
豆腐さんの持ってる「タフさ」「強さ」「自己開示力」「人との繋がり」
私なんぞの何倍も豆腐さんはこれらを持ってるんだなってこと

これっていうのは、やっぱりマイノリティな中を生きてきたからこそ
身に付いたものかもって
サバイバー、というんでしたっけ?
だからそういうのができなくてしんどい思いをしてる人たちに
そういうことを伝えてあげられるんじゃないかなと
・・・で、そのあとで実地研修
お店で交流会とかどうでしょう笑

いまやっている活動の傍らにでも、
あるいはいまやっていることに含めて、
そういうことを是非やってほしいなって
私の勝手な希望ですけど・・・

それは、いっけん、遠回りに見えるかも知れないけど
社会とつながる方法のひとつにはなるんじゃないかと思う

例えば豆腐さんの持ってる、人とつながる力
それって、ある人々からみたらめっちゃ羨ましいんだと思う
繋がりを感じられずに生きてる人がきっと多くて
そういう人から見たら豆腐さんは、
マイノリティって部分では人生しんどかったかも知れないけど
別のところでは羨ましい人種に入るのかも知れない
みんなが寄ってくるのはその極意を知りたいからってのもあるかも

少なくとも私は、人付き合いは豆腐さんを参考にしようと思ってるから笑

ぜひまた
「マイノリティな豆腐流・人との繋がりかた」
「マイノリティな豆腐流・自己開示について」
そんなテーマでマイノリティな豆腐さんならではの切り口で
ごくいちで講座やって下さいな!

豆腐さんがこういうことを語ったら
どんなにコミュニケーションを勉強しても
私たちでは敵わない一角を
占めることになるような気がします

なにかの参考になればと思って、
みんなが豆腐さんを好きな理由について考えて
つらつら書かせていただきました

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

「第2回セクシュアリティ勉強会」のアンケートの感想

先月、「第2回セクシュアリティ勉強会」を開催さていただいて、そこでGIDの中山貴将くんのことを事例として取り上げさせてもらいました。その前に、貴将くんと電話で話させてもらったりして、いろいろと訊かせてもらいました。貴将くんからは、何か訊きたいことがあるか尋ねたところ、「性同一性障害などの方は周りにいますか?」「周りにいたらどう感じますか?」「どういう形だったら受け入れやすいですか?」ということを訊いて欲しいと言われたので、参加者の方にアンケートを書いてもらってメッセージにしました。その内容については、みんなが貴将くんに送ったメッセージなので、ここには載せませんが、貴将くんからそれを読んだ感想をいただいたので、貴将くんの了解を得て掲載させていただきます。

アンケートが届きました。お忙しい中、ありがとうございました。早速、全部読ませてもらいました! 僕のことに関しては、もしかしてわざわざブログから引用して頂けました?
電話で話した内容じゃないことまで…でも、僕の気持ちや、情景が凄く分かりやすくて、あんな風に僕のことを皆さんに伝えて頂いた豆腐さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

アンケートも、皆さんがその場にいるような感覚で読ませてもらいましたが、やっぱり当事者のカミングアウトは不安や恐怖が付きまとうと思いますが、何とか勇気を出して自己開示をしていけば(自己開示の仕方にもよるのでしょうけど)、今は周りの皆さんにも受け入れてもらいやすい環境になってきたのかな~というのが、印象的でした。

僕は、今回の勉強会には参加していませんが、これからのNPO法人に向けての新たな方向性が見つかったような感じがして…それもこれも第三者を通じて教えてもらったことは、豆腐さんのカウンセリングの一つなのかな~と、参加してくれた方だけではなく、豆腐さんにも本当に感謝しています。

GID当事者ではない豆腐さんが、GIDの人の気持ちになって皆さんに伝えてくれたことは、それ自体が凄く大変なことだと思いますし、細部まで知ろう!伝えよう!と僕のブログを片っぱしから見てくれた探究心にも本当に頭が下がります。心から…ありがとうございましたo(^▽^)o

アンケートの感想もメッセージの内容も、良かったら掲載してください。それで、少しでも認知度が広まるなら、僕にとっても嬉しいことですので♪

…と、僕はご存知のように、あっけらかんとしていて「どうにかなるさ」精神が強いので、大抵のことは何でも大丈夫なのですが、「自己開示」の質問をしたのは、周りの当事者たちは僕のようにポジティブ思考ではない人達も沢山いるので、あえて質問事項として、良い機会を頂いた豆腐さんを通して、皆さんに聞いて頂きました。

本当は、本人が気にすればするほど周りはその空気感を気にするから、1人の人間として、自然に皆さんの輪の中に溶け込んでいくことが出来れば一番いいんでしょうけど…。
そうすれば、自己開示のタイミングも自分の中で見計らって言えるチャンスは巡ってくると思うのですが、全員が全員そういう感覚ではないでしょうから、難しいんですけどね。

僕は直接皆さんとご連絡は取れませんので、ぜひ豆腐さんから皆さんへ「ありがとうございました」と、宜しくお伝えください。

全文ではないですが、今日はお伝えしてみました。この温かい感想も踏まえて、これからの活動に活かしていきたいと思います。また出来る限り、いろんな活動やイベントに参加して、ボクがみんなの役にも立てるように頑張りたいと思います。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

あるがまま

先日、facebookでいろいろなのを見ていた時に、ある人の記事から、あるブログにたどり着きました。それを見て心動かされました。心動いたと言っても、ボクとおんなじだな、って思っただけなんだけれど、率直で素直な部分と、前向きでポジティヴな部分と、自分や周りに向き合っている感じが、とても嬉しかった感じです。コメントを入れて、お友だちになってもらいました。そして、ここで紹介させてもらいたい旨を伝えて快く承諾をいただけたので、そのブログを転載させてもらおうと思います。

30歳前のカミングアウトは、ボクが50年弱かかったことなので、もう20年早く動けていたら、多少世界が変わっていたような気がします。まあ、10代でこれが出来る人もいるわけだし、速さが関係ないことはよくわかっています。ボクには50年が必要だったんだと今は思えています。また素敵なヤツに出会えた気がします。

ボクがゲイだとカミングアウトする理由

突然、驚かせてしまってすみません。
タイトルの通り私、平山裕三はゲイです。
別の言い方をすれば、同性愛者です。
家族や友達には何人かカミングアウトしていますが、
それでもfacebook上で友達約500人いる内、
僕がゲイだと知っている人は10%もいないでしょう。
それでは何故このタイミングで、
そしてこんなにも大勢の方々に言おうと思ったか。
それは自分を偽って生きることを辞める決心がついたからです。
どんな人であれ他人に見せられない自分だったり、
見せたくない自分がいると思います。
僕の場合はそれがたまたま「同性愛者」という部分でした。
長い間、僕にとってそれは隠したい自分だったし、
同時に認めたくない自分でもありました。
僕の場合は生まれた時から気付いていたタイプ(後天的に気づく人もいます)ですが、
それでも高校時代はそんな自分を認められず、女の子と付き合い、
誰にも言えずに悩んでいたこともありました。
高校時代は、色々な友人から相談を受けるタイプでしたが、
その度に自分の悩みは誰にも言えないことに苦しみ、
自分の境遇を恨んでいました。
ゲイであることを隠すということは、
常に自分自身に対して嘘をついて生きていく毎日でもありました。
学生時代は特に恋愛の話などは共通の話題ですからね。
毎日嘘をついて、周りのみんなに合わせていくことが慣れていくと
別に隠さなくていいことまで進んで言わないようになりました。
昔はよく「謎がある」とか言われたし、今でも言われることもありますが、
自分の中では「ゲイ」であることを隠していることがそう思われる理由だと思っています。
僕は本来わかりやすい人間ですから。
毎日自分自身を偽り過ごすことに慣れてはきましたが、
本当の自分をさらけ出せない苦しみはどんどん膨れ上がっていました。
迷いに迷って高校卒業間近、
親友に自分のことを打ち明けました。
その時のことはあまり覚えていませんが、
親友はそんなに驚いてなかった様な気がします。
前日からものすごく緊張して、直前まで言おうか迷っていたのは覚えていますが笑
卒業してからは、仲良い友達の数人に少しずつ
カミングアウトをできるようになっていました。
数人の友達にカミングアウトできるようになったとは言え、
家族、特に両親には絶対にできないなと思っていました。
カミングアウトすることは親不孝だ、
そんなことを親は望んでない、
カミングアウトすることは自分のエゴだと思っていたからです。
一方で、血のつながっている家族に
あるがままの自分をさらけ出せないことが
一番苦しくもありました。
しかし、
「言ったら悲しませてしまう」「勘当されてしまうかもしれない」
という不安から、言えずにいました。
そんな気持ちのまま就活が始まった大学3年生の冬。
僕にとって一つの転機が訪れます。
就活のことで些細なことから母親と喧嘩し、
勢い余って図らずもカミングアウトしてしまったのです。
そこからは兄を含め話し合ったり、
親父にも言ったり、と家族会議の連続でした。
長年言えなかった想いを吐き出して、
全てをとは言いませんが、家族に受け止めてもらいました。
この時期は家族会議の度、泣いてましたね。
今でも「結婚しろ」って言われるけど、
カミングアウトした時、
母親には
「普通家族には言えない人多いと思うけど、言ってもらえてよかった。」
親父には
「今まで辛かったんなぁ、ごめんな。」
って二人とも泣きながら言ってくれて、
僕はすごく救われました。
この二人の子どもとして生まれて本当に良かったと思いました。
そして、そこから僕の人生は変わりました。
家族にカミングアウトしたことで、
自分がゲイであることを自分自身受け止められるようになりました。
それまでの人生は、
恋愛して結婚してマイホームを買って…という
普通の幸せを得られないことを悔やみ、
その分頑張って普通の人より幸せになってやる、

と穿った考え方をしていました。
「ゲイである自分」は幸せになれない、

と無意識に思っていました。
しかし家族にカミングアウトしたことで、
自分がゲイであることを素直に受け入れられるようになり、
その上で生きていこうと腹を括れるようになったのです。
それからというもの、僕の人生はものすごく明るいものになりました。
それまでの人生は、自分を偽り、自分ではない誰かに合わせる人生でした。
しかし、あるがままの自分をさらけ出せるようになってから、
自分の人生を自分の足で歩めるようになれたのです。
やっと自分の人生の歯車が回り始めたような感覚でした。
「わざわざ言うことではない」
「言わないで生活した方が楽」
同性愛者の多くの人はこう言います。
自分も言えない、言わない時代があったからわかります。
確かに言わないで生きた方が楽だし、
隠していても不便なことはありません。
(合コンとかでテンション合わせるのは億劫ですがw)
でも自分にとってゲイであることは、
平山裕三を語る上で切っても切り離せない部分です。
仲良い人にはカミングアウトして、
わかってもらえる人の前では素直に生きる。
言えない人には距離感を保って生きていく。
隠しながら生きていくことを批判しているわけではありません。
みんなカミングアウトすればいい、なんて思ってるわけでもありません。
ただ、自分はその生き方を選ばなかった。
僕はどんな人とも偽らずに付き合っていきたい。
そのためには自分のことをさらけ出して生きていくこと、
カミングアウトすることは自分にとって自然な選択です。
僕は去年の9月、はぐくむで開催しているSocial design cafeで、
最後にこんな言葉を書きました。
【OPEN & SHARE YOUR STANCE】
僕は自分を明らかにし、スタンスを共有することで、
人とつながり、絆をはぐくんでいきたいと思います。
そして僕と同じように悩んでる人たちが
「こういう生き方もあるんだ」
って選択肢を増やしてもらえることが、
僕の使命だと思ってます。
こうやって不特定多数の人に対してオープンできるようになったのも、
今まで僕を受け入れてくれた友人、はぐくむのメンバー、そして家族がいたからです。
ただただ感謝です。
多くの人からの愛があったからこそ今の自分がいることを忘れずに、
驕らずに、これからも一歩一歩、邁進していきたいと思います。
・・・・・・・
カミングアウトしてなかった方、
驚かせてしまって、そして言えなくてすみません。
僕はどんなこと聞かれてもOKなので、
次会った時には気遣わずに何でも聞いてくれれば嬉しいです。
ゲイっていうのは別に特別なことでも
かわいそうなことでも何でもなく
「背高い」とか「声低い」とか、
そういったキャラクターの一つですから。
このエントリーも、
もしよければどんどんシェアなりRTしてほしいです。
色んな方の目に触れることで
「こういう生き方もありなんだ」って
思ってもらえれば嬉しいので。
こうやってカミングアウトしたことはゴールではなく、
これからが僕にとって新たなスタートです。
もしかしたら今まで以上に困難なこともあるかもしれないけど、
どんな時でもあるがままの自分でいたいと思います。
読んでくれて、聴いてくれてありがとうございました。
平山 裕三

↓平山裕三くんのブログ「あるがまま」です。

http://yuzo-hirayama.blogspot.com/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

フーガさんの日記記事から

アメブロで読者をさせていただいている、フーガさんという方が、こんなブログ記事を書いておられました。フーガさんの了承を得たので、転載させてもらいます。

デメリットと思われ続けるセクマイとは。

どこかに存在するであろう男はこう言う。
オレは男好きじゃねぇーし。
ソッチの趣味は無いから!
女の子にしか興味ないし!

この何気ない誰かが言うであろうコトバ。
これを見てアナタは何を感じただろうか?
あるある。そう思っただろうか?

同性に言い寄られない為だろ。そう思っただろうか?
同性恋愛している様に思われたくないんじゃない?
どんな事をアナタは思っただろうか?。
何気ない大多数に言うであろう''ソノ''アピール。

僕は私は俺は異性愛者です。っと...。
同性恋愛者と思われると困るのだろうか?
同性を想う事は後ろめたい事なのだろうか?
同性を愛していると思われる事は悪いのか?
何気ない日々、どこかで口ずさまれるであろう
自分は同性愛者ではない。っと言うコトバ。
鋭い刃のごとく誰かの心を切り刻むコトバ。
普通と言う誰かにアピールしている行動。
だがそれは同性愛者を、セクシャルマイノリティを
自分にとってのデメリットであると言っているコト。

間違われては困るから。
気持ち悪いから。
違うと区別されたいから。
セクマイと思われるのが怖いから。

その心が、自分は異性愛者です。っと吐かせる。
だがそれは
言葉の暴力だと思う。
セクマイはデメリットと思うから、違うと発言し
違うとアピールする、その些細な行動が
僕達ゲイ、セクマイの
存在そのものを
否定している事になるのです。
それは差別であり区別であり存在の否定。

別に間違われても良いじゃん。
そんな世の中であるのなら素晴らしかった。
だが現実は同じ人間同士が醜く
差別するだけしか出来ない差別社会です。
アナタは自分の存在が、誰かから、大多数から
社会から、友達から、親から

デメリットと思われて傷つきませんか?
心が締め付けられませんか?

そんなの気にしなきゃ良い。
スルーしていれば良いよ。

そう思うかもしれない。でもそれは
変えられるチャンスから逃げている事だよ。
セクマイがデメリットと思われない世の中に
いつかする事が出来るチャンスから逃げる事。
何もしなければ、セクマイは今のまま
ただデメリットと思われる存在のままです。
でも、デメリットと、なんで思うの?って
疑問にも思いますよね。
それは僕達ゲイやセクマイ自身にも
デメリットと思われてしまう落ち度があるという事。
それも改善しなければどんなに多くの人達が
必死に地位向上をしたとしても
せっかく作った足場を自分達で崩して
奈落に落ちて行くだけ...それではいつまでたっても

ゲイはデメリットと思われる存在のまま。
自ら命を終わらせてしまう人を生み出してしまう。
心がズタズタに壊れてしまう人を作ってしまう。
そんな社会が健全と言えるのですか?

見て見ぬ振りをする。
知ろうとしない。
分かろうともしない。
歩み寄ろうともしない。

そんなアナタの誰かに対しての
何気ない行動と言葉は、この世界の
どこかに居る誰かの心を
殺すのです...。
アナタはそんな知っていなければならない
当たり前な事に気が付けていましたか...?

少しでも多くの人がゲイを差別しないそんな
世の中を自分達で作る努力を始めませんか?

ボクはこれを読ませていただいた時に、なんかボクも同じような違和感感じている、と素直に思いました。フーガさんとは、もしかして違うのかも知れないけれど、同じようなことを言う人たちに、なんだか、嫌な感じを感じていて、それをこのブログ読んだ時に、あ、そういうことなんだって率直に感じました。そういう言い放ち方をセクマイのデメリットと繋げることはしてなかったけれど、すごく共感みたいなのがありました。今、なんで自分がその視点で見て嫌な感じを腑に落としていなかったのかが良くわかならなくて、自問自答していた感じです。

人に押し付けている感じを自分に持つのが嫌なために、こう感じてしまったことを見ないふりをしていた気がしました。今のところ、こう言い放たれたからと言って、さほどボクは苦しくなっていません。でも、きっとそのたびに「なぜこの人はわざわざボクは違うけど」って前置きするんだろうとは思っていました。ボクは自分がマイノリティであることは重々承知しているので、別にその辺を相手に期待してはいないんだけどな、とは、感じていたように思います。もちろん、「僕もそうです」と言われれば、仲間を見つけた感じにはなるので嬉しいんだけどね。デメリットとしては感じていませんでした。でも、違和感の理由は腑に落ちた感じがしました。それと同時に、なぜ大多数の人たちは自己開示を押し付けられたように感じてしまうんだろうか、とも。それが自己開示をしにくくしていませんか、ということも。

ただ、そう思ったので、今日のブログに引用させてもらいました。

↓フーガさんのブログ「Fuga Del Gatitoの日記にゃ

http://ameblo.jp/fuga-del-gatito/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月 6日 (火)

KALIKAのカレー♪

いよいよ、残業が本格的になってきて、不安は勢いを増しています。その日の自分を褒めるとか、残業乗り越えた状態をイメトレするとか、やってますが、やっぱ、1日の仕事が終わるとぐったり疲れてしまい、不安になってしまいますね。結局は大丈夫な感じになるんだけれど。土日しっかり休んだせいか、昨日と今日は比較的元気に働いています。昨日はブログアップしなかったけれど、このまま毎日じゃなくても書きたい時に書ける状態を維持しておきたいです。

さて、今日は軽い話題です(笑)。最近は忙しさにかまけて、めっきりスウィーツ作りも料理もしてなくて、コンビニや外食になってしまいがちですが、家の近所に最近できたカレー屋さんがすごく気になっていて、こんな時なので、夕飯に昨日寄ってみました。昔、近所のSHIKARというカレー屋さんを紹介したけれど、ここも、ネパールの方がやっている本場の味っぽいので、楽しみにしていました。

Kalika_400

昨日食べたのはチキンカレーのセットで、これにスープとソフトドリンクがついて1200円です。ボクは2辛にしました。ランチだともっと安いみたいだけど、なんといってもナンがでかいっ。お腹いっぱいになりました。SHIKARとよく似ているんだけれど、SHIKARはもっとスパイスが本場な感じ。このKALIKAは、多少日本人向けに味を変えてあるような気がしました。でも、結構満足。また行ってみたくなりました。

別に、断ったわけでもないけれど、インターネットで調べたら出てきたので、URLを掲載しておこうかな。

http://kalika-curry.com/

ボクん家のすぐそばは味鋺店なんだけど、愛知県に安城店・東刈谷店・尾張旭店が先にオープンしていて、味鋺店はチェーン展開4店舗目みたいです。お近くの方、ぜひ、寄ってみてください。んで、食べてみた方は感想を語り合いましょう(笑)。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月 4日 (日)

振り返り

最近感動したり思うことがあったりした映画・音楽・本などを掲載したいのはあるけれど、さしあたり今急いで書きとめておきたいテーマが今日はないので、今日は少しとりとめなくブログを書いてみようかと思います。

明日からいよいよ3時間4時間の残業が始まります。とりあえず、仕事1本で耐えられるかどうかとか、連日平日このペースで行けるかどうかの不安はあります。それから、最近乗り越えれそうかもしれないと思った感じも保って行けるかどうかの不安もあります。今はその不安と闘うのでもなく、撥ね退けるでもなく、避けるでもなく、不安に寄り添いながら、その日乗り越えた自分に執着して、翌日も頑張ろうという視点で乗り越えていく準備は一応あります。

そのなかで、発散や、余裕があれば交流や活動などをやりくりしていこうと思っているわけですが、週末の数時間の居酒屋を堪能するというか、その場所の確保はしておきたい感じです。最低、それがあれば何とか気持ちのやりくりができないかなと思っているんですね。先週と昨日と土曜日いつもの居酒屋なべに行ってみて、そのへんの心地よさを焼きつける感じでイメージを落とし込んでおこうとしました。マスターとその彼女さんは、ボクにとって安心できる場所だったりします。友だちやスクールやクライアントさんは、時間を作って合わせてもらわないといけないけれど、とりあえず土曜日夜にボクのゆとりがあれば、勝手に行けばいいわけだし、日常の予定に無理やり入れ込むという感じではないので、無理がありません。でも、ただそれだけじゃなくて、何か努力して貪欲に貪らなくてもいい安心感がある気がします。先週だっけか、その居酒屋に行った時に、ふと、なべのマスターと彼女さんに出会った時の話になりました。おととしの秋の、ボクがまだ復職する前の年末のことです。まあ、最初から波長の合う感じはあったけれど、ボクが何とか居酒屋なら出かけられそうな状態から、今のスーパーポジティヴになるまでの経過をずっときちんと見てくれているお友だちだし、それをとても認めてくれている人たちなので安心するのかな、と思いました。お店を持ちたい夢を持つまでのことも知ってくれているし、毎週持って行ってたスウィーツにいつも付き合ってくれてたし、見てくれていたから、そして応援してくれていたから、今日まで来れた気がする大事な2人でもあります。昨日行った時も、公開した動画の感想をマスターがくれて、嬉しくなりました。大半のことは動画を見ないでも話してあったことなんだけど、改めてああいう場で告白をしていくボクを感動しながら見ていてくれたようです。先週は出会ったときにお互いにカラオケで歌った歌を想い出して歌ってみたりして、出会いのころのことを鮮明に想い出していきました。仕事のせいで声ががさがさだったけど。

と同時に、あとでそのころ何が辛くて何を求めていたかが蘇ってきて、一瞬苦しくなったりもしました。でも、そこを乗り越えてきた感じや一生懸命さを思い出したりもして、何だか、感謝みたいなものが出てきました。だからこそ、こう思える間は頑張れる気がするし、そこをずっと見て来てくれている2人がいてくれたら、そしてその居酒屋に毎週末行けたら、やって行けそうな気がするんですね。そういうのを依存とかいうのかもしれないけれど、頑張るときはよりどころが必要なのが人間だと思ったりします。そうして、自分にゆとりのあるときは人のよりどころとなれる自分でいたい気がします。それはたとえしてもらった人にお返しすることにならなくても、それはそれでいいのかな、とも思ったりします。なんだか、忙しい本番はこれからなのに、もうすでに乗り越えた後の感動をしそうです。

昨日今日と、発散に居酒屋行ったのと、今朝月法要があったのをのぞいて、家から出ずにゆっくり休みました。たまっていた録画番組を見たりして過ごしました。何か休み過ぎて疲れた感じもして、少し外出した方が良かったかもとも思いましたが、とりあえずまた明日から1日1日を乗り切って積み重ねて1週間を終わらせたいと思います。

2か月間、ほとんど更新しなくなるかもしれないけれど、なんとなくアクセスがあるだけで、みんながそばにいてくれる気がして頑張れそうです。よかったら、2か月乗り越える間も、このブログへみんなが遊びに来てくれると、きっと活力になると思います。コメントとかなくてもきっとアクセスだけでボクは嬉しくなるんだろうなぁ、と思います。そんなわけでぜひともみんなの力を貸してくださいね。よろしくお願いします。

なんか変なブログになっちゃったな。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月 3日 (土)

飲みコーチング

今日は先日初めてやってみた飲みコーチングのことを書きます。

ボクは基本的にコーチングの時は、時間を計る、メモをとる、タバコを吸わない、ということを何となく決めていて、アルコールを摂る摂らないは条件には入っていません。時間を計るのはコーチングの全体像を見極めてどのくらい喋って吐き出してもらうか、自分がどのくらい導きをするか、必要な時はどのタイミングでアドバイスや提案をするかを考えてある程度まとめるようにしています。結果を出さなければいけない観念はあまりないのですが、多少、ボクのコーチングのしやすい形にしてしまうところがあります。ある程度、クライアントさんに感触を得て帰ってもらった方がいいな、という想いがあります。メモを取るのは、次回セッション時に忘れていることがあるといけないと思うからです。そして、タバコはやっぱり相手に寄り添うような雰囲気には不似合いなアイテムだからと思うからです。でも、ここにアルコールは入れなかったですね。

先日、初めてコーチングをすることになったちづるさんとは、初めて飲みながらやろうか、ってことになりました。さすがに、自己管理ができなくなりそうで、結局はセッション終了まではウーロン茶で過ごしましたが、少しだけこれもありかな、と思いました。もちろん、それを望むクライアントさんであることが前提だけれども、最近つぶれることのなくなったボクは、たぶんアルコールのせいで鈍ることはなさそうだし、口は滑らかになるし、飲みセッションという得意技を身につけてもいいかな、と感じました。ちづるさんのコーチングのことをブログに書いてもいいと、ちづるさん本人から許可をいただいたので、今日載せてしまいます。もちろん、中身については守秘義務があるので触れませんけどね。

場所は名古屋駅の「世界の山ちゃん」。名古屋の手羽先は有名だからという理由でしたが、ちづるさんはもうすでに経験済みだったので「風来坊」にしようと思っていましたが、近くに先に「山ちゃん」が見つかってしまい、面倒だったのでそこにしました。

セッションの後は、ちゃんとボクもビールをいただきました。ずいぶん、セッション後の交流で砕けることもできて、とても良い時間を過ごしました。実はちづるさんから無料コーチングのお申し込みをいただき、最初に設定させてもらった日は、インフルエンザに罹ったことが分かった日で、延期させてもらいました。でも、ちづるさんは短期留学ということで2か月間だけ名古屋で過ごし、コーチングスクエアに入校した鹿児島の方でした。今日、飛行機で鹿児島に帰って行かれました。なので、ぎりぎり間に合った交流だったんですよね。ちづるさんは名古屋で大切なものを手に入れて、幸せな想いで帰られたと思います。そして、名古屋にまたすぐに帰って来ると宣言しておられました。この大切な時間の中にボクが存在出来たことをとても嬉しく思います。いつでも会えるような近くに住んでいなくても相互の努力があれば、ずっと絆を繋いでいられますよね、ってことを確認できました。

400_2 

なんだか、ボクは表情が疲れてますか?(笑) しかも、シャツのボタンが腹の部分はちきれそう(汗)。まあ、でも、とても記念になりました。ちづるさん、また元気な笑顔をすぐに見せてくださいね。

ちづるさんは名古屋を離れる前日まで、貪欲にあちこちをまわり、美味しいものを食べ、名古屋を堪能しておられました。この名所の少ない名古屋で、直前でも科学館やらトヨタ記念館やらをいっぱい回っていました。あの行動力たるやすごいもんです。感服しました。今度名古屋に来られる時は、ボクのお薦め名古屋コースをナビしたいなと思いました。

そうそう、帰りの精算でレジ打ちしてくれたお店の方が、山ちゃんグッズをくださいました。アメちゃんとシールとマッチ。シールってなかなかレアあも(笑)。ちづるさんはアメちゃんを山のように鷲掴みしてポッケに入れていました。

400_3

本業がかなり大変なところに来たので、3月4月コーチングをお休みさせていただきます。5月から再開しますので、普通のコーチングもですが、ぜひ、飲みコーチングを受けてみたいという方も、どしどし受け付けます。でも、飲みの時はあまり成果を求めないでね(笑)。

ちづるさん、コーチング受けてくれてありがとう。ぜひ、近々またね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月 2日 (金)

日米アカデミー賞結果

今週は結構くたびれました。たぶん、土日を休まなかったからだと思います。明日あさっては、どっぷり休もうと思います。

さて、日米のアカデミー賞の結果が出たので、ボクの予想とどれくらいずれたかご報告です。ボクの予想は◎が本命と予想したもの、○が対抗、▲が大穴でした。

第84回アカデミー賞

【作品賞】○『アーティスト』

【監督賞】○ミシェル・アザナヴィシウス『アーティスト』

【主演男優賞】○ジャン・デュダルジャン『アーティスト』

【主演女優賞】○メリル・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

【助演男優賞】◎クリストファー・プラマー『人生はビギナーズ』

【助演女優賞】○オクタヴィア・L・スペンサー『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』

【オリジナル脚本賞】○ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』

【脚色賞】○アレクサンダー・ペイン, ナット・ファクソン, ジム・ラッシュ『ファミリー・ツリー』

【外国語映画賞】◎『別離』(イラン) 

【長編アニメーション映画賞】◎『ランゴ』

第35回日本アカデミー賞

【最優秀作品賞】○『八日目の蝉』

【最優秀アニメーション作品賞】◎『コクリコ坂から』

【最優秀監督賞】▲成島出『八日目の蝉』

【最優秀脚本賞】○奥寺佐渡子『八日目の蝉』

【最優秀主演男優賞】◎原田芳雄『大鹿村騒動記』

【最優秀主演女優賞】◎井上真央『八日目の蝉』

【最優秀助演男優賞】◎でんでん『冷たい熱帯魚』

【最優秀助演女優賞】◎永作博美『八日目の蝉』

【最優秀外国作品賞】◎『英国王のスピーチ』

というわけで、近年稀に見る外れ方でしたが、まあ、あんまし映画観ていないからなぁ、っていうのが実感です。作品賞監督賞を両方とも外したのが結構ショックです(笑)。今後、この結果を踏まえて、これらの映画を堪能しようと思います。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年3月 1日 (木)

初セミナーの動画公開♪

今日は、久しぶりに寝坊をしてしまいました。今日は区役所派遣だったので、バスをやめて地下鉄で行けば間に合うということで、職場には間に合いましたが、ゆっくりバスで座って行くことができず、通勤だけで疲れちゃう感じでした。まあでも、何とかなったのでよしとします。とりあえず、明日が乗り越えられれば週末なので大丈夫そうです。

今日、アカデミー賞の結果を載せようと思ったのですが、明日日本アカデミー賞の発表があるので、こちらはその後にしようかなと思っています。

で、今日の話題なんですが、昨年、講師デビューを果たした7月3日の「ごくいち!2」の様子が、ごくいち会長のモリちゃんによりYouTubeに動画アップされたので、自分のブログでも掲載してみようと思いました。「ごくいち!」は「ごく一部の人にしか役に立たない講座」の略です。ボクの講義のタイトルは当初「アブノーマルな○○さんの見分け方」でした。少し、表現に問題があるかもしれないと思い、公開は「マイノリティな○○さんの見分け方」に変えてもらいました。今回、その全貌が公開されたわけです。

今、活動をしていくにあたり、この動画の公開は、正直デメリットかもしれません。というのも、マイノリティを笑いに取るような内容だからです。ボクがやっていきたい活動は全然違うし、現に今開催している「セクシュアリティ勉強会」はもっとずっと真面目なものです。でも、この時は、ボクらのようなマイノリティに興味を持ってもらえるならどんな形でも構わないと思っていました。この動画を今見る限り、その心配はないな、と思って、紹介することに決めました。前半の内容を聴いてもらえば、ボクがゲイを見せものにしているようには思わないだろうと踏んだからです。むしろ、ボクが声を上げていることをみんなに見てもらった方が、いろんなことが伝わって行きそうに思いました。言い方に誇張やデフォルメがあるのもきっと伝わると思います。すべてがこういう風なわけでもないことや、マイノリティの括りの表現が違うことも、ちゃんと解ってもらえますよね。ってか、これ見て腹が立つ人がいてもおかしくない気はするし、そこをコメントでぶつけてもらってもいいように思います。

ということで、思い切ってブログ上でも公開です。これでさらに活動が広まっていくといいな。

↓携帯の方は、こちらから。

http://m.youtube.com/watch?desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D1rjoXqvlYqs%26feature%3Dshare&feature=share&v=1rjoXqvlYqs&gl=JP

あ、あと、この動画をYouTubeに流してくれたモリちゃんに大感謝です。

↓あっ、いけねぇっ!、「ごくいち!」のURLも載せとかなきゃっ(汗)。

http://gokuichi.info/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31