フォト
無料ブログはココログ

« ひさしぶりに料理 | トップページ | 覚悟 »

2012年5月17日 (木)

「厳しい」ということ

今日はついに職場で要望という形で上司にお話ししてみました。「充分やれていると思うし、これ以上頑張れないので今の担当に専念させてほしいです。ノルマとして全員に課す仕事から今月は外してもらえませんか」と。快く応じてもらえたけれど、スピード上げて配慮が要らない状態に持っていったのは自分自身。普通に扱ってと言ってきたのに、思ったよりきつかったから配慮をし直して、と求めるのはかなり勇気が要りました。コーチングや講師なら、みんなの前に立つの平気などころか大好きなのにね。苦手なことだと、たちまちプレッシャーになってしまいますね。実力の5割増しくらいの仕事をこなしていることを「わかって」とか「さとって」とか思ってしまうのってどうなんでしょう。受け入れることは簡単にできているんですけどね、出来ないところも出来ることも。

職場にいると、最近「厳しいなぁ」と思うことが多いです。自分に厳しいとか、他人に厳しいとか、そういう言い方をよくするけれど、ボクはその意味では自分に超厳しくて、人には何も求めない感じです。でも、人は往々にして自分に出来ることを出来ない人や、自分がやっていること以下のことしかしない人にやたら厳しくなるような気がします。得手不得手があるのだから、自分の出来ないことしていないことをしている人を「いいなぁ」とか「素敵だなぁ」とか「尊敬するなぁ」と思うように、思ってあげたら厳しくもならないし苛々もしないと思うのに。そうやって自分の出来ることを自分で尊敬して褒めてあげて、出来ていないところに寄り添って受け止めれば、苦しくならないのに、っていつも思います。人にも自分にもそういう思い方をどうして人はできなくなってしまったんだろう。きっと、ボクも出来ていないんだろうけど、だから苦しむんだけど、コーチになったおかげで少しはそういう風になれたと思っています。

きっと今の職場に、辛いことが分かっていながら復職したのは、本業にダメ出ししたまま次の仕事に行くのでなく、今の本業をちゃんと卒業して、劣等感をある程度消してから次に進みたかったから。それだとしたら、もうボクはその役目は果たしたと思う。苦しい場所から穏やかで安心できる場所にお引越しをしたいのです。まだまだ努力がたりませんか? 修行が足りませんか? って毎日思い始めています。

とか言いながら、もう自分で納得して決めているんですけどね。劣等感もダメ出しもなく、次に進むことを。時期やチャンスを狙っているということも。だから頑張れる。

さっき、雷が鳴りました。びくっとして、喝が入りました。今のボクには、この雷のような何かきっかけが欲しいところです。

今日も少しぼやいてみました。もう半月、極度のプレッシャーから解き放たれるまで、こんなボクだと思いますが、もがいて脱出しようとしているボクを見ながら、高みに辿り着いたら、そんな生き方や頑張り方があるのだと、みんな俯瞰しながら眺めていてください。きっとボクはみんなのいい反面教師になると思いますよ。あと半月、苦しませてください。辛かったら流し読みしてね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« ひさしぶりに料理 | トップページ | 覚悟 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/45301642

この記事へのトラックバック一覧です: 「厳しい」ということ:

« ひさしぶりに料理 | トップページ | 覚悟 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31