フォト
無料ブログはココログ

« 「第4回セクシュアリティ勉強会」のご報告 | トップページ | 提案 »

2012年7月 7日 (土)

セミナーコンテスト名古屋大会

7月1日に「第13回セミナーコンテスト名古屋大会」にチャレンジしてきました。ここに挑戦することは何度もこのブログで触れましたが、その後の感じをなかなかお伝えすることができませんでした。

去年ボクの「ごくいち!」での講座を聞いてくれた方から、このセミコンに参加してみてはどうかと、お誘いを受けたのがきっかけです。「ごくいち!」でマイノリティの方たちや社会に向けてのボクの活動や想いを知って、セミコンへの挑戦がこれからのボクの活動にいい経験になる、という意味でのお誘いでした。セミコンでいうセミナーは一方向の講演になっていてはだめ、ノウハウがなければ、成り立ちません。ボクの活動のテーマは講演向きでノウハウとして何が伝えられるのか、果たしてセミコンが本当にボクの通過点として必要なのかをずいぶん考えました。

昨年から「セクシュアリティ勉強会」を始めてみて、これがセミナーなのか、セミナー講師としての経験に含まれるのかはよくわかりませんでしたが、セミコンの挑戦者の資格としての条件が「セミナー未経験者」「セミナー講師経験1年未満」「セミナー講師経験10回以内」ということを考えると、ボクには今年しかチャンスはありえませんでした。ボクが今後転職してまでやっていきたいのは、カウンセラーやコーチでマイノリティの方たちの気持ちに寄り添っていくこと、でもそれだけではなく勉強会や講演もやっていくこと、その中にセミナー講師としてのスキルも会ったほうがいいという感じ、その中で、コンテストに挑戦するというのは何なんだろうかということはずっと考えていました。そうして、このコンテストで手ごたえを感じ、転職をする、これからその道で仕事として生計を立てていく、そのことに独りよがりではない客観的な確信をつけていく、自信を持つ、そういうのが、セミコンへの挑戦の意味でした。セミコンで結果を出す、もしくは手ごたえを感じる、これで、やっていく見極めをしようと考えていました。だから、実は、今後の人生をかけて挑戦してみるという大変な挑戦だったわけです。

結果、ボクは、本番、順番のくじで、最後になってしまい、「トリ」を努めるというプレッシャーにやられ、覚えてていた原稿は、頭の名で真っ白になってしまい、前半ぼろぼろでした。それは、直後のブログで書きましたね。

070026_400070029_400

当然結果は入賞できず、出来の悪さを痛感することになりました。でも、本番直後から、それを「失敗」とは捉えずに「課題」として受け止め、きちんと消化不良なく力を出し切ってからの結果を見てみようという思いになって、敗者復活戦に出られるのなら出てみようという感じになっていました。本番後の懇親会で挑戦者・スタッフ・コメンテイター・オブザーバーの方たちとたくさん話をして、翌日にはまた感じが変わっていました。

このプレッシャーに打ち勝ってこそのセミナー講師であるための試練の日だったんだと思いました。それでも温かいみなさんのおかげで、後半立て直すことができたことが、むしろ自信になった気がしました。あんなボロクソになっても辛抱強くメッセージを受け取ってくださったみなさんに感謝をしました。あとで、あらためて思うと、あの日のプレッシャーの陰には初のセクシュアルマイノリティのセミナー講師として、セクシュアルマイノリティを代表して、想いを伝えたい気持ちがあったと想います。こんなテーマでボクらを知ってもらうための代表者としての背負った気負いもありました。それを今、あらためて感じると、やはり再挑戦してやり残しをないようにしたいと強く感じます。単にボクだけのためではないセミコンへの想いという気がしました。

そうやって得たもの、そして、そのあと、仕事でポカをして、へこんでいた今週、いろんな想いが出てきました。明日以降、ボクがこれから何をやっていくのか、見えてきたものをまたブログにしたいと思います。そんなわけで、セミコンがボクに与えた影響はものすごく大きなものでした。なので、今日は、セミコンで求めていたもの、そこで得たものについて書かせてもらいました。ちょっと書き足りないので、セミコンから離れた部分で、また少しずつ感じているものをアウトプットしていきます。

とりあえず、セミコンにかかわったすべての人たちに感謝させてください。そして、それを応援してくださったみんなにも、感謝させてくださいね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 「第4回セクシュアリティ勉強会」のご報告 | トップページ | 提案 »

活動」カテゴリの記事

コメント

豆腐さん こんばんは
セミコンお疲れ様でした 豆腐さんは結果に満足してないようですが、写真を拝見する限り、すごく自身に満ち溢れた表情をしてらっしゃいますよ^^
結局は結果の良し悪しを決めるのは審査する側ではなく、自分自身なのではないでしょうか?自分が満足すればそれでOKだし、誰だって最初から上手くは出来はしない。失敗してもその経験を活かして次に繋げていけばいいんじゃないかなと思いますよ。こんな偉そうなことを言ってますが、そんな自分も毎日、毎日仕事に忙殺され、制度改正の勉強も追いつかずに焦ってます。こんなんで改正日の来週月曜日を迎えるのが怖いです。
豆腐さん また コーチングお願い!!

pen心陽さん、ばんは♪
コメントありがとうございます。

まさにその通りっ(笑)。
ボクがいつも言っているようなことをコメ返しされちゃいましたねぇ…。
まあ、ただ、少し言えることは、癒すばかりでなく負荷をかけられるくらい状態がいいということを実感するようにしていますかね。
あと、「失敗」とは言わないようにしています。
「出来が悪かった」と言うことにしています。
そうか、改正日、来週月曜日なんですね。
ボクも少し怖くなってきました。
コーチング、来週でしたよね。よろしくお願いします。
いつもありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/46231738

この記事へのトラックバック一覧です: セミナーコンテスト名古屋大会:

« 「第4回セクシュアリティ勉強会」のご報告 | トップページ | 提案 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31