フォト
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

「第6回 セクシュアリティ勉強会」のご報告

昨日は「第6回 セクシュアリティ勉強会」でした。今回は、「セクシュアルマイノリティと教育」というテーマで勉強会をしました。こういうことについて講師ができたりするのかとかも思いましたが、気負いなく、でもいい加減でなく、いい感じでできました。

今回は、初参加の方も半分弱、セクシャルマイノリティの方も半分弱いらして、まさに多様性を話し合うのにいいバランスが取れたと感じています。

41_400

みなさんの感想です。

【きむきむさん】セクシュアリティとは関係なく、現職教員の方の話が聞けてよかった。教育現場でのLGBTについて考えられて、他の人(大人)の意見も聞けて考えの幅が少し広がった。

【さーこさん】私たちは子供をもうけるつもりもないし、結婚をするつもりもないけど、自分が自分らしく生きる、それはみんなそう生きたいと思ってる。みんな同じなんだよってメッセージは、世界中の子供たちに伝わったらいいなと思う。

【Sさん】途中での退室でホントに申し訳ありませんでした。

【しゅんさん】体調が優れなかったので申し訳なかったです。現職の教育者とそれを目指す大学生というメンバーでたのしかった。

【Nikkohさん】いろいろな人の意見を伺うことができて興味深かったです。一応、教育関係者なので、その立場からもお話できたかなあとは思います。

【ふみさん】毎回テーマが違うところがおもしろい。教育の問題(学校や教師から)から見るセクシュアリティの捉え方を知ることが出来て良かったです。ワークもすごくおもしろいです。ネガを書いて燃やす、ポジは枕の下に入れること、やってみます。

【みことさん】現在の教育現場の現状を知ることが出来ました。セクシュアルマイノリティの当事者の方とお話が出来たのもよかったです。もう少し、自分自身が考え方をまとめておいた方が、ディスカッションに積極的に参加できて、満足度が高かったのかな、と思います。

3_400

ボク自身の感想としては、初めて、勉強会にワークを取り入れるということをしてみて、少しはセミナーに近づいたかな、という感触と、みなさんの様子をちゃんと確認する余裕が少しはできてきたかもしれない、という感触はあります。これが手応えと言えるくらいにまでになるといいな、と思います。時間配分を間違えたのが反省点です。

参加者のみなさん、応援してくださっているみなさん、ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年10月27日 (土)

存在の証明

明日の「第6回セクシュアリティ勉強会」まだ間に合いますよ。よかったらよろしくお願いします。

http://escape33.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-912f-1.html

6_400

今週水曜日に、まんちゃんのコーチングセッションを受けました。コーチ・カウンセラーの役目としてのセッションはしょっちゅうしているけど、クライアントとしてセッションを受けるのは授業以外では最近あまりないです。まんちゃんのセッションは毎月受けていますが、詳しい内容までここに書くことはあまりありません。でも、今回のセッションについては思うことがあったので、ブログ記事に残しておこうと思います。

400

いつも、まんちゃんのセッションは名古屋の荒畑の喫茶店「ボンファム」でしてもらっています。今回はポイントカードがたまったので、スウィーツのセットがついてきました。

先週、母の緊急搬送先に行ってみて、そんな状態でも驚くほど冷静だったボクについては書きました。今月は自分の入院や手術もあって、不安定なようで冷静でもあったりして、自分でもよくわからない感じでした。

うまく自分のコントロールはできているようで、苦しいことはほとんどなく、でも、すごく楽しくて仕方がないわけでもないような日常の中で、あと半年弱の本業をしながら、よく活動できている自分には満足感はあります。ただ、どの場面においてもなんだか「もっともっと認められたい」感覚が膨れ上がることがよくあります。とてもたくさんの方に応援されて支えられて褒められたり支持してもらっているのに、どうしてまだまだ「認められたい」と思うのだろう。自己肯定感が低いのかな、まだ心の奥では認められていないと感じているのかな、それともどこまで行っても上を求めてしまう貪欲さがあるのかな、などといろいろもやもや考えていました。

うつになる前のボクは、自己否定感や周りからのはじかれ感、マイノリティの孤独感をばねにして頑張って認められるいびつな感じがありました。今は、自己否定感はないと思っていました。そうして母や家族にカミングアウトして、自分のセクシュアリティやそれに対するアイデンティティについては、もう認めてもらったと思います。それでも出てくる「認められたい」感じは、母や家族に向かっているものなのか、社会に認められれたい感じなのか、自分が自分を認めきっていないのか、それについてまんちゃんに整理をお手伝いしていただいたセッションだったように思います。

そうして最終的に出てきたのが、母や家族にも社会にも出てくる「認められたい」感じ、どうしてもまだ払拭されていないたくさんの人たちの「結婚して子供も産んで育ててこそ幸せ、それでこそ一人前」みたいな観念に対して、「結婚しなくても、違う形でもちゃんと幸せ、それでもちゃんと一人前」であることを認めてほしいのではないかということに気づかせてもらいました。まさに、ボクが今の人生を生きていくうえでの自分の「存在の証明」がそこにあるのだと、気づくことができました。

これなら、いつまで経っても認められ感が消えないこと、声高にマイノリティの生きていきやすい社会に発言・活動していきたいと思っていること、まだまだ認められたいためにどんどん頑張ってしまうこと、残りの公務員人生を汚点にしたくないと思ってしまうことにも、すべて合点がいきます。

先月までは「まだ認められたい自分がいる」なんて、ダメなようで、言われると少しカチンときたりしました。でも、「認められたい」と思う感情がどの誰にでもあって不思議ではないことを、マイナス面として捉えず、自分自身の当然の感情として認めていけばいいのだと思いました。

まず、自分が最大の理解者となるためには、今認められている自分の長所や才能や実力だけでなく、まだまだ貪欲に求めてしまうことを、自然のものとして受け止め、それでパワーになることはパワーにし、でも、頑張りすぎてしまわないようにやりすぎず、きちんと受け止めてフラットな形で行動にしていく、それでいいのだ、と認めていけそうな気がしました。

人のことや出来事や社会や環境を、認めてしまうことはなんとなく時間があればできそうに思います。でも、自分を認めていくということにはなかなか冷静にはなれず、不安になったり、杞憂したりするけれど、そういう不安や杞憂を感じる自分も受け入れる、認める、許可を出す。それができたらすばらしいな、と思います。できれば、自然に、無理なく、できるだけ瞬時で。

なんとなく今まで「認める」ということはネガティブな感情を受け入れていくようなイメージで単語の意味付けをしていて、たぶんそれはうつから回復していく作業の中で「赦す」→「受け入れる」→「認める」という流れにしていたけど、単にありのまま「認めていく」というということが自然な気がしてきたわけです。まさにいつか気づけた「自然体」について、それを行動にしたり結果にしたりする作業は、「自然体」を「認めていく」ということなんだな、と思えた気がします。そしてそこにはいつもこだわる「自己開示」が、やはりボクには重要なんだろうと。それも、リスクも何もないフラットな無理をしない「自己開示」。素っ裸な心でいられる社会にいてもいい「存在」として自分の個性や魅力を発揮できる、それが、ボクの本当に幸せな状態なんだろうな、と思いました。

「存在の証明」…、まるで、若かりし頃の薬師丸ひろ子が主演してジョー山中が主題歌を歌っていそうな映画のタイトルみたいだけど、自分の生き方の目標みたいなものが言語化されて整理された気がします。

さ、明日は勉強会。ゆっくり休んで、素敵な勉強会にできるよう、備えようかな。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年10月22日 (月)

生存本能

入院中に思っていたことの中で、昨日書いたことのほかに人間の「生存本能」というものについても、よく考えたりしました。

手術後、麻酔が切れて目が覚めて最初に思ったのが「めちゃくちゃ痛いっ」(笑)。いやあ、腹腔鏡手術で、最も楽なはずなのに、しかも、ちょっと痛いのが大好きだとか言っていたのに、この程度の痛みで「耐えられないっ」とか、思いました。当日はほんとに痛かった。酸素や尿道や点滴で管だらけになっていて、やっぱり簡単なものでも手術って大変だな、って痛感しました。血中酸素量は92%を下回ると勝手に機械がピーピー鳴り出して、看護士さんが飛んでくるので、なるべく92%以上でいられるように必死で深呼吸していました。BUMP OF CHICKEN の「supernova」という歌の歌詞に「鼻が詰まったりするとわかるんだ 今まで呼吸をしていたこと」とあるように、こういう時しか呼吸に意識を向けることはありません。ボクが普通に生活しているときでも勝手に肺は呼吸をしてくれています。心臓は勝手に動いてくれています。人間のからだって本当によくできていて、頑張って呼吸したりすると、神秘を感じるし、感動します。

人間のからだの細胞ひとつひとつが、生存本能を持って生きていてくれているんだな、って思います。それなのに、自分の健康の都合で、内臓を切ったり何かを貼っ付けたり、医学の進歩とはいえ、もっと自分のからだを大切にすべきだったと思います。うつ病の時はよく「死にたい」とか思ったけれど、こうしてボクのからだの細胞ひとつひとつが動いてくれている。人って生かされているんだよなぁ、って思いました。

毎日毎日回復していって、今はもうすたすた歩けるようになりました。これも、ありがたいことです。今日は、朝職場に着いたら火災報知器の誤報があり、エレベーターが止まって9階まで階段で上りました。息が切れました。まだやっとすたすた歩けるようになったばかりだというのに。もうそれだけで週の初めからへとへと。今週木曜日から始まる現地を回ってする所得調査は、疲れずに熟せるんだろうか、なんて思ったりしました。

昨日、少し母のことを書いたけれど、一時の危篤とも言える状態から脱して、もう数週間後には退院するかもわかりません。乗り越えてくれてよかったです。とはいっても、たぶんこれからは酸素ボンベか、携帯酸素を欠かせなくなります。病んだところは必要な手当てをして、少しでも快適に生きていけるように人はするんですよね。

からだは正直です。だから、こころも、その生存本能に逆らわずに、気持ちの生きたい方へ生きていくのが自然なんだと思います。病気や怪我と同じように、ちょっとおかしくなる時があるかもしれない。それでも、本来の生存本能に立ち返って、「自分は健康に生きていきたいんだ」ということを、時々実感した方がいいですよね。ちょっとしたいざこざは、お薬を飲むようにしてでも、うまくやりくりする方が自然なんだと思います。人間関係でちょっとくらい大変なことが起こっても、この生存本能を持ったからだがボクを守ってくれている限り、大事にして丁寧に生きたいな、と思います。

こころもからだも、本当はうまく健康で生きていたいと思っているんだ、もともとは。ひとりももらさず、間違いなくね。

昨日今日と料理ブログ「豆腐の Cooking Life」更新しましたので、よかったら、覗いてね。

↓昨日は「スパゲティグラタン」。

http://ameblo.jp/torff/entry-11384707749.html

↓今日は「ピーマンの肉詰め」です。

http://ameblo.jp/torff/entry-11386280061.html

まだあと、残り半分の人生、こころもからだも気持ちよく生きていきたいなと、強く感じます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年10月21日 (日)

フラット

入院中に思ったことがたくさんあります。その中でいちばん今重要だと思うのは「フラットである」ということ。入院前常々自分のことを「スーパーポジティヴ」だと言っていたけど、その状態は「ポジティヴ」というよりは「フラット」であるということだな、と強く感じました。自分で「ネガティヴ」な状態はなくなってきたな、という意味で「スーパーポジティヴ」と言ってきたけれど、「ポジティヴ」にも「ネガティヴ」にも偏っていない状態、それが「自然体」かな、と思います。でも、さらに「ポジティヴ」の状態と「ネガティヴ」の状態を両方まるまる受け止めていくと、素の自分でいられるような「自然体」の状態というよりは「フラット」な状態というのが平常心でいられる安定した状態だな、と感じます。

なんとなく、入院中にわがままな患者でいたくないというような変な観念があって、優等生ないい子でいたいとか、イメージしていたけど、痛くて苦しければ、それは素直に看護士さんや主治医の方に言えばいいし、我慢する必要はないですよね、病院なんだから。「痛い」という感覚はやっぱり「ネガティヴ」な考えの方に陥りがちです。それはそれで「痛い」と言っていく、でも病気を治していく努力はちゃんと伝える、そうしていくと「フラット」な感じになっていきました。「フラット」な状態には「スーパー」も何もないと思うので、ただの「フラット」です。これがボクの中ではとてもしっくりきます。

自分で自分が「スーパーポジティヴ」だとか言っておきながらなんですが、たとえば、いつもいつも「ポジティヴ」の中でしか生きていない人には違和感を感じます。「ネガティヴ」もちゃんと見つめておかないといつかそのうち足をすくわれるよ、と言いたくなっちゃいます。そういう意味ではワクワクだけに固執していく「SOURCE」の教え方はあまり好きではないです。でも、「SOURCE」でもちゃんと「ネガティヴ」を見ていくところもあるんですよね。だから「SOURCE」も学ぶんだけどね。

出来事や事実の中にいい悪いはないことは理解できます。でも、自分の感情の中に「ポジティヴ」も「ネガティヴ」もない、というのは、人間として無理だと思います。両方を持ち合わせて、でも「フラット」でいる、これが今のボクの中でのいちばんいい感じです。

そして、そのあと、退院してから職場に復帰するまでの自宅療養の時に母の救急搬送という事態になってみて、いざとなったら自分はどうしていかなければいけないか、どういう風に家族のことや自分のことやこれからのことをしていくか、考えているうちに、とても冷静すぎる自分に気づきました。パニックにならずに冷静でいる、これは鬱のころからずっと自分で望んでいたことで、とても理想な感じのはずなのに、母が危ない状態であるのに取り乱さず冷静である自分がとても冷たく感じました。望んでいた自分になれているのに、家族の危ない状態にはもっと取り乱していたいな、という自分がいることに気づきました。理想であった状態が少し嫌な感じ、そうなれるように取り組んできたのに、幸福な感じは得られませんでした。

このことは、だからと言って失敗だったとも思わないし、これからも安定した状態でいたいのは変わりないです。求めていた状態に嫌な感情も付いてくるということを知った、ということですね。安定した状態を求めることと、人間的で幸福な状態は、少しずれがあるのかもしれません。ずれがあってもいいのかもしれないし、ここを一致させていった方がいいのかもしれません。これは、これからずっと充分味わいながら、考え方に修正が必要だと強く感じれば、また深く思考していくことになるのだと思います。

感情がなくなっていった方がいいとは決して思っていないし、喜怒哀楽すべての感情がきちんとバランスあった方が人間的でいいと感じます。怒りや悲しみの感情を消す必要はないですよね。それを取り除く必要はないです。むしろ、充分に味わった方がいいと思います。それをどう自己開示して伝えていくか、伝えるときには感情的にぶつけるのではなく、ただありのまま感じたことを非難もせずジャッジもせず、感じたこととして伝えていく、これが我慢もせず、できるだけ素の自分でいるいちばんいい方法なんだと今は思っています。その表現が途轍もなく難しいんですけどね。

これからもこの辺は、見つめ続けていきたいと思います。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年10月20日 (土)

PC購入

前回更新から9日も経ってしまいました。まあ、そこには、職場復帰に力を注いでいたのと、無理をなるべくしないようにしていたのがいちばんですが、実はパソコンが壊れてしまって、動かなかったという原因もあります。

外付けのハードディスクを読み込まなくなったり、途中で画面が真っ黒になってしまったり。修理も考えましたが、最悪の状態も考慮に入れて、買うとしたら今ってPCっていくらくらいするんだろうと今週水曜日に電気量販店に見に行きました。そうしたら、今月末 windows 8 が発売されるということもあり、Windows 7 を搭載したPCの在庫処分をやっていて、今の自分に合ったものがすぐにもなくなりそうだっというのもあって、衝動買いしてしまいました。セットアップや必要なソフトのインストールなどをごちゃごちゃやっていて、ようやく今日ブログを更新できる状態になりました。買ったのは今までと同じ NEC の LaVie で、LS550/H というハードディスク 750MB、 メインメモリ 8G という今より相当容量の多いもの。5年前は20万円以上かけて買ったのに較べ、3分の1強の価格で購入することができました。外付けハードディスクも 2T のものを一緒に購入して、なるべくデータは外付けハードディスクに収納しようと思います。

Lavie_ls550_h_400

いやあ、今ってデスクトップより、ノートの方が安いんですね。ということで、また前の環境にするためには、まだまだいろいろやることがありそうですが、とりあえず更新はたまにはできそうです。さくさく動くのがとっても心地よいです。

今日は、その報告ということで、まだ暫くわくわくしながら、入れすぎない程度にソフトのインストールやお気に入りやデータの整理に勤しみます。

あっと、勉強会の資料作りもしないとね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年10月11日 (木)

また入院

今日は結構大変な1日でした。まあ、普通にリハビリということで、今日は退院後初めて職場近くまでバスと地下鉄で往復行ってみました。歩くのも慣れてきて、名古屋駅も端っこの方をとぼとぼ歩くわけでもなく流れに溶け込むことができました。来週から何とかなりそうです。

で、なぜ今日は「また入院」というタイトルかというと…ボクのことではなくて、実は、午後、連絡が入り、母がまた救急搬送されました。病名は「肺動脈血栓塞栓症」。いつ呼吸が止まるかわからないということで、相当の覚悟を持って病院のCCU(冠疾患集中治療室)に駆けつけました。両肺が血栓で詰まってしまっていて、かすかな隙間から息をしているらしいです。駆けつけたときはボクが誰かもわからない状態で、血圧も血液中酸素濃度も低く、かなりいろんな思いが頭を過りました。少し落ち着いたので、一旦帰宅することになり、今は家にいますが、一時は延命治療をどうするかで意見をまとめてくれと言われ、覚悟をしました。もし人工呼吸で肺を圧迫すると肋骨が折れるということで、呼吸が止まった時にはどうなってしまうのか、心配と言えば心配です。病院に行く道すがら、いろんなことを考えたし、悩んだり迷ったりしました。数日は、ちょっとはらはらどきどきです。

そういえば、3月28日の心臓発作記念日をやり過ごした直後も母が救急搬送されました。その時は命に別状はなかったけれど。そうして、今回退院して回復しそうな矢先にまた救急搬送。母はボクの健康と引き換え? まさかね…。でも、そんな風に思っちゃったりしました。

今日は少し料理をしようと思ったけれど、そんなこともあり、簡単なものになってしまいました。きのこ月見うどんを料理ブログに載せました。おとといの豚肉の生姜焼きも昨日の料理ブログに載せてあります。

↓「豆腐の Cooking Life」/きのこ月見うどん

http://ameblo.jp/torff/entry-11377207740.html

↓「豆腐の Cooking Life」/豚肉の生姜焼き

http://ameblo.jp/torff/entry-11376408055.html

そうそう、あと「第6回 セクシュアリティ勉強会」のチラシが出来上がったので、詳細を追記したうえで、9月30日のブログを修正してアップし直しました。

↓「豆腐の Ordinary Life」/「第6回 セクシュアリティ勉強会」のお知らせ

http://escape33.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-912f-1.html

そんなわけで、自分自身も環境もとても不安定ですが、いろいろしっかり見つめて無理をせず、進んでいきたいと思います。いろんなお約束をしている方、ドタキャンしたらごめんなさい。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年10月 9日 (火)

退院

本日、無事退院しました。

昨日、自主リハビリということで、外出許可をもらい5700歩ほど、外を歩いてみました。病院の近所に、お友だちの勤めている喫茶店があったので、そこまで行ってお茶して少しお話しして帰ってきました。

400_3

杏仁プリンを食べちゃいました。美味しかったです。

今日は退院手続きをして、バスで帰って、そのあと、食料の買い出しに行きました。退院手続きの中で、今後気を付けることをいろいろ指導してもらって、胆汁と膵液がダダ漏れになるので、脂肪分を控えた方がいいと言われました。もともと高脂血症の薬を飲んでいるので余計気を付けないとね。とはいえ、脂肪分を控えるというよりは脂ものを控えろということのようで、腸内の具合を整えるためにヨーグルトなどの乳製品を控えるとかをする必要はないらしいです。今日は疲労感もあまりなかったので、退院祝いということでディナーをちょっといただいちゃいました。って自分で作ったんだけど。

20121009_400

豚肉の生姜焼き以外はとてもヘルシーでしょ? しかもボクが食べる分は、このうちの肉とご飯の量は半分以下。今日はお祝いだからこのくらいはいいかな。

出勤は来週からの予定で、明日から前日までは、バスや地下鉄に乗って通勤のリハビリをしようかな、と思っています。

いろいろ思うことの多い入院生活でしたが、後半は本も3冊読めたし、運動もかなりがんばったつもりなので、自分では合格点です。あと5日間、どのくらいゆっくりできるかわかりませんが、まあ無理はせず、スムースに復職に迎えるように整えていきたいと思います。

今回の入院でずいぶん弱気になったりもしましたが、とりあえずここまでは来ました。心配してくれた方、手術成功を祈ってくれていた方、応援してくれていた方、本当にありがとうございました。ぼちぼち戻していきます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年10月 7日 (日)

入院生活

今月1日に入院してから、4日に一度携帯からブログを更新しました。今日は、それから久しぶりに入院生活のレポートで携帯から更新です。

正直、4日の時点では一体ボクはまた元気な生活に戻れるのか、不安になってしまうほどでした。当初は4日に退院、9日から仕事に行けるくらい簡単なもんだからと言われた気がしたんだけどね。腹腔鏡手術を少し甘く見てましたね。

とはいえ、今日あたりは退屈を感じるほど調子良くなっています。リハビリも入院している病院の3階のフロアを1周し、階段で1階まで降りてまた3階に戻ってくるというのを、午前2回・午後2回・夕食後1回していて、まあ、フロア1周は大したことないけど、毎日10階まで階段を上って降りてる計算になるから相当頑張ってるんだと思います。明日は外出許可をもらい、近所のスーパーまで歩いて行ってみることにしました。まだ、おじいちゃんみたいな歩き方しか出来てないんだけどね。

一応、退院が9日に決まり、その1週間後か10日後に職場復帰になる予定です。なので、退院してもゆっくりするわけでなく、職場復帰前までにバスと地下鉄の通勤ができるように自主リハビリしないといけません。なんだか、くしゃみや咳がお腹に響かなくなるまでにはひと月くらいかかるそうで、まだまだ焦らずにやらないといけない感じですね。

まだ、左を下にして寝ると、ごっそり内臓が移動するような感触があって結構初めての感覚にとまどっています。適度に体を疲れさせてさらに眠剤の力を借りてでないと眠れない感じはあります。

入院生活でいちばん痛感したのは、結構なポジティブも健康な体の前提の上にあることで、痛いとか自由が効かないとかはネガティブを誘発しやすいな、ということでした。また、ゆっくり咀嚼してから書いた方がいいかも知れないけど、例えばマイノリティな要素と言うのもそれだけだとネガティブの方向に行きやすいよな、って思ったりしました。そういった要素をポジティブにできたり、またはそのどちらでもないフラットな状態にするには、相当な乗り越えた成功経験と達観した視点を持ててないと難しいことかもしれない、と、入院中痛みを堪えたり訴えたりしながら、感じました。術後暫くはそう簡単にポジティブシンキングにはなりませんでしたね。

まあ、こうして健康の大切さを改めて実感しながら次のステージに行きたいと思います。

では、次回更新は退院後に。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2012年10月 4日 (木)

手術終了

1日に入院、2日朝9時半から腹腔鏡による胆嚢摘出手術をしました。

手術は2時間で無事終了したんですが、なかなかうまく動けずのたうち回っています。多分4日の退院はなく、もう少し延びると思います。ゆっくり静養します。仕事復帰も少し見合わせるかもなー、って思います。

とはいえ、予定の読書三昧や携帯でのブログ更新やSNSのやりとりが辛いだけで、多少は順調に回復してます。ペースが意外と遅いです(汗)。若いつもりでいたらだめですね。

400

石はこんな感じで、正露丸みたいでした。大きさ比較のためにもうひとつ乗せると画像載せると、こんな感じ。

400_2

黒いのにびっくりしたのと、意外とたくさんあったのに驚きました。あと延ばしにしてたらやばかったかもしれません。部屋、個室で快適です。って快適味わってる場合じゃないけど。

そんなわけで、また暫く潜伏すると思います。見守っていてください。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31