フォト
無料ブログはココログ

« 関係性 | トップページ | 【重要】業務連絡 »

2013年1月23日 (水)

虚無感

先日、「関係性」というタイトルでブログを書きました。昨日も今日もセッションをしてきました。そこでもやっぱり同じように思うことがあります。それを書くべきかどうか、迷いながら書いています。

その前からしばらくずっと姉とのやり取りもここやほかのSNSでもさらけ出してきました。いろんな方からの意見やアドバイスを頂いたりしました。それは強がりでもなんでもなく本当に心からありがたいと思っています。そこに真摯にお返事をくれた方には、気持ちや愛情が込められているから、それを感じる以上、ボクはわかったふりをしているのでもそこに目を向けていないのでもなく純粋にありがたみを感じています。

確かにボクの中には、姉に認めてもらいたかった、応援もされたかった、その気持ちがあったことは間違いないです。そして、それに呼応した結果は得られませんでした。それにしんどさも感じました。その結果、何が得られたかもあまり深く書いていないし、まだそこにヤラれている感じが残っているような表現になっているのも事実です。得たものがうまく言語化できていないのもあるので、伝わっていないのもある程度わかっています。全然わかってないじゃん、っていう人もいるし、本当には分かっていないのかもしれません。でも、そんなことはどうでもいいのです。ボクがボクの中で解決していく問題です。

ボクのクライアントさんの中には、結構受け入れがたい苦しい状況に置かれている方がたくさんいます。それをこんな状態のボクがカウンセラーやコーチとしてセッションしていていいのかという問もあります。そうしてそれを乗り越えられた方の素晴らしい体験も明かしていただいて嬉しく感じています。ボクはごまかしているだけかもわからないし真実を見極められていないかもわかりません。それは多分とても重要なことで、いろいろ乗り越えていくべきところでしょう。ただ、今のボクにはそんなことは結構どうでもいいのです。

悲しいな、と思ったのは、それを乗り越えられたとか過去の自分を見ているようだとか、そういう風に思っている方たちが、この言い方ではわからないからもっと厳しい言葉で伝えていこうと思うのもその方の表現方法だし、受け手の問題だから、自由にしてただいて構いません。ボクはそこに傷ついたりはしていないのです。むしろ、そこに不毛な平行線な意見交換をさせ、相手の時間や労力も奪い、疲弊させ、結果受け入れられませんでした、としか言えない状況を作ったり、そういうやり方をした自分に後悔が残っているだけかもしれません。

ただね、もし、それを乗り越えられた方が何かを伝えてあげたいと思うときに、私はもう乗り越えましたよ、的なオーラを出し、上から目線的に、もしくは一刀両断で斬りつけるようなやり方をするのではなく、その人のうまく乗り越えてきた方法をただ伝えてあげたらいいのにな、ということを感じます。「勘違い」とか「ナンセンス」という言葉で片付けてしまうのではなく。そうでなきゃ伝わらなくて、そう言うしかないのであれば、それは受けての問題だから、言えばいいのだと感じます。

「認めて欲しい」「応援して欲しい」という気持ちがボクの中にあったことは後悔していなくて、ただ、そう簡単には得られないものだといことをボクが認識して、ボクは求めなくなった、その事実があるだけ。それで、ボクが自分を変えていく作業をしたり、何か覚悟をしたり、考え方を変えていこうとしたりしているというだけです。それが誰かの役に立つかなと思ってさらけ出しているだけです。ボクはそこにプライドもみっともなさも感じないし、傷つきもしないから。

今、何かに立ち向かおうとしている人が目の前にいるとき、「認めて欲しかったんだよね」「応援して欲しかったんだよね」という感情があったことは受け止めてあげればいいじゃないかと思います。それを一刀両断に斬りつけて、さらに動けなくなったり進めなくなったりという結果になってしまうということを悲しいと思うだけです。個人的にボクに向けられるメッセージは受け止めますのでどうぞご勝手に斬りつけてください。斬りつけられたと思う方が「勘違い」や「ナンセンス」だと思うならどうぞ。

ただ、そういう刃を今渦中にいる人たちには向けないで欲しいなと、ボクが勝手に切に願っているというだけです。

まあ、これを書いている今でさえ、自分の弱さや理解のなさを棚に上げて、それができていない人のせいにして、わかったフリして、自分が弱者のために一手に苦しみを引き受けているかわいそうな人だなあ、と思われるのが関の山だろうなあ、と思って書いています。「マイノリティのパイオニア」とか肩書きつけてやる資格なんぞ、コイツになんかね~くせして、とか思われるんだろうな。

そういう風に思うもんなんだよ、といくら言っても、それは、出来ていない人、かわいそうな人と捉えられてしまうんだろうなぁ。

相手に求めず、自分が変われ、というのも確かにそうだし、正しすぎて何も言えないけれども、乗り越えた人はその苦しみや痛みをわかっているはずなのになぁ。だとしたら、もっといい伝え方があるはずなのに。

いろんな記事を取り上げてみたり、そこに感じるものを伝えていくときにも、そこにヤラれている当事者だけが、共感したり、それをさらに拡散していく、というのを目の当たりにしていくときにも、同じようなことを痛感します。「俺も苦しんだんだからお前も苦しんで乗り越えろ」という風に捉えられてしまうのはボクの屈折でしょうか。そうして、ボクは渦中にいる当事者に「強くなれ」と言うしかないのかな。

いつも、こういうやり取りは不毛な結果しか生まないのかな。少し残念な気がします。たまたまかもしれないけれど、先週も昨日も今日も「認めて欲しい」想いが強くあるクライアントさんでした。まあ、3人とも何かは伝えられた気がします。その方の環境で、今の社会で、その方の精神的状態で、そう思うのは当然だとボクは感じました。その気持ちだけは汲み取ってあげた上でのいくつかの提案をさせていただきました。その方たちが救われたのか、何か進み方を参考にしてくれたのか、そんなことは確認していません。それもクライアントさんがどう思うか、これからどう受け入れて変わっていくか、の問題なので、ボクはこのまま求められれば、寄り添っていくだけなんだけれども。

まあ、今はそれでいいかな、と思います。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 関係性 | トップページ | 【重要】業務連絡 »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/48915536

この記事へのトラックバック一覧です: 虚無感:

« 関係性 | トップページ | 【重要】業務連絡 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31