フォト
無料ブログはココログ

« 不条理 | トップページ | 起爆剤 »

2013年1月14日 (月)

拒絶感

昨日のブログを書いて、別件でいろんな方とやりとりをしてみて思ったことが。

どうして姉との件に限らず、ボクは何かの出来事を「拒絶」として捉えるのか、そこが問題なのではないか、と。過去繰り返している内省も、「拒絶感」がなければ、簡単に乗り越えられるのではないかと感じました。

う~ん、それは言えているかも、と思います。

ただ、一方で、そうなってしまったボクもいたって自然な感じがしました。だってさー、仕方なくない? ボクは50年もの間、ずっと、一般の男性はこうするものだからそうしなさい、そうして欲しいと、近しい人たちから言われ続けていたんだから。それをちょっと違うし違和感感じるんだけれど、という気持ちと、自分の気持ちを抑圧して生きてきたんだから。その違和感の根源はいつもマイノリティであることだったわけだから。おそるおそる「ボクはこう思うんだけど、そうしないといけないのかなぁ」という時に、必ず「それは望まない、こうして欲しい」と言われ続ければ、誰だってこうなっちゃうよね。誰でも全く同じ人はいない、それは誰もが感じているとしても、圧倒的に全体に「普通」の部類に入る人たちは、違う部分だけを摺り合わせていけばいけばいいけど、なんでもかんでも少数の部類に入ると、それはたとえ全否定じゃなかったとしても、「拒絶」だと思わされてしまうと思うんですよね。そこをやりくりしていたボクは大変だったなぁ、と思います。

今はどうかというと、応援や理解もたくさんもらうから、このままでもいいのかな、と思えます。姉は近しい人だったし、身内に誰も理解者がいないのはそれなりにしんどいです。でも誰からも否定され続けているわけではないから、自分を信じることもできるんです。全人類からまだまだ弾かれていたら、カミングアウトも転職の決心もできなかったでしょう。そこに、自分を生まれ変わらせ、自己開示をモットーにし始めたから、やっと素直に自分の気持ちに従ってもいいのかな、と思えたんだと思います。マイノリティの人たちは、ここに50年も費やす必要など全くないのです。そこそこ生きにくいのは乗り越えていかないといけないと思います。それが辛くて嫌だから、隠れて生きるのもアリです。でも、堂々と生きたい人たちは、ボクのこの日々のつぶやきを参考にしましょうよ。

自然体になることが素晴らしいと感じながらも、拒絶感があると、自然体になっていけないことにしてしまうんですよね。一旦自然体になって楽になっても、それを開示した途端に拒絶で打ちのめされてしまう。自然体になるのも怖くなっていまうんです。すべてボクの中の問題ですね。でも、たくさんいると思う。多くの人の感じ方や考え方にやられてしまっている人たち。

もう今はたくさん仲間がいるから「拒絶」という感じはないです。今回はここに行き着くのにかなりの時間がかかりました。それは身内だったからね。でも、誰に対しても「拒絶」がまだまだ怖いのは事実です。それはこれからも感じるだろうし、「拒絶感」を感じる自分にダメ出しもしないです。そう生きてくることしかその時のボクの中には選択肢がなかったからです。だからこそ、みんなはどう考えるのだろう、人と違う違和感を持つとき、みんなはどう考えるんだろう、どう感じるんだろと、知りたくなるんです。それは、人の目を気にしているということでは全くなく、多数の人たちがどう思うか感じるかを知った上で、それと違うボクがどこを自己開示し、どこを今は時期じゃないと思い、社会の中で生活していくかの生き方です。手法のひとつに過ぎません。なんでもかんでも自分の意見や感覚をごり押しし、理解しろ、というのではなく、視点を変えたら何も変じゃないでしょ、了見が狭いでしょ、ってことは、これからも言っていきますよ。

多数はだから当然、というのは、少数派に回ったら、通用しないですよ、という点にのみは、今のところやはり譲れないです。逆転してもなんら変わらないことについては別にこだわり無いです。数の逆転がありえないからそのままにしておくというのは、ボクにはできません。

「拒絶感」を問題視するのはボクの中では違っているんだと思います。それは、「拒絶」に感じるボクがこれからどうしていくかを咀嚼していく上での問題。ボクがこれまでの背景の中でそうなってしまったことはいたって自然なんです。とはいっても、「それ変だよね」と普通の方たちが思ってしまうことは、普通だし、ボクはその感覚を知りたいです。

ちなみにボク自身がどうしていくかは、書く必要あるのかどうかわからないけど、まあ、いつもどおり「拒絶が怖かったんだよねぇ、拒絶感じるしかなかったよねぇ、50年間辛かったよねぇ」と自分で言ってあげるだけです。これでずいぶん自然になれるので。今のところ最短に癒せるサイコーの方法です。ま、やり方は変わるかもしれません。

いまのところ、このやり方は変わりそうにないですね。ってか、思いっきり生まれ変わってやっと見つけた生き方だから、もう少しやらせてください。って、なんにもこの生き方するのに誰かに許可得る必要もないんだけれど。

どっか間違っていたら教えてください。まあ、言い続けますが、このまま進みます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 不条理 | トップページ | 起爆剤 »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/48743907

この記事へのトラックバック一覧です: 拒絶感:

« 不条理 | トップページ | 起爆剤 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31