フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

同窓会

今日は、アメリカから帰国しているお友だちと会ってきました。一緒に会っていたのは、そのお友だちが日本で生活している間よく遊んでいたお友だち。最近は彼が帰国する時くらいしか会わなくなってきているので、まるで同窓会のようでした。まるで1年に1度しか会わない人たちとは思えないほど、いろいろ感覚が蘇って来ました。

でも、みんな少しずついろいろ変わってきていて、あの頃の考え方から成長している自分を素のままで出せてきていることも実感できたりしました。退職してこれから何をしていきたいかも、いろいろ話せました。思い出だけではなくて。何も求めていたわけではないのに、これから独立していくのにこうした方がいいよ、ああした方がいいよ、ってアドバイスもいただけました。ほんと、友だちなんだなぁ、と思えました。

お土産にアメリカの雑誌を頂いたんですが、その中に、ボクの愛するスティーヴン・ドーフのタバコの宣伝広告のページがあって、今日はそれをアップしようと思いました。

Rolling_stones_400

かっこいいよなぁ(笑)。みんなは思わないかもしれないけど。こんなシブいおっさんになりたいです(笑)。

明日は、今後の母のことを決めていくために、今まで世話をしてもらってきている特別養護老人ホームに相談に行ってきます。もしかしたら、今後、しばらく受け入れてもらう病院や施設や民間の老人ホームを見学に行ったりしないといけないかもしれません。

でも、そのあとまた飲み会だったりするんだなぁ。公務員辞めた途端にこんな日々でいいんだろうかとかも少し思うんだけど、まあ、来週の卒業旅行終わるまでは、少し卒業した感じを堪能させてくださいね。でも、近いうちに勉強会の告知はします。

あ、そうだ、明日からこのブログのカテゴリー、コーチやカウンセリング、講師のことなどが「仕事」のカテゴリー、セクマイについてのことが「活動」のカテゴリーということに変わります。よろしくです。

では、また。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2013年3月30日 (土)

寿如海

今日は、ボクが唯一コーチングセッションを受けているまんちゃんに退職祝いとしてランチをご馳走になりました。コーチングスクール、コーチングスクエアのそばにある伏見圓珠というお蕎麦屋さんのコースです。

01_400

入口をはいると街中とは思えない穏やかな佇まいの飛び石の通路が何とも風情があります。

02_400_2

前菜。

03_400

梅を練りこんだお蕎麦。

04_400

小鉢。

05_400

お店の看板メニュー、絹衣天ぷら。

06_400

もうひとつの名物、昼夜蕎麦のころそば。蕎麦の実の中身を打った白い層と、蕎麦の皮も一緒に練り込んだ茶色い層の二層が重なったお蕎麦で、二層が昼と夜をイメージさせています。

07_400

デザートは蕎麦プリン。

08_400

とてもお上品な味でした。むちゃくちゃ美味しかったです。

09_400

店員さんに記念写真をお願いしちゃいました。

そして、そのあと、ヒルトンでケーキセットまでご馳走になっちゃいました。

10_400

ここ数週間のお話をじっくりさせてもらったとても穏やかなひとときでした。本当に、応援されること、祝福されることの喜びを再確認しました。昨日の感動とこれまでの日々が、さらにすばらしいものになった気がします。この気持ちを忘れず、感謝して、これからの新しい残り半分の人生に精進していきます。

タイトルは、「寿、海の如し」。これは10年くらい前かな、空海の書をお手本に模書した、「天、水の如し 福、雲の如し 寿、海の如し」を書いた時のことを今日ふと思い出したのでタイトルにしてみました。

Calligraphy_400

ボクの数少ない書の傑作(?)のひとつです。今回のおめでたい日のことを凪いだ海のように静かに受け止めて、青く澄んだ広い心で、頑張ってみたくなりました。まんちゃんのように。

まんちゃん、ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2013年3月29日 (金)

退職日

今日、無事退職辞令をいただきました。正式には31日が退職日なんだけど、今日が最後のお勤めでした。

今週は母のこともあり、ちょっと体がもつか心配でした。ここしばらく、あとひと月、あと一週間、あと5日、あと3日、あと2日、あと1日、と、手を抜かずに、なんとかきれいに勤め上げようと頑張ってきました。まあ、今となってはきれいに終わるもなにもなく、無理やり我慢して過ごしてわけではないとは振り返って感じますが、何かを終わらせようとしたり、けじめをつけようとしている最中はそういうもんなんだと思います。今になって思うのは、ピリオドを打つしかなくて終わらせるの感じではなく、何かを始めるために終わらせる必要があるものは時にはあって、ボクはその選択をしたのだと思います。

400

新しいことをはじめるためには犠牲にするものもたくさんあると思います。でも、ボクはどうしても犠牲にするような感じを持たずに、かつ、きちんとけじめみたいなものをつけたかったです。ちゃんと卒業をしたかったです。たまたま今の職場がしんどい時期の退職日だったってことはあるけれど、ラストスパートをかける感じでのなく、ただ淡々と仕事しました。母のこともあって、家に寝に帰るだけだったここ数か月だったけれど、とにかくなんとか抜かりなく手を抜かず仕事した感じです。実を言うと、かなりぎりぎりでしんどかったです。でもその結果得られたのは…。

400_2

同僚や上司、先輩からの応援と労いでした。花束をもらい、「お疲れ様でした」「頑張ってね」と言われて、スタンディングオベーションで見送ってもらったことはほんとに嬉しく思います。終わっていく職場にこんなに完璧にけじめをつける必要はないかもしれません。ただ辞められずにいた32年間だったかもしれません。もしかしたらきちんと勤め上げたと思っているのはボクだけかもしれません。でも、今、このブログを書き始めてみて、ホントきちんと最後を迎えられて嬉しいです。応援がないと前に進めないのか、とか、辞めていく職場にそんなにエネルギーを注ぐ必要があるのか、とか、いろんな意見はあるかと思いますが、ボクは次に進むために、ただただきちんと終わらせたかった、それだけです。そして、たくさんの応援と労いと祝福を頂きました。

そして、たくさんの友だちや仲間から、「ご苦労さまでした」「お疲れさまでした」と続々とメールやコメントを頂いて、今になって感動のようなものが込み上げています。頑張ってよかったなぁ、どんな形でも始められたらそれで幸せだと思っていたけれど、やっぱり、応援や労いや祝福は本当に嬉しいです。祝福されるということは、本当に次に進めるパワーやエネルギーをたくさんいただけます。頑張ることってちっとも悪くないよね。ただわくわくすることだけ見て我夢沙羅に走っていくんじゃないやり方もあっていいよね。これがボクのいちばんボクらしいシフトの仕方だったよね。って思います。

こんな満面の笑顔で終われたことを本当に嬉しく思います。応援くれているみんな、労いをくれたみんな、祝福してくれているみんな、本当にありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです。

これからは、さらに新しい道に向かってボクらしく進んでいきます。今のところ、この選択をして本当に良かったと思っています。そして、今日を迎えられたことも本当によかったと思います。公務員生活を無駄にせず、汚点とせず、次に進むいい経験として活かしていきたいと思います。

見守ってくれるみんなは見守ってくだい。そして、変な方向に行きそうになったら、叱咤鞭撻してくださいね。

今日はみんなからの祝福を堪能して、そして32年間の自分に自分自身でも「よく頑張ったね、お疲れさまでした」と言ってあげて、ゆっくり休みたいと思います。

そして、少しだけ休んで4月を迎えようと思います。ちょっと数日母のことでバタバタするし、4月8日から3泊4日で卒業旅行と称して九州に遊びに行ってきます。そのあと、元気にスタートしますね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2013年3月26日 (火)

帰去来

いよいよあと3日で公務員を卒業することになりました。本当にこの日が来ることになったのはひと言では著せない感動のようなものがあります。この部分については、やめてしまってからしか深く表現できない感じはしますが、かなりこみ上げ始めています。なんせ32年間だからね。

この「帰去来」という言葉は、さだまさしがグレープというデュオからソロデビューするときにアルバムタイトルにしたものですが、「帰りなんいざ」といって、陶淵明が書いた「帰去来辞」からの言葉で、「官職を退いて故郷に帰ろうとすること」を言います。簡単に言うと、過去を省みる時の言葉なんだけど、仕事を辞めて振り返るにはぴったりの言葉です。

で、もっと感覚を味わってから4月に入って詳しく書きたいとは思います。ただ、感動がこみ上げてきそうな今の感覚も、今でしか味わえない感じなので、少しだけ書いてみようとも思いました。

今は最後の公務員生活といっても、なんせ市民税課なので、申告期間終わった今は途轍もなく仕事量が多い時期なんで毎日毎日いっぱい残業しています。帰ってきて寝るだけの生活なので、なかなかブログ更新にいたらなかったわけですが、それでも今日はある事情があって昼から休暇をいただいちゃったので少し時間ができました。だからこの感覚をここに残しておきます。といっても、さっきも書いたとおりうまく表現できないので、この程度しか書けないんですが・・・(笑)。

今日は、何の用事があったかというと、母の具合がとてもやばくて、今国立病院に入院しているんですが、今後特別養護老人ホームに戻れなくなるかもしれなくて、さらに胃瘻を作らないといけないかもしれなくて、病院のソーシャルワーカーさんに相談するという用事でした。まだこのあと、ボクは立ち会わないけど金曜日に姉と病院の主治医との話があるし、4月に入ってすぐ施設との相談もあります。退職して次のことをわくわくしながら考えたいところですが、もしかすると、しばらくは母のことで動き回らないといけなくなるかもしれません。

まあ、でも、今の母の状態と、認知が進んできた母の意思の確認と、施設の受け入れ態勢と、病院の治療方針をすべて並べた上で、いちばんいいと思える選択をしていくだけですよね。いろいろひとそれぞれ想いが交錯しますが、ただそれに向き合い認め受け入れ、やれるだけのことをやっていくだけなので、介護を始めた頃のような苦しみはありません。まあ、なかなか伝わらない母に事情説明するのも大変だったし、母が理解した上での要望が聞けているのかどうかもわかりませんが、今日も丁寧にいろいろできたのでへろへろだけど満足です。

何より、ボクの退職の告白で一時はどうなるかと思っていたふたりの姉とも、母のことを心から心配したり相談したりする想いは何ら変わりなく、そして、母と姉と4人で気持ちをひとつにして話し合えたことがすごく嬉しく感じられます。この瞬間はもしかしたら今まで50年間でいちばん家族というものを堪能したかもしれません。そう思える今の自分が、大変だけど幸せに思います。

ボクの人生や苦しみや幸せを家族でうまく話し合うことはなかなかありませんが、今日のような感覚を味わえられれば、もう、ボクの人生なんて話し合わなくてもどうでもいいですね。どうせ、ボクは自分で決めていくしね。

母のことは、こうして家族で力を合わせていかないと、いろんな選択はできないし、たとえ違ったとしても誰の想いも尊いし美しいです。自分だけの欲望でなく、家族みんなが家族全体のことを思いやりながら愛を持って考え合う瞬間は、今となっては感動のようなものにも感じます。そういうことに正解なんてどこにもないし、ただただみんなの気持ちをさらけ出し合い、何かひとつの方向性を決めていく、それだけ。

人生だってなんだってそう。きっと正解なんてどこにもない。選択した方向性とその結果得られたものや失ったものが、本人や周りにとって都合がいいのか悪いのかってだけ。どれが正解とは言えない、正解なんてそもそもない、そう思います。

公務員の卒業を間近に迎え、人生も振り返ることになり、まさに「帰去来」、本来の自分に「帰りなんいざ」です。本来の自分が「帰去来」の言う「故郷」なのか、家族への想いが「故郷」なのか、よくわかりませんが、両方の感覚が味わえて、しかも、仕事への想いへもきちんと振り返られる、そんな今この時の瞬間が、疲労感もあるけど、実に嬉しいです。

だから、今日は少し時間ができたので書いてみました。また、卒業したら、ゆっくり書きますね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2013年3月16日 (土)

初体験

お久しぶりです。最後の本業の退職のけじめに向けて、日々忙しい生活を送っています。むちゃくちゃ仕事が大変で、体はへろへろですが、精神的にはものすごく安定していて充実しています。いろいろ思うことあって、ブログに書きたいこと山積みですが、今日は今しがたした初体験があまりに衝撃だったので、今日はそれを書かせてください。

今、平日は毎日仕事に出かけては帰ってきて寝るだけの生活が続いています。土日はとにかく体を休め、なるべく4月以降のことを考えないようにして過ごしています。4月以降にあれをしたいこれをしたいというわくわくすることも考えないようにしてるし、行動もしていません。ただ録画してあるTVを見たりして休息をする感じにしています。

今日は一旦8時に起きて朝食を摂ったんだけど、もう少し二度寝したいと思い、布団に戻りました。その時のことなんですが、上を向いて胸の上で手を組んで、非常に脱力して、眠りに落ちそうなときでした。腰のあたり、体の中心部から、波紋が広がるように上半身に向けて広がっていくようにエネルギーのような温かい何かが伝わってきました。すごい速度での何かパワーのあるもので、急速に体が熱くなりました。それはとても心地の良い感じでその体感を味わいたいと思いました。しばらくしてまた、それが起こりました。さっきよりもっと速いスピードで熱いものでした。そのまま身を任せていたら、何度も起こりました。どんどん速く熱くなっていきました。そのあとで、ふっと、体が軽くなり自分の体重を感じなくなりました。だんだん体が浮いていくような感じ。これってもしかして幽体離脱?と思いました。そのままどんどん浮いていくような感じを味わいたかったんですが、「もし本当に肉体から離れて戻れなくなったらどうしよう。退職を済ませ、その後の生活をちゃんと手に入れたい。今は困る」となんとなく思ってしまい、抵抗してしました。感覚的には心地よくて味わいたかったんだけど。でも浮いていく感じは止まらない、声も出ない。だれか気付いてくれて体を揺すって起こそうとしてくれないかと叫ぼうとしました。そのうち、うめき声のような声が出てきました。同時に、今までの人生で見たこともないような映像が見えてきました。何か、知らない生物と知らない景色。一瞬で消えましたがスライドショーのように見えてきました。「あー、このままどうかなってしまうのかな」と思いながら、なんとかしなくちゃと思って目を開けようとしました。そうしたら簡単に目が開いて現実に戻ることができました。別に汗をかいているわけでもなく、悪夢を見た感じでもなく、また夢だった感じもなく、最初の姿勢のまま戻ることができました。感覚的には10分から20分だと感じますが、時計で見ると1時間くらいの出来事だったようにも思えます。もういちどすぐにでもその感覚が味わえそうに感じましたが、怖くなってやめました。

なんだったんだろう。もし毎回戻ってこれることが確実なら、体験してみたい、何かコツがあるのなら習得して、味わってみたい、リラックスできたり、精神がより安定したり、なにか素晴らしいものが発見できたり、普通の状態では見られないものが見られたり体験できたりするのならしてみたい。でも、現実に戻ってこられなくなるのなら、やめておきたいです。すごい感覚です。初めての体験です。すごい衝撃です。疲労感とかはまったくないです。

スピリチュアルなものなのかなんなのかもぜんぜんわかりません。もしかして、そのままにしておいたら宇宙につながれたのかな? ちゃんと現実に戻ってこれたのかな? ってか、ボクが感じて見たものも現実だったのかな? もし、なにか知っている方がいたら教えてください。ものすごく知りたいです。

ということで、つい小一時間前に体験したことです。誰か何か知ってたら教えてください。

あと、2週間したら、またいろいろ書きたいと思ってます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2013年3月 9日 (土)

2013年日米アカデミー賞結果報告

日米のアカデミー賞の結果が出たので予想の答え合わせです(笑)。興味のない方はスルーしてくださいね。◎は本命、○が対抗、▲大穴でした。無印はノーマークです。

第85回アカデミー賞

【作品賞】 ◎『アルゴ』

【監督賞】 ○アン・リー『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

【主演男優賞】 ○ダニエル・デイ=ルイス『リンカーン』

 【主演女優賞】 ○ジェニファー・ローレンス『世界にひとつのプレイブック』

 【助演男優賞】 ◎クリストフ・ヴァルツ『ジャンゴ/繋がれざる者』

 【助演女優賞】 ○アン・ハサウェイ『レ・ミゼラブル』

 【長編アニメ賞】 ▲『メルダとおそろしの森』

 【外国語映画賞】 ◎『愛、アムール』(オーストリア)

 【オリジナル脚本賞】 ◎クエンティン・タランティーノ『ジャンゴ/繋がれざる者』

 【脚色賞】 ○クリス・テリオ『アルゴ』

 【美術賞】 ▲リック・カーター他『リンカーン』

 【撮影賞】 ◎クラウディア・ミランダ『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 【衣装デザイン賞】 ◎ジャクリーヌ・デュラン『アンナ・カレーニナ』

 【編集賞】 ○ウィリアム・ゴールデンバーグ『アルゴ』

 【メイクアップ&ヘアスタイリング賞】 ○リサ・ウェストコット『レ・ミゼラブル』

 【作曲賞】 ○マイケル・ダナ『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 【オリジナル歌曲賞】 ◎Skyfall『007/スカイフォール』

 【音響賞/録音賞】 ○アンディ・ネルソン他『レ・ミゼラブル』

 【音響編集賞】 ◎パー・ハルバーグ他『007/スカイフォール』 ○ポール・N・J・オットソン『ゼロ・ダーク・サーティ』(同票)

 【視覚効果賞】 ◎ビル・ウェステンホファー他『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 【ドキュメンタリー賞】 ○『シュガーマン/奇跡に愛された男』

 【ドキュメンタリー短編賞】 ○『Inocente』

 【実写短編賞】 ○『Curfew』

 【短編アニメ賞】 ○『Paperman』

第36回日本アカデミー賞

 【最優秀作品賞】 ○『桐島、部活やめるってよ』

 【最優秀アニメーション作品賞】 ◎『おおかみおとこの雨と雪』

 【最優秀監督賞】 ○吉田大八『桐島、部活やめるってよ』

 【最優秀脚本賞】 ◎内田けんじ『鍵泥棒のメソッド』

 【最優秀主演男優賞】 ○阿部寛『テルマエ・ロマエ』

 【最優秀主演女優賞】 ◎樹木希林『わが母の記』

 【最優秀助演男優賞】 ▲大滝秀治『あなたへ』

 【最優秀助演女優賞】  余貴美子『あなたへ』

 【最優秀音楽賞】 ▲川井郁子『北のカナリアたち』

 【最優秀撮影賞】 ○木村大作『北のカナリアたち』

 【最優秀照明賞】 ◎杉本崇『北のカナリアたち』

 【最優秀美術賞】 ○磯田典宏, 近藤成之『のぼうの城』

 【最優秀録音賞】 ○橋本文雄『聯合艦隊司令長官 山本五十六』

 【最優秀編集賞】 ▲日下部元孝『桐島、部活やめるってよ』

 【外国作品賞】 ○『最強のふたり』

ということで、ものすごく当たった感じもないけど、ノーマークだったのは余貴美子だけだったんで、ま、いっか(笑)。

いよいよ本業あと20日になりました。いろいろ思うところあるので、また時間があれば登場します。無理っぽかったら4月まで潜伏します(笑)。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2013年3月 3日 (日)

「第8回セクシュアリティ勉強会」のご報告

少し遅くなりましたが、2月23日に開催させてもらった「第8回セクシュアリティ勉強会」のご報告をさせていただきます。

今回は「セクシュアルマイノリティと職場」というテーマでお話をしました。前回前々回の「学校」という場面や家族との関わりとはまた違った盛り上がりを見ました。すごく面白く開催させてもらいました。今回は7名の方に参加いただきました。初参加の方が2名いらして、久しぶりの方も2名いました。

09_400


以下、参加者のみなさんの感想です。

【A.Kさん】前に比べたら、豆腐さんの伝えたいことの微妙なニュアンスが分かった(自分の体験を経て)。自分も疎外感をウリにしていた時期があった。みんながマイノリティになればどうか?

 【さーこさん】人によりそう方法は、人(よりそわれる側)によっても人(よりそう側)によってもそれぞれなんだと思う。過去、心配をしてくれて、声をかけてくれた言葉はいろいろだったし、すなおに受けとれないものもあったけど。当時は愛はないと思ったけど、愛はあったと思う。この行き違いはなくなるのかな? 必要ない言葉まで受け取る必要はないと、今は思う。

【しゅん@きよぽんさん】職場をテーマにした勉強会でしたが、自分が知らない間に攻撃する側に加担しているかもしれないといことに気づかされました。どんなマイノリティの人でもうまく接するには、相手の立場になって考えることが、必要だと思いました。すべての人がそういう考え方を持つのは難しいと思いますが、そういう考え方を自分自身もって、人に広げていきたいと思います。

【心陽さん】セクシュアルマイノリティの方たちへの対応は固定化せず、ケースバイケースで柔軟にかつ寄り添う気持ちでやっていきたい。

【Mさん】知りたいことをたくさん学べてとてもよかったです。「相手に寄り添う」というのはどういうことか、というのが少し実感できた気がします。

参加者のみなさんありがとうございました。

04_400

今回は実はボクも熱くなり過ぎた部分があって、少しゴリ押しをした気がしていて反省しました。でも結果的にはいい勉強会になった気がします。実は後日になってまた新しい気づき方をしたりして、次回はそこも踏まえて開催したいなと思っています。無料で開催の最後の勉強会、無料での活動の締めくくりだったので、少し力入っていました。このまま続けていく覚悟がより出来たと思います。

また、今回少しコーチングの要素を取り入れた講演めいたメッセージを伝えさせていただいて、今後の違う形での勉強会への方向も試させていただいたので、いつも隔月の勉強会の間に新しい別の勉強会も開催したい気がしています。

その後の懇親会も異様なほどの盛り上がりをして、結構感動しました。

16_400


今後ともよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31