フォト
無料ブログはココログ

« 初体験 | トップページ | 退職日 »

2013年3月26日 (火)

帰去来

いよいよあと3日で公務員を卒業することになりました。本当にこの日が来ることになったのはひと言では著せない感動のようなものがあります。この部分については、やめてしまってからしか深く表現できない感じはしますが、かなりこみ上げ始めています。なんせ32年間だからね。

この「帰去来」という言葉は、さだまさしがグレープというデュオからソロデビューするときにアルバムタイトルにしたものですが、「帰りなんいざ」といって、陶淵明が書いた「帰去来辞」からの言葉で、「官職を退いて故郷に帰ろうとすること」を言います。簡単に言うと、過去を省みる時の言葉なんだけど、仕事を辞めて振り返るにはぴったりの言葉です。

で、もっと感覚を味わってから4月に入って詳しく書きたいとは思います。ただ、感動がこみ上げてきそうな今の感覚も、今でしか味わえない感じなので、少しだけ書いてみようとも思いました。

今は最後の公務員生活といっても、なんせ市民税課なので、申告期間終わった今は途轍もなく仕事量が多い時期なんで毎日毎日いっぱい残業しています。帰ってきて寝るだけの生活なので、なかなかブログ更新にいたらなかったわけですが、それでも今日はある事情があって昼から休暇をいただいちゃったので少し時間ができました。だからこの感覚をここに残しておきます。といっても、さっきも書いたとおりうまく表現できないので、この程度しか書けないんですが・・・(笑)。

今日は、何の用事があったかというと、母の具合がとてもやばくて、今国立病院に入院しているんですが、今後特別養護老人ホームに戻れなくなるかもしれなくて、さらに胃瘻を作らないといけないかもしれなくて、病院のソーシャルワーカーさんに相談するという用事でした。まだこのあと、ボクは立ち会わないけど金曜日に姉と病院の主治医との話があるし、4月に入ってすぐ施設との相談もあります。退職して次のことをわくわくしながら考えたいところですが、もしかすると、しばらくは母のことで動き回らないといけなくなるかもしれません。

まあ、でも、今の母の状態と、認知が進んできた母の意思の確認と、施設の受け入れ態勢と、病院の治療方針をすべて並べた上で、いちばんいいと思える選択をしていくだけですよね。いろいろひとそれぞれ想いが交錯しますが、ただそれに向き合い認め受け入れ、やれるだけのことをやっていくだけなので、介護を始めた頃のような苦しみはありません。まあ、なかなか伝わらない母に事情説明するのも大変だったし、母が理解した上での要望が聞けているのかどうかもわかりませんが、今日も丁寧にいろいろできたのでへろへろだけど満足です。

何より、ボクの退職の告白で一時はどうなるかと思っていたふたりの姉とも、母のことを心から心配したり相談したりする想いは何ら変わりなく、そして、母と姉と4人で気持ちをひとつにして話し合えたことがすごく嬉しく感じられます。この瞬間はもしかしたら今まで50年間でいちばん家族というものを堪能したかもしれません。そう思える今の自分が、大変だけど幸せに思います。

ボクの人生や苦しみや幸せを家族でうまく話し合うことはなかなかありませんが、今日のような感覚を味わえられれば、もう、ボクの人生なんて話し合わなくてもどうでもいいですね。どうせ、ボクは自分で決めていくしね。

母のことは、こうして家族で力を合わせていかないと、いろんな選択はできないし、たとえ違ったとしても誰の想いも尊いし美しいです。自分だけの欲望でなく、家族みんなが家族全体のことを思いやりながら愛を持って考え合う瞬間は、今となっては感動のようなものにも感じます。そういうことに正解なんてどこにもないし、ただただみんなの気持ちをさらけ出し合い、何かひとつの方向性を決めていく、それだけ。

人生だってなんだってそう。きっと正解なんてどこにもない。選択した方向性とその結果得られたものや失ったものが、本人や周りにとって都合がいいのか悪いのかってだけ。どれが正解とは言えない、正解なんてそもそもない、そう思います。

公務員の卒業を間近に迎え、人生も振り返ることになり、まさに「帰去来」、本来の自分に「帰りなんいざ」です。本来の自分が「帰去来」の言う「故郷」なのか、家族への想いが「故郷」なのか、よくわかりませんが、両方の感覚が味わえて、しかも、仕事への想いへもきちんと振り返られる、そんな今この時の瞬間が、疲労感もあるけど、実に嬉しいです。

だから、今日は少し時間ができたので書いてみました。また、卒業したら、ゆっくり書きますね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

« 初体験 | トップページ | 退職日 »

日常」カテゴリの記事

コメント

豆腐さん、私は今このブログを読んで泣いています(笑)正解なんて無いんですよね。でも自分の中で色んなものを失敗とみなして、怖れて、不安で。開業を目前に、わくわくしつつもビビってる私に何だかとても響くブログでした。
あと、つい先日私は祖母を亡くして、介護の問題と家族の問題に直面したばかりだったので、この話題も胸にしみるものでした。
何だかすごく心が動いて、嬉しいです。ありがとうございます。
激務でお身体が心配ですが、あと少しこっそり応援しています\(^o^)/

penおのちゃん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

正直、この退職を目前に大変な問題がいろいろ起こるなぁ、と少し厄介に感じていた部分もあります。
でも、なんとなく、こういうふうに思いながら噛み締めることができました。
おのちゃんも同じような経験をされたんですね。そして、同じ時期でのスタート。
何か、同期を感じますね。
これからも、刺激し合って、相談し合って、前進しましょうね。
いつもありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340522/50964987

この記事へのトラックバック一覧です: 帰去来:

« 初体験 | トップページ | 退職日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31