フォト
無料ブログはココログ

音楽

2011年9月 3日 (土)

スウィーツ夢cafe♪のBGM

おととい、かなりまじめなブログを書いた日に、音楽ブログもアップしていました。

5月に「スウィーツ 夢cafe♪ ~Torff Version~」というのを仕切らせてもらいましたが、そのとき用意したBGMをアップすると言いながら3ヶ月が経過してしまいました。

今週、夢cafe♪がひと区切りし、不定期開催となったことから、自分の中でもこの夢cafe♪をひと区切りしようと思い、YouTubeにアップして、音楽ブログにも載せることにしました。

BGMとして使ったのは2曲。

1曲目は去年のコーチングスクエアのクリスマス忘年会に合わせて作ったクリスマスソングのオルゴールヴァージョン。当時は「クリスマスソング」と言っていましたが、改めて市を書きなおし、タイトルを「Merry Merry」とリニューアルしてみました。結局歌入れはしていないので、完成品は聞けないんですが、インストだけ、公開してみました。

Merry Merry ~Musicbox Version~ / Torff

それと、ふたつ目が、昔作った「Duex」という曲の、やはりオルゴールヴァージョンです。

Duex ~Musicbox Version~ / Torff

このシリーズはもっと作ってBGM用にまとめたいと思っています。

ちなみに音楽ブログ「豆腐の Music Life」やあんまり公開していない「豆腐の Creative Life」でも聞くことが出来ます。

「豆腐の Music Life」
http://plaza.rakuten.co.jp/torff/diary/201109010000/
「豆腐の Creative Life」
http://www.myspace.com/1004822972#!/1004822972/blog/544157176
http://www.myspace.com/1004822972#!/1004822972/blog/544157215

実は、鬱のころ、支えてもらったコブクロが一時活動休止宣言をしたので、それもまた、ボクにとっての音楽の存在を見直すきっかけになったというのも少しあります。まあ、音楽もお休み気味ですが、捨てがたいんで、ここでも、作った時は載せていきますね。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ男性日記へ
にほんブログ村

2011年5月11日 (水)

アデル、カッコいい

昨日は、急遽残業することになり、そのあと新しいお友だちとスカイプでチャットとかしていたら、あっという間に寝なければいけない時間になってしまいました。

仕事について、最近、復職したてと気遣われることもなくなり、担当をいろいろ任されたりするようになってきて、張り切ってしまう感じがあります。ちょっと頑張り過ぎています。ペースダウンしたい感じですが、やってしまうのが心地よい自分もいて、難しいところです。いろいろなことにわくわくしているので、あまり我慢し過ぎるのもよくないし、心地いい範囲内ではやってみるのもいいと思いますよね。でも、やり過ぎていると自覚があるので、時々はあえてスピードを緩めて休む日を作っておけばいいのかな、って思っています。

さて、この前、アメリカに住む友人が日本に帰って来ていた時、とてもいいから絶対聴いて欲しいと言っていたお勧めのアーティストを YouTube で捜して聴いてみたので、それを紹介しようかなと思います。

アデルです。

21

1988年5月5日イギリス出身の女性シンガーソングライター、本来の発音は「エイデル」に近いらしいです。14歳から作曲とギターを始め、ブルージーでソウルフルでスモーキーな歌声が特長です。まだ23歳ですよね。イギリスのアルバムチャートでは、デビューアルバムの『19』が初登場で1位を記録しているし、アメリカでのビルボードアルバムチャートでも、サタデーナイトライヴに出演以降に急激に注目を浴びて11位まで上昇し、iTunesのアルバムチャートで1位に輝いています。おととしのグラミー賞では4部門にノミネートされて、最優秀新人賞と最優秀ポップ女性アーティスト賞を受賞しています。今年発売したアルバム『21』は、英米両方で初登場1位を獲得するなど、今絶好調のアーティストです。まあ、聴いてみてください。

I'll Be Waiting / Adele

One and Only / Adele

アルバム『21』をちゃんと聞いたら、また紹介し直しますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2011年4月 4日 (月)

想いを込めて…

ちょうど1週間前の先週の月曜日、ボクにとって結構難関だった「どきどき記念日」を何ごともなく過ごせたことは、とても安心できる出来事でした。そこを越えてなんとか今がある感じがしています。来年の「どきどき記念日」が実は最も不安で、過去2回の異型狭心症の発作が2000年と2006年だったので、来年が怖いんですよね。出来るだけ、気にせずに、でも気をつけて過ごしていけたらいいなと思っています。

今日は、久々に音楽の話題を。 先日のスィーツチャリティを経て、あと何ができるのかと考えると、またチャリティをそのうちやってもいいのだけれど、やっぱり発信しかないですよね。

今日は、大変な方々に少しでも元気や勇気をあげられるあまり知られていない歌を紹介したいな、と考えています。今、音楽ブログ「豆腐の Music Life」では、そんなことを意識しながら時々書いていますが、そっちで最近紹介した3曲を今日は取り上げてみます。よかったら、みんなも元気や勇気をこれらの歌からもらってください。やっと、動画の埋め込み方がわかったので、今日は挑戦してみました。

↓曲の詳細が知りたい方は「豆腐の Music Life」で見てくださいね。 http://plaza.rakuten.co.jp/torff

「絆 / 中孝介」

「届いたらいいな~Gratitude~ / 佐藤竹善」

「遠くで・・・ / コブクロ」

◎作品データ◎

「絆 / 中孝介」

2008年9月3日発売マキシシングル

「届いたらいいな~Gratritude~ / 佐藤竹善」 

2007年6月6日発売マキシシングル「Hey!!」のc/wとして収録

「遠くで… / コブクロ」

1999年7月21日発売アルバム(インディーズ)『Saturday 8:00PM』に収録

2011年3月12日 (土)

YouTubeを見ていて発見

被災地のみなさん、お見舞い申し上げます。
早くみなさんがライフラインを回復し、穏やかな生活を取り戻されることを強くお祈りします。
そして、大事な人々を亡くされた方々にも、早く元気になっていただきたいです。

被災地の状況をニュースで見たり、YouTubeでいろいろ見ていました。そんなおり、最近、ボクが初めてはまった洋楽ジャニス・イアンの歌を思い出したりしていたんだけど、レンタルで見当たらなかったので、YouTubeで動画がないかついでに捜したりしていました。こんな時、娯楽関係の記事をアップすることに抵抗を覚えたんだけど、いろいろ調べているうちに発見したことがたくさんあったので思いきってブログにしようと思いました。

ジャニス・イアンのいちばん好きな歌は、1976年に放映されたTBS系のドラマ「グッドバイ・ママ」の主題歌でした。「恋は盲目」です。

Aftertone_400

下北沢を舞台に母子家庭の日常を綴ったドラマ。あと1年の命しかない坂口良子演じる女性が、残して行く2歳の子どものために父親を見つけようと奮戦する作品。坂口良子が娘のりちゃんのバースディ・ケーキを買いに行く途中で発作が起き、雨中の空き地で死んで行くシーンで子猫が横切る場面が印象的でした。脚本を市川森一が書いてるのもびっくりしたし、若き日の風間杜夫なんかも出ているんですね、覚えてないけど。

ジャニス・イアンがこのドラマの音楽を務め、主題歌にしたこの曲が当時の洋楽異例のヒットを飛ばしました。今回アップするに当たりデータを調べたところ、何と彼女は2003年にレズビアンであることをカミングアウトしていたんですね。びっくりしました。共感するはずですね。後に山田太一が演出したドラマ「岸辺のアルバム」でも「ウィル・ユー・ダンス」が主題歌になって話題になりました。アルバムが探してるけどないんだよな。amazonで買うかな。

↓動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=naGt-FFL7Ww

音楽ブログ「豆腐の Music Life」でも動画見れます。

http://plaza.rakuten.co.jp/torff/

◎作品データ◎

「恋は盲目/ジャニス・イアン」
原題:Love Is Blind / Janis Ian
1976年1月1日発売アルバム「愛の余韻/AFTERTONE」に収録

2010年12月 9日 (木)

曲公開断念

今日は少しだけ、凹んでいます。

今の気持ちを想いのたけ曲にぶつけてみました。先月の連休でしたね。いい曲が出来ました。なのに想いが強すぎて歌がうまく歌えない。これは、ちょくちょくこのブログでも触れていたことですが、公開を一旦断念することにしました。これから心が安定してきたら、今の苦しい感じは表現できなくなってしまう。そんな気持ちで焦っていました。昨日研修の後、少しまとまって時間が空いたので、歌ってみました。当初よりかなりまともになったので、修正することを宣言して、今の状態で公開しようと決めていました。でも、今日もういちど公開前に聴いてみて、やっぱり、この表現力ではダメだと思って、一旦、この曲から離れてみることにしました。今、諦めるための気持ちの切り替えを必死でやっています。

で、歌詞だけ掲載してみようかな、って思いました。また、きちんと歌える日が来たらちゃんと公開しますので、その時は聴いてくださいね。

Courage

朝陽が昇り始める 傍らには夢と小さな不安の破片たち

日々はいつの間にか過ぎてくけど ぼくの未来は広がってゆけるかな

 振り幅の狭い時計の振り子のように 必要な時間も刻めないまま

 今この想いを胸のどこか 閉じ込めてしまってきたみたいで

神様 ぼくに時間をください

時代に縛られたぼくに せわしいだけの瞬間を見つめる時間を

神様 ぼくに時間をください

自由に過ごせないボクに 大事な時を刻める少しの時間を

ぼくが歩いてゆく道の先に どんな明日が待ち受けているのかな

 早足で歩く途端に見失う 大事な気持ちを想い出せるよう

 今この想いを胸のどこか 大切にしまっておきたいんだ

神様 ぼくに力をください

過去から出られないぼくに 重い扉を少しだけ開ける力を

神様 ぼくに力をください

自分も護れないぼくに 大事な人を守れる大きな力を

温かい言葉がこのぼくを支えている 勇気と力で応えられるように

神様 ぼくに勇気をください

想いを話せないぼくに 愛を奏でる言葉を伝える勇気を

神様 ぼくに勇気をください

未来に進めないぼくに 大事な夢を歩める小さな勇気を

2010年11月24日 (水)

曲、完成♪(仮歌だけど)

3日間、ブログお休みしました。専念させてもらって、ありがとうございます。

まずはいつも通り、今朝のいつも通りの朝食から。

Breakfast20101124_400

ホントにいつも通り。イングリッシュマフィン・ヨーグルト・バナナ・コーヒー・牛乳です。今日は自分の分のお弁当はなく、相方に昼食を作って行きました。

Ume_shiso_pasta_400

梅とシソのパスタです。久しぶりに夕飯も作りました。

Dinner20101124_400

今日は和洋中ぐじゃぐじゃです。きのこ入り麻婆茄子・ポトフ・里芋の煮物・おから・ポテトサラダです。デザートなしです。

さて、こもって、曲は一応完成しました。オケはもう出来上がっています。ただ、歌は仮入れ状態で、まだ公開できません。満足いかない感じです。もう少し歌い込んでから公開させてくださいね。とても広い音域の歌を作ってしまって、大変です。でも、近々、公開しますので、もう少しお待ちください。

で、別にインストゥルメンタルも整理しました。前作りかけていたものを仕上げた感じです。こちらも公開しようかと考えています。もしかしたら、それに歌詞を乗せて歌入れするかもしれません。お友だちのお誕生日に作った歌のアレンジも手掛けたり、お友だちの曲に詩を乗せる作業も手掛け始めました。やり始めると3日じゃ全然足りないですね。だけど、とりあえず、今の気持ちを歌にする作業はしたので、それなりに満足です。できたら、歌まで仕上げたかったな、っていうのが本音ですけど。ブログお休みして、再開は曲の公開だと思っていたので、ちょっとだけ残念です。

やっぱ、好きなことだけに熱中し過ぎると、きっと体壊しそうです(笑)。

でも、いい4連休だった、充実してたと思います。

今日から、いつもの日常です。また出来る限り毎日更新しますので、よろしくお願いします。

2010年11月 9日 (火)

『秦基博/Documentary』鑑賞

今日は、なんだか、すごくうまく仕事こなした気がします。もう普通の職員並みに出来ていると思います。

恒例のお弁当から。

Lunch20101109_400

今日も作り置きの常備菜を使って、ポテトサラダとめかぶのわさびマヨネーズ和えを入れて、あとは今朝作りました。はまちの煮付け・ラー油を使ったぺペロンチーノ・チャーハンです。

このところ、やりたいことはみんな、夢の準備と料理に時間を費やしてきましたが、クリスマスも近くなってくるとイベントが増えるので、そろそろ音楽もはまってみたい感じです。というのも今月は22日に休みをもらって19日から23日までの4日間、作曲に使ってみたいと思っています。もしかしたら、ブログもその間は放置になるかも、です。17日18日とカウンセリングとコーチングに浸かって、そのあと、月末までどっぷり音楽を堪能しようかという魂胆です。

今日はその前段階というわけじゃないけど、久しぶりにCD店に行ってCD試聴しまくってきました。購入は給料が出てからということにして、今日はとりあえずの試聴です。

最近、秦基博にはまっていて、彼の弾き語りのアルバムを毎日のようにウォークマンで聴いています。通勤の間は読書かウォークマンです。残念ながら歌を聞いているときは詩や音を一生懸命聴いてしまうので、ながらで本を読んでもなかなか進みません。なので、大抵どっちかです。で、10月6日に秦基博のニューアルバムが出ていることは知っていたので、それを聴きに行きたかったんですよね。

ということで、秦基博のニューアルバム「Documentary」の紹介です。

Documentary

本年度男性ソロアーティストとしての決定打とも言うべき名盤が誕生! 現在の音楽シーンで大注目の秦基博、約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース。通算9枚目のシングル「アイ」がオリコン初登場5位と、好スタートを切った2010年。3月には『BEST OF GREEN MIND '09』を発売。弾き語りアルバムとしては実に10年ぶりのオリコンTOP10入りを果たし、現在もロングセラー中。春先からは同時期に4曲の大型タイアップが決まるなど、音楽ファンだけでなく一般層への認知度も急上昇する最中、3ヶ月連続リリースのトリを飾る待望の3枚目のアルバムのリリースが決定。セカンドアルバム『ALRIGHT』以降にリリースされたオリコン連続TOP10ヒットシングル「朝が来る前に」「Halation」「アイ」に加え、8月発売シングル「透明だった世界」、9月先行シングル、めざにゅ~テーマソング「今日もきっと」と、近年のベストアルバムといっても過言でない充実した内容。さらに、新曲として収録される楽曲はどれも新たな魅力を感じさせる意欲作に仕上がっている。深みを増したリアリティ溢れる歌詞と、生の楽器を主体とした幅広いサウンドアプローチに、秦の力強い、そして柔らかなヴォーカルが見事にマッチした2010年度男性ソロアーティストとしての決定打とも言うべき名盤がここに誕生!

とまたまたデータべースから引用。

秦基博のプロフィールです。

本名、秦基博1980年10月11日宮崎県日南市に3男坊として生まれ、横浜で育つ。血液型A型。丸々と太っていて玉のような乳児期をキャッチャーとして草野球で過ごす。中1の時に兄が友人から3000円でゆずってもらったギターを弾き始める。部活終了後、家で一心不乱にギターを弾き歌いまくる毎日。高校時代、軽音楽部に入部し、ミスチル・エレファントカシマシ・ウルフルズのコピーバンドをボーカルで始める。そのころから本格的にオリジナル曲を書きはじめる。1999年、大学入学前の春休みに、友達の友達の紹介でパンク中心のライブハウス“F.A.D.yokohama”の弾き語りイベントに出演。2004年1月、インディーズアルバム『オレンジの背景の赤い静物』を発売。2006年3月、Office Augustaに所属。2006年11月8日 BMG JAPAN/オーガスタレコードより、デビューシングル「シンクロ」リリース。2007年3月7日ミニアルバム『僕らをつなぐもの』をリリース。3枚のシングルを出したのち2007年9月26日にファーストアルバム『コントラスト』をリリースし、オリコンチャートで初登場5位を記録し、一躍ブレイクとなる。

今回のアルバムは、フジテレビ系“めざにゅ~”テーマ「今日もきっと」・Panasonic LUMIX GシリーズCMタイアップソング「アイ(弾き語りVersion)」・テレビ東京系アニメ「NARUTO- 疾風伝-」オープニングテーマ「透明だった世界」を含むアルバムで、初回生産限定盤は2種類、CD2枚組の、ボーナスCDとしてに「なごり雪」(養命酒製造「ハーブの恵み」TVCMソング)他、カバー楽曲を収録したヴァージョンがひとつ。もうひとつは今年5月22日の河口湖ステラシアターで行われたアコースティック・ツアー“GREEN MIND 2010”ファイナル公演のパフォーマンスをフル・ヴォリュームで収録したスペシャルライヴDVD付のもの。どっちを買おうかな。オリコンでは初登場3位を獲得しました。う~ん、曲調もさることながら、甘く少しハスキーな歌声がたまらないです。

◎作品データ◎

秦基博『Documentary』

2010年10月6日発売

この後、音楽ブログ「豆腐の Music Life」でもこれを紹介します。音楽ブログでは動画もアップしますんで、よかったら、そちらも、ね。

http://plaza.rakuten.co.jp/torff

いかん、いかん、早くしないと寝不足になっちゃう(汗)。やっぱ、音楽も捨てられないな。

2010年9月 3日 (金)

『スカイ・セイリング/夢見心地のエアプレイン』鑑賞

今週も無事勤務を終了しました。上出来だったと思います。今日は仕事帰り、お友だちとお茶をし、1週間頑張った自分にご褒美をあげました。って、マッサージなんだけどね。行きたいマッサージ屋さんや近況を報告したいマッサージ屋さんがあるんだけどね、飛び込みで空いていたから衝動買いのように受けてきました。

お友だちからは、お弁当箱をいただきました。

Obentobeko_400

最近、ブログを見てくれているみんなから食い過ぎだと言われていて、いつもよりは少し小さめの2段のお弁当箱。これで、来週から過ごそうかなと思っています。

An_airplane_carried_me_to_bed_400

前にご紹介したアウル・シティにハマりまくっていて、毎日のように聞きかじっています。アメリカのお友だちから、アウル・シティの別プロジェクトがきっと気に入ると思うと言われ、先日探してきました。日本では7月28日に発売されているようでした。そっか、日本でももう発売になっていたんだ、ということで、購入しました。プロフィールはアウル・シティの記事で参考してもらうとして、今回のスカイ・セイリング名義のアルバムについてはユニバーサル・ミュージックの紹介記事文面とアダム・ヤング(アウル・シティ本人の個人名)のコメントを載せておきます。

心地よい天空へ羽ばたいたエアプレイン! そこからの風景はもっともっと素敵なんだ。全米&全英1位「ファイアーフライズ」で大ブレイク! アウル・シティーことアダム・ヤングのもう一つのプロジェクトが始動。ロング・ヒットしたアウル・シティーのアルバム『オーシャン・アイズ』のアナザー・ストーリー。そのエモーション、思慮深さはアウル・シティーと同じだが、楽曲の多くではアコースティック・ギターとピアノがフィーチャーされている。“アウル・シティーの前がスカイ・セーリングだよ。今回の収録曲は過去への最初の一歩になる。この作品は自分でも抱えきれないほど多くの希望と夢を持ったミネソタ出身の内気な少年のドキュメンタリーなんだ。今回みんなと共有することができて非常に嬉しく思っているよ。”

アウル・シティとどこがどう違うの?って思う方もいるかもしれないけど、ボク的にはアウル・シティの方がマニアックで個性的、スカイ・セイリングの方が聴きやすくてポップなアレンジになっている気がします。でも、邦題、ダさい(泣)。

↓動画です。“CAPTAINS OF THE SKY”,“BRIELLE”,“BLUE AND RED”,“I LIVE ALONE”,“SAILBOATS”の5曲です。

http://www.youtube.com/watch?v=iWhllcM9tu4

http://www.youtube.com/watch?v=_PkzsMak6P8

http://www.youtube.com/watch?v=fQCfC8pM6JM

http://www.youtube.com/watch?v=odoY9alTb0c

http://www.youtube.com/watch?v=rmB4MztfloY

◎作品データ◎

スカイ・セイリング『夢見心地のエアプレイン』

原題:Sky Sailing“AN AIRPLANE CARRIED ME TO BED”

2010年7月28日発売

明日、採血です。寝るべ。

2010年7月28日 (水)

『ジャック・ジョンソン/トゥ・ザ・シー』鑑賞

今日は出勤日でした。いつものようには起きられず、携帯アラームで6時に起きました。相方と朝食を食べて、出勤しました。ここしばらく充分間に合うさらに1本前のバスに乗ってたけれど、今日はそれには間に合わず、でも職場には充分間に合う時間に着きました。

いつもの通り仕事をこなし、上司が会議中は同僚に仕事をもらってたくさん働いてきました。もしかしてまだやってはいけない内容の仕事だったかもしれないけど、まあらくらくこなせました。正式職員じゃないから入力やデータ更新は出来ないんですよね。でも、簡単とはいえ通知の作成。本当はまだやってはいけなかったかもしれません。

それから、今日は少し不安な要素が。同じ理由で電話はまだ取らないことになっているのだけど、誰も取る人がいなったので、迷っていたけど取らずにいたら、臨時職員の人が電話に出てくれました。さすがにこれでは悪いかな、と思い、今日は電話を1本だけ取りました。間違い電話でしたが、取るべきか取らない方がいいのか迷いました。このへん仕方のない状態のときは電話も出ると言うスタンスをきちんと上司に伝えておきたいです。どの辺で受話器に手を伸ばすか、難しいところです。もちろん、電話を待たせていけないのは承知の上ですが、一応電話や窓口は配慮してもらった方がいいとつくづく言われているので。ちょっと嫌な気分でした。ま、いいけど。

今日のお弁当です。

Lunch20100728_400

今日はCDを紹介します。ジャック・ジョンソンの『トゥ・ザ・シー』です。

To_the_sea_400

ジャック・ジョンソンのプロフィールは、昔のブログで紹介済みですが、そのまま、前のを転載しましすね。

ジャック・ジョンソンは1975年5月18日ハワイ・オアフ島のノースショアに生誕。幼い頃からサーフィンに慣れ親しみ、高校生になる頃には世界最高峰のサーフィン大会に出場。注目サーファーとしてプロ契約も結んだ。17歳の時、サーフの最中、海底の珊瑚礁に身体を叩きつけ、頭蓋骨にヒビ、頭部を100針以上縫う大怪我をし、これを機に、趣味としていたギターにのめり込むようになった。高校卒業後は、カルフォルニア大学サンタ・バーバラ校に進学。専攻を数学から映画へと変え、卒業後、本格的な映像制作に着手。1999年、サーフ仲間のマロイズと組み、最初のサーフムーヴィー『シッカー・ザン・ウォーター』を完成させた。アメリカを代表するサーフ誌『Surfer』では最優秀ビデオ賞も獲得。映像同様に強烈な印象を残したのが音楽で、シンプルでアコースティックな優しいサウンドを中心に活動。音楽の才に、注目したGラヴが1999年のアルバム『フィラデルフォニック』にジャックの「ロデオ・クラウンズ」を採用、それはアルバムからの1stシングルにもなった。また、ベン・ハーパーが当時設立したインディ・レーベル「エンジョイ・レコーズ」の第1弾アーティストとして、レコード契約を結ぶこととなる。2作目のサーフムーヴィー「セプテンバー・セッションズ」の撮影と並行して制作されたデビュー・アルバム「ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ」を2001年2月にリリース。アコースティック中心のメロウでシンプルなサウンドを基本に、レゲエ、ラテン、ヒップホップなどの要素も取り入れたスタイルは、サーファーを発信源に口コミで広まっていった。インディーズで20万枚以上をセールス。そして2002年になって改めてユニバーサルからのメジャー流通に乗って、ミリオンセラーを記録した2ndアルバム「オン・アンド・オン」は、全米ビルボード初登場3位という予想以上の好スタートを切る。勢いは衰えることなく、2005年2月16日にリリースされた3枚目のオリジナル・アルバム「イン・ビトゥーン・ドリームズ」は、全米チャート最高位2位を獲得、日本でもオリコン総合アルバムランキング初登場13位を記録。2006年には、映画『キュリアス・ジョージ』のサウンドトラック発表、こちらも全米チャート1位を獲得した。しばしの活動ののち2008年2月6日『スリープ・スルー・ザ・スタティックス』を発売。続く今回のアルバムは5月26日に日本で先行発売。全世界では5月31日に発売された。前回よりさらに緩く落ち着いたサウンドになっていると思います。

↓動画です。“YOU AND YOUR HEART”,“TO THE SEA”,“NO GOOD WITH FACES”,“WHEN I LOOK UP”,“MY LITTLE GIRL”の5曲です。

http://www.youtube.com/watch?v=BWVnZAJaq4Q

http://www.youtube.com/watch?v=23iQIe1SsQQ

http://www.youtube.com/watch?v=4ROAE9tPPro

http://www.youtube.com/watch?v=_irrJupjwH8

http://www.youtube.com/watch?v=pNUa5ByQMug

◎作品データ◎

ジャック・ジョンソン『トゥ・ザ・シー』

原題:Jack Johnson “TO THE SEA”

2010年5月26日発売

あぁ、もうこんな時間だ。寝るべ。

2010年7月19日 (月)

『アウル・シティ/オーシャン・アイズ』鑑賞

日までの不調はどこへやらという感じで今日はなんだか回復傾向です。明日は仕事なので、ほんとよかったです。だけど、最悪に暑いから今日はじっとしていました。そうでなくても家でゆっくりする日は何日に1回かは作らないとね。今日は料理もそこそこにして、お弁当なんかを作ったり、洗濯したりしていました。軽く買い物出かけたけど、本当に暑い。

この前、CDショップに寄ったんだけど、アメリカの友だちからもらった情報で、今日紹介するアルバムを購入してきました。前から好きなアーティストで、他の好きなアーティストのものもつい買ってしまった。いけない、いけない。今は無駄遣いはダメなんだから。もう我慢しますね。

Ocean_eyes_400

2009年5月28日の前のブログで紹介したアウル・シティの新作を購入しました。『オーシャン・アイズ』です。新作といっても、オリジナルは2009年7月28日発売、今日掲載したジャケットはデラックス版でボーナストラックが別ディスクで収録された2枚組のもの、2010年1月26日発売です。日本での発売はなく、USからの輸入盤で、日本版はオリジナル版の日本版で今年の2月10日に発売になっています。それでも、今紹介するのは古いね(汗)。

アウル・シティのプロフィールはすでに前のブログで紹介済みですが、それをそのまま転載しますね。

Owl Cityの素性は明らかにされてません。アメリカのミネソタ在住の Adam Young のソロ・プロジェクト。彼の素性は謎めいていて、詳しいバイオグラフィーは一切公開されていません。ちなみに、マイスペースで公開されている自己紹介文があったので、転載します。著作権、問題ないかな? 「ハロー、僕の名前はアダム。現実に対峙するより空想する方が好きなんだ。音楽は僕の精神みたいなもの。地下室で曲を書いて、レコーディングしてる。睡眠障害持ちなんだ。これらの曲は眠れない夜に僕が作ったもの。僕が創造した時と同じくらいみんなが楽しんでくれたらいいな。世界のどこかで誰かが僕の音楽を聴いてくれてるなんて凄いことだよ。どれだけ僕が感謝してるか分からないだろうな。ありがとう!」とのことです。サウンドは、聴く人を天空へ誘い、非現時的で抽象的な世界への旅に導いてくれるようなエレクトロ・ポップ。ドリーミーで浮遊感のあるキャンディ・ポップ・ミュージックが好きな方にはぜひお勧めです。

今回は3枚目のアルバムになります。今回も前回からの期待を裏切らない甘くてポップでメランコリックなメロディ、そしてキラキラしたシンセサイザーのトーン、軽快なリズムの上を奏でるメロディーは眠れぬ夜に最適の心地よい妙薬です。決して歌が上手っていう感じではないんだけどね、なんだか、とても心地よい。

↓動画です。“CAVE IN”, “HELLO SEATTLE”, “FIREFLY”, “VANILLA TWILIGHT”, “HOT AIR BALLOON”の5曲です。

http://www.youtube.com/watch?v=gS41xJKN_IA

http://www.youtube.com/watch?v=flPwGj7O6FU

http://www.youtube.com/watch?v=qDyegT1wawU

http://www.youtube.com/watch?v=iveZqwVio_U

http://www.youtube.com/watch?v=ApEgxHbD_80

◎作品データ◎

アウル・シティ『オーシャン・アイズ』

原題:Owl City“ocean eyes”

2010年1月26日発売

明日は、初の1日通しての出勤です。今日は早く寝ねば。

その他のカテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31